アビゲイル

提供: Stardew Valley Wiki
移動先: 案内検索
アビゲイル
Abigail.png
情報
誕生日: Fall.png の13日
エリア: ペリカンタウン
住所: ピエール商店
家族:

Pierre Icon.png ピエール(父)

Caroline Icon.png キャロライン(母)

友達:

Sebastian Icon.png セバスチャン

Sam Icon.png サム

結婚: 可能
ベストプレゼント: Amethyst.png アメシストBlackberry Cobbler.png ブラックベリーパイChocolate Cake.png チョコレートケーキPufferfish.png ハリセンボンPumpkin.png カボチャSpicy Eel.png ピリ辛ウナギ
Robin building.png
私にはやることがいっぱいあるの
- ロビン

不完全な翻訳

この記事またはセクションはまだ完全に日本語に翻訳されていません。あなたがこのテキストを編集して、記事の作成をサポートしてくれることを歓迎します。
Margotbeanによって最後に編集されました 2020-07-07 18:19:27.

「アビゲイルは両親の営む日用品店で暮らしています。アビゲイルは、その’変わった生活習慣’を心配する母親とたまに喧嘩をします。彼女の母親は言います。「アビーにはもっと普通の服を着てほしいし、髪を青くするのもやめてほしい。彼女の祖母がそうであったように、彼女も生まれつき美しい髪の色をしているの。 ああ、それと彼女が没頭している無意味なオカルトではなくて健全な趣味を持ってほしいわ。」 あなたはアビゲイルが一人で墓地にいる姿や嵐の中でカエルを探しているところを見かけることがあるでしょう。」
- 開発ブログ #12

アビゲイルペリカンタウンピエール商店で暮らしている住人です。彼女は結婚することができる12人のキャラクターのうちの1人です。

スケジュール

春/夏/秋の晴れた日、彼女はたいていピエール商店東の橋にいます。 春の4日はハーヴィの診療所にいます。 雨の日は、下記の場所に彼女はいないかもしれません。

Spring.png 

月曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンへ向かいます。
午前10:30 キッチンを離れてピエール商店の店内にいます。
午後1:00 自宅から出て、Jojaマート近くの橋に向かいます。
午後1:30 Jojaマート近くの橋にいます。
午後4:30 帰宅します。
午後5:20 自室でゲームをしています。
午後7:30 就寝。

火曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンへ向かいます。
午前10:30 キッチンを離れてピエール商店の店内にいます。
午後1:00 自宅から出て、Jojaマート近くの橋に向かいます。
午後1:30 Jojaマート近くの橋にいます。
午後4:30 帰宅します。
午後5:20 自室でゲームをしています。
午後7:30 就寝。

水曜日

時刻 場所
午前10:00 自宅から出て博物館・図書館へ向かいます。
正午 博物館・図書館で本を見ています。
午後6:00 墓場へ向かいます。
午後7:00 モナの墓前にいます。
午後10:00 帰宅します。
午後10:40 自宅に到着。

木曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンへ向かいます。
午前10:30 キッチンを離れてピエール商店の店内にいます。
午後1:00 自宅から出て、Jojaマート近くの橋に向かいます。
午後1:30 Jojaマート近くの橋にいます。
午後4:30 帰宅します。
午後5:20 自室でゲームをしています。
午後7:30 就寝。

金曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンへ向かいます。
午前11:00 キッチンを離れてピエール商店の店内にいます。
午後3:00 自宅から出て酒場に向かいます。
午後3:50 スタードロップサルーンでアーケードのソファに座っています。
午後9:00 帰宅します。
午後9:40 自宅に到着します。

土曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンに向かいます。
午前10:30 キッチンを離れてピエール商店の店内にいます。
午後1:00 自宅から出て、Jojaマート近くの橋に向かいます。
午後1:30 Jojaマート近くの橋にいます。
午後4:30 帰宅します。
午後5:20 自室でゲームをしています。
午後7:30 就寝。

日曜日

時刻 場所
午前9:00 自室にいます。
午前11:00 自室を出て両親の部屋へ移動します。
午後1:00 自宅から出て魔術師の塔へ向かいます。
午後4:00 シンダーサップの森の魔術師の塔前にいます。
午後8:00 帰宅します。
午後10:30 自宅に到着します。
Summer.png 

月曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンに向かいます。
午前11:00 自宅から出て、線路へ向かいます。
午後1:00 プラットホームで列車を待っています。
午後2:00 大工作業場東の湖に向かいます。
午後3:00 大工作業場東ののそばにいます。
午後5:30 帰宅します。
午後7:30 就寝。

火曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンに向かいます。
午前11:00 自宅から出て、線路へ向かいます。
午後1:00 プラットホームで列車を待っています。
午後2:00 大工作業場東の湖に向かいます。
午後3:00 大工作業場東ののそばにいます。
午後5:30 帰宅します。
午後7:30 就寝。

水曜日

時刻 場所
午前10:00 自宅から出て博物館・図書館に向かいます。
正午 博物館・図書館で本を見ています。
午後6:00 墓場に向かいます。
午後7:00 モナの墓の前に立っています。
午後10:00 帰宅します。
午後10:40 自宅に到着。

木曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンに向かいます。
午前11:00 自宅から出て、線路へ向かいます。
午後1:20 プラットホームで列車を待っています。
午後2:00 大工作業場東の湖に向かいます。
午後3:00 大工作業場東ののそばにいます。
午後5:30 帰宅します。
午後7:30 就寝。

金曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンへ向かいます。
午前11:00 キッチンを離れてピエール商店の店内にいます。
午後3:00 自宅から出て酒場に向かいます。
午後3:50 スタードロップサルーンでアーケードのソファに座っています。
午後9:00 帰宅します。
午後9:40 自宅に到着します。

土曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンに向かいます。
午前11:00 自宅から出て、線路へ向かいます。
午後1:00 プラットホームで列車を待っています。
午後2:00 大工作業場東の湖に向かいます。
午後3:00 大工作業場東ののそばにいます。
午後5:30 帰宅します。
午後7:30 就寝。

日曜日

時刻 場所
午後12:30 自室を出て両親の部屋へ移動します。
午後1:00 自宅から出て魔術師の塔へ向かいます。
午後4:00 シンダーサップの森の魔術師の塔の前にいます。
午後8:00 帰宅します。
午後10:30 自宅に到着します。
Fall.png 

月曜日

時刻 場所
午前9:00 ピエール商店の自室にいます。
午前11:00 自宅から出てビーチに向かいます。
午後1:00 釣具店左の長い桟橋の端に立っています。
午後6:00 帰宅します。
午後7:30 帰宅、就寝します。

火曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンへ向かいます。
午前10:30 キッチンを離れてピエール商店の店内にいます。
午後1:00 自宅を出てバス停へ向かいます。
午後2:20 バス停にいます。
午後5:00 帰宅します。
午後6:30 自室でゲームをしています。
午後7:30 就寝。

水曜日

時刻 場所
午前10:00 自宅から出て博物館・図書館に向かいます。
正午 博物館・図書館で本を見ています。
午後6:00 墓場に向かいます。
午後7:00 モナの墓の前に立っています。
午後10:00 帰宅します。
午後10:40 自宅に到着。

木曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンへ向かいます。
午前10:30 キッチンを離れてピエール商店の店内にいます。
午後1:00 自宅から出てバス停に向かいます。
午後2:20 バス停にいます。
午後5:00 帰宅します。
午後6:30 自室でゲームをしています。
午後7:30 就寝。

金曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンへ向かいます。
午前11:00 キッチンを離れてピエール商店の店内にいます。
午後3:00 自宅から出て酒場に向かいます。
午後3:50 スタードロップサルーンでアーケードのソファに座っています。
午後9:00 帰宅します。
午後9:40 自宅に到着します。

土曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンへ向かいます。
午前10:30 キッチンを離れてピエール商店の店内にいます。
午後1:00 自宅から出てバス停に向かいます。
午後2:20 バス停にいます。
午後5:00 帰宅します。
午後6:30 自室でゲームをしています。
午後7:30 就寝。

日曜日

時刻 場所
午前9:00 ピエール商店の自室にいます。
午前10:30 自室を出て両親の部屋へ移動します。
午後1:00 自宅から出て魔術師の塔へ向かいます。
午後4:00 シンダーサップの森の魔術師の塔前にいます。
午後8:00 帰宅します。
午後10:30 自宅に到着。
Winter.png 

月曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンに向かいます。
午前10:30 大工作業場へ向かい、カウンター横に立ちます。
午後2:30 帰宅し、テレビゲームをします。
午後7:30 就寝

火曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンに向かいます。
午前10:30 大工作業場へ向かい、カウンター横に立ちます。
午後2:30 帰宅し、テレビゲームをします。
午後7:30 就寝

水曜日

時刻 場所
午前10:00 自宅から出て博物館・図書館に向かいます。
正午 博物館・図書館で本を見ています。
午後6:00 墓場に向かいます。
午後7:00 モナの墓の前に立っています。
午後10:00 帰宅します。
午後10:40 自宅に到着。

木曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンへ向かいます。
午前10:30 自宅から出て大工作業場に向かいます。
午後12:50 カウンター横のロビンの近くにいます。
午後07:00 自室でテレビゲームをします。

金曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンへ向かいます。
午前11:00 キッチンを離れてピエール商店の店内にいます。
午後3:00 自宅から出て酒場に向かいます。
午後3:50 スタードロップサルーンでアーケードのソファに座っています。
午後9:00 帰宅します。
午後9:40 自宅に到着します。

土曜日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンに向かいます。
午前10:30 大工作業場へ向かい、カウンター横に立ちます。
午後2:30 帰宅し、テレビゲームをします。
午後7:30 就寝

日曜日

時刻 場所
午前9:00 ピエール商店の自室にいます。
午前10:30 自室を出て両親の部屋へ移動します。
午後1:00 自宅から出て魔術師の塔へ向かいます。
午後4:00 シンダーサップの森の魔術師の塔前にいます。
午後8:00 帰宅します。
午後10:30 自宅に到着します。
偏差

雨の日(その1)

時刻 場所
午前9:00 自室にいます。
午前11:00 自室から出て、ピエール商店の店内に移動。
午後1:00 キッチンへ移動。
午後3:00 自室へ戻ります。
午後10:00 就寝。

雨の日(その2)

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンに向かいます。
午前11:00 キッチンを離れてピエール商店の店内に移動。
午後2:00 スタードロップサルーンに移動します。
午後2:50 スタードロップサルーンでアーケードのソファに座っています。
午後8:00 帰宅します。
午後9:20 就寝。

6日または16日

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンに向かいます。
午前10:30 キッチンを離れてピエール商店の店内にいます。
午後3:00 へ向かい、湖の西側でフルートを吹いています。
午後8:00 帰宅、就寝します。

春の4日

時刻 場所
午前9:00 自室にいます。
午後12:30 ハーヴィーの診療所の待合室。
午後1:30 診療所内左上の診察室。
午後4:00 自室にいます。
午後8:00 就寝。

11日, 25日 (セバスチャンの友好度6未満)

時刻 場所
午前9:00 自室のベッド。
午前10:00 自宅から出てセバスチャンの部屋に向かいます。
午後12:10 セバスチャンの部屋
午後5:00 帰宅、就寝します。

11日、25日 (アビゲイルの友好度6以上)

時刻 場所
午前9:00 自室を出てキッチンに向かいます。
午前10:30 キッチンを離れてピエール商店の店内にいます。
午後1:00 自宅から出て、Jojaマート近くの橋に向かいます。
午後1:30 Jojaマート近くの橋にいます。
午後4:30 帰宅します。
午後5:20 自室でゲームをしています。
午後7:30 就寝。
Mermaid's Pendant.png 結婚

月曜日

時刻 場所
午前6:00 自宅にいます。
午前8:30 実家へ向かいます。
午前9:30 ピエール商店にいます。
午後1:00 墓場へ向かいます。
午後1:40 ペリカンタウンモナの墓前にいます。
午後5:00 酒場へ向かいます。
午後5:30 スタードロップサルーンのアーケードでアドベンチャー・オブ・プレーリーキングをプレイします。
午後8:30 自宅へ帰ります。
午後10:00 帰宅、就寝。

金曜日

時刻 場所
午前6:00 自宅にいます。
午前8:30 ピエール商店へ向かい、キッチンに移動します。
午前11:00 山へ向かいます。
午前11:40 山の湖の西側にいます。
午後3:00 酒場へ向かいます。
午後5:30 スタードロップサルーンでアーケードのソファに座っています。
午後8:30 自宅へ帰ります。
午後10:00 帰宅、就寝。

人間関係

アビゲイルは両親のピエールキャロラインと一緒に、ピエールの営む店の裏のアパートに住んでいます。 彼女の母親は、娘が生まれつき美しい髪をしているので、染めるのをやめてほしいと願っており、また彼女の趣味についても批評しています。

アビゲイルの友人はサムセバスチャンであり、フラワーダンス では、プレイヤーが彼女に申し込まない限り、セバスチャンと一緒にダンスを踊ります。.

プレゼント

主な記事:友好度
参照:プレゼント早見表

プレイヤーはアビゲイルに週2回(誕生日に1回)プレゼントすることができ、それによって彼女との友好度が上がったり下がったりします。彼女の 誕生日(秋の13日)にプレゼントすると8倍の効果があり、特殊な会話が見られます。

大好きな、もしくは好きなプレゼントの場合、アビゲイルはこう言います:

「誕生日を覚えていたの? すごくうれしいわ。ありがとう。」

普通のプレゼントの場合、アビゲイルはこう言います:

「誕生日プレゼント? ありがとう。」

嫌い、もしくは大嫌いな贈り物の場合、アビゲイルはこう言います:

「これって誕生日プレゼント?冗談でしょ?」

大好き

「わあ、これ超スキなんだ!(プレイヤー名)、あなたって最高!」
画像 名前 説明 入手先 材料
Abigail Happy.png
Amethyst.png
アメシスト むらさき色をした水晶の一種。 採鉱
Blackberry Cobbler.png
ブラックベリーパイ ほかに並ぶもののないおいしさ。 料理 Blackberry.png ブラックベリー(2)Sugar.png 砂糖(1)Wheat Flour.png コムギ粉(1)
Chocolate Cake.png
チョコレートケーキ 濃厚でしっとりした生地に砂糖衣がたっぷり。 料理 Wheat Flour.png コムギ粉(1)Sugar.png 砂糖(1)Egg.png タマゴ(1)
Pufferfish.png
ハリセンボン 身の危険を感じるとからだをふくらませる。 釣り
Pumpkin.png
カボチャ 秋野菜の代表格。栄養のつまったタネと風味のいい果肉がついた実をみのらせる。中身をくりぬいて、外側の皮をお祭りの飾りものとしてつかうこともある。 作物 -
Spicy Eel.png
ピリ辛ウナギ とっても辛い!食べるときは気をつけよう。 料理 Eel.png ウナギ(1)Hot Pepper.png トウガラシ(1)

好き

「ねえ、あたしがこれを欲しがってるってどうしてわかったの?ちょうどピッタリだね!」
画像 名前 説明 入手先
Abigail.png
Quartz.png
水晶 洞窟や鉱山でよく見つかるすきとおった結晶。 採取 - 鉱山

普通

「あたしにプレゼント?ありがと。」
画像 名前 説明 入手先
Abigail Neutral.png
Chanterelle.png
アンズタケ おいしいキノコ。フルーティーな香りのなかに、ちょっぴりコショウの香りが混じる。 採取 -
Common Mushroom.png
マッシュルーム 食感がよくておいしいキノコ。ほのかにナッツの香りがする。 採取 -
Daffodil.png
ラッパスイセン 古くから親しまれている春の花。贈りものによろこばれる。 採取 -
Dandelion.png
タンポポ 花はパッとしないが、葉っぱがおいしいサラダになる。 採取 -
Hazelnut.png
ヘーゼルナッツ とびきり大きいヘーゼルナッツ。 採取 -
Leek.png
ポロネギ ネギの仲間。あまみがあっておいしい。 採取 -
Morel.png
アミガサタケ 独特のかぐわしい香りゆえに珍重されるキノコ。 採取 -
Purple Mushroom.png
むらさきキノコ めずらしいキノコ。洞窟の深いところに生える。 採取 - 鉱山
Snow Yam.png
スノーヤム 雪の下にかくれている小さなイモ。 採取 -
Winter Root.png
クワイ でんぷん質の根っこ。 採取 -

嫌い

「こんなもんどうしろっての?」
画像 名前 説明 入手先
Abigail Concerned.png
Sugar.png
砂糖 焼き菓子やキャンディをあまくしてくれる調味料。とりすぎると健康によくない。 ピエール商店, 製粉機
Wild Horseradish.png
ノワサビ ピリッと辛い根っこ。春の野で採れる。 採取 -

大嫌い

「なに考えてんの?サイテー!」
画像 名前 説明 入手先
Abigail Annoyed.png
Clay.png
粘土 クラフトや建築に利用できる。 採取 - クワ
Holly.png
ひいらぎ 赤い実をつける植物。葉にトゲがある。冬の飾りつけによくつかわれる。 採取 -

ハートイベント

ハート2

Two Hearts.png

アビゲイルがいるときピエール商店へ入る(土曜日以外)。

詳細 
プレイヤーが部屋に入ると、アビゲイルがゲームの難易度に対して怒っているところに鉢合わせます。 そしてプレイヤーに「一緒にアドベンチャー・オブ・プレーリーキングをプレイしよう!」と提案します。 (これは サルーンにあるアーケード版と大体同じで、相違点はアビゲイルがプレイヤー2としてプレイし、プレイヤーを援護してくれる点と、プレイヤーが体力を消耗しすぎると、アビゲイルはプレイヤーより先にやられてしまう点です。そのため、追加のライフを確保することは重要です。) このレベルを終わらせる(クリアできなくてもよい)と、彼女はあなたにお礼を言い、カットシーンは終わります。

ハート4

Four Hearts.png

冬を除く季節で雨が降っている日に、正午から午後7時までの間にを訪れる。

詳細 
あなたはアビゲイルがフルートを吹いているところを発見します。彼女はあなたにこんな雨の日に何をしているのかと尋ねてきます。
  • "ちょっと用事があって" (友好度は変わりません)
  • "この天気を楽しんでいるんだ" (友好度+50)
  • "そっくりそのまま君に返すよ" (友好度+10)

どの選択肢を選んでも、一緒に雨宿りしようと誘われます。そしてプレイヤーはハープを取り出し、アビゲイルのフルートと一緒に演奏します。

ハート6

Six Hearts.png

晴れか雪の日、午後9時から夜12時までの間にペリカンタウンへバス停または森の方角から歩いて入る (山から入るとイベントは発生しません)。

詳細 
アビゲイルは墓地にいます。彼女は冒険に出たいので剣の練習をしてると伝えます。彼女はあなたに剣が使えるか尋ねます。
  • "あるある。剣をつかうのってワクワクするよ!" (友好度+10)
  • "あるけど、自分の身を守るためにしかつかわないよ。" (友好度+10)
  • "あるけど、剣をつかうのは危険だよ。きみはやめときなよ。" (友好度-100)
  • "ないよ。" (友好度は変わりません)

ピエールがやってきて、キャロラインが夕食の手伝いを求めてると伝えます。アビゲイルは女の子らしくするために料理を手伝ってほしいことを怒ります。彼女はあなたと一緒に逃げて、茂みに隠れて会話を続けます。

ハート8

Eight Hearts.png

アビゲイルから手紙が届いたら、午後8時から午後10時までの間にピエール商店に入る(彼女がいるとき)。

詳細 
アビゲイルはあなたに彼女の部屋に招待する手紙(「アビー」と署名された)を送ります。あなたが到着すると、アビゲイルはあなたに彼女のスピリットボードを見せます。そのスピリットボードのメッセージは彼女があなたへの気持ちを開花させ始めていることをさらけ出しました。彼女は恥ずかしくなって、彼女の部屋からあなたを急いで追い出してしまいます。翌朝彼女はあなたを訪ね、謝罪します。

ハート10

Ten Hearts.png

アビゲイルに花束を渡した後、午後5時から夜12時までの間に鉱山に入る。このイベントはアビゲイルと結婚後には発生しない。

詳細 
アビゲイルが鉱山の下に降ろうとしたとき、彼女の顔にコウモリが飛んできます。彼女はそれを笑い飛ばし穴の中を覗きます。すると何匹ものコウモリが舞い上がり、怖くなって洞窟の隅に逃げます。そこにあなたが駆け寄ります。

彼女は、恐らく自分は自分が思っていたほど強くないのだと話します。

  • "大丈夫だよ、そばにいてあげる。" (友好度+20)
  • "こわいよね。わかるよ。" (友好度+40)
  • "子どもみたいに泣くんじゃない。泣きやみなよ。" (友好度-50)

彼女はあなたに友達以上の感情を抱いていることを告白し、ここに一緒にいてくれないかと頼みます。あなたが女性キャラである場合、彼女は、あなたに会うまで女の子相手にもこんな気持ちになるなんて知らなかったと告白します。

ハート10イベント終了後

アビゲイルのハート10イベントを見たあと、雨が降っている日に鉱山の20階に現れます。 彼女はマルチプレイには登場せず、シングルプレイでのみ登場します。

プレイヤーが鉱山で彼女に初めて遭遇した場合、特別な会話が発生します。 その後、フルートを吹いているのを見つける可能性が15%、その場で歩いているのを見つける可能性が85%あります。フルートを吹いていない場合のみ、プレイヤーに話しかけてきます。

ハート14

Fourteen Hearts.png

大工作業場につづく農場の北の小道へ向かう

詳細 
あなたが茂みで採取をしていると、モンスターがプレイヤーのすぐ後ろの茂みから現れます。モンスターに攻撃されてあなたは倒れてしまいますが、アビゲイルが現れてモンスターを倒してくれます。彼女は、プレイヤーの無事を確認して安心する一方で、初めて生き物の命を直に奪ってしまったということをあなたに告げます。あなたは次のように答えます。
  • "悲しいけど、他に選択肢はなかった。" (友好度は変わりません)

生きるか死ぬかの世界で、やるべきことをやったと彼女は自分に言い聞かせます。

  • "モンスターは同情に値しない!" (友好度は変わりません)

モンスターは自分たちの敵かも知れないけれど、情けをかける余地はある、それでもやらねばばらなかったと彼女は言います。

  • "この世界は過酷なんだよ、きみ。" (友好度は変わりません)

それは段々分かってきていると彼女は答えます。したくなくともせざるを得ない時もある現実は、彼女には受け入れ難いと言います。

最後に、彼女は殺したモンスターの遺骸を近くに埋めて、カットシーンは終わります。


グループテンハーツイベント

Ten Hearts.png

もし独身のプレイヤーが全ての独身女性に花束を渡し、彼女たちの友好度を10にまで上げて、全員の10ハートイベントを見ている場合、ウィロー通り2番地(ヘイリーとエミリーの家)に入るとカットシーンが流れます。

詳細 
プレイヤーが持ち物にウサギの足を持っている場合、カットシーンはルイス町長とマーニーの関係のうわさ話で終わります。

もしプレイヤーが持ち物にウサギの足を持っていなかった場合、全ての独身女性たちはプレイヤーが一度に全員とデートをしようとしたことに対し怒りながら説明を求めてきます。その時の会話選択に関係なく、全員、プレイヤーに対し冷たい態度をとることに決めます。彼女たちは話しかけても怒った返事しかしなくなりプレゼントを渡しても断られるようになりますが、およそ一週間を過ぎるとプレイヤーを許し、会話も普通に戻ります。

このイベントはセーブデータごとに一回だけ発生します。

結婚

主な記事:結婚

結婚すると、アビゲイルはに引っ越してきます。他の結婚候補者と同様に、彼女は自分の部屋を寝室の右側に追加します。また、家の後ろのスペースで、フルートの練習をすることもあります。

結婚後の行動

詳細 
アビゲイルは結婚後、2つの特別な行動をとります。

1: 農場での仕事の手伝いをしてくれます。

2: 一日中家にいるような日には、あなたの冒険の助けになるようにと言って朝食を作って持ち物に入れてくれます。持ち物がいっぱいの場合はアイテムを受け取れません。また、朝食の代わりに時折チェリーボムを、稀にボムを持ち物に入れてくれます。

画像 名前 説明文 エナジー 体力 能力値ボーナス 売値
Crab Cakes.png
クラブケーキ カニの身、パン粉、タマゴをあわせたパテをキツネ色になるまで揚げた一品。

Energy.png 225

Health.png 90

Speed.png 速度(+1)Defense.png 防御(+1)Time Icon.png 16分47秒 Coin Icon275g
Omelet.png
オムレツ フワフワの口あたり。

Energy.png 100

Health.png 45

なし Coin Icon125g
Pancakes.png
パンケーキ 2枚にかさねたフワフワのパンケーキ。

Energy.png 90

Health.png 40

Foraging.png 採取(+2) Coin Icon80g
Fried Egg.png
目玉焼き 半熟の黄身はあざやかなイエロー。

Energy.png 50

Health.png 22

なし Coin Icon35g
Bread.png
パン サクサクのバゲット。

Energy.png 50

Health.png 22

なし Coin Icong
Fried Mushroom.png
キノコいため キノコのうまみと香りがぎゅっとつまった一皿。

Energy.png 135

Health.png 60

Attack.png 攻撃(+2) Coin Icon200g
消費アイテム
画像 名前 説明文 売値
Cherry Bomb.png
チェリーボム せまい範囲に爆発を起こす。つかうときは下がること! Coin Icon50g
Bomb.png
ボム 爆発を起こす。取りあつかい注意! Coin Icon50g


3: 雨の日の日中には、コウモリのつばさ闇の結晶アメシストファイアクオーツのいずれかをアイテムに加えてくれます。持ち物がいっぱいの場合はアイテムを受け取れません。


4: 雨の日の夜には、スープを作って持ち物に入れてくれます。持ち物がいっぱいの場合はアイテムを受け取れません。

画像 名前 説明文 エナジー 体力 能力値ボーナス 売値
Tom Kha Soup.png
トムカーガイ 絶妙な風味がたまらない!

Energy.png 175

Health.png 70

Farming.png 農業(+2)

Max Energy.png 最大エナジー (+30)

Coin Icon250g
Lobster Bisque.png
ロブスターのビスク ウィリーの家に代々伝わるヒミツのスープ。絶妙な味がする。

Energy.png 225

Health.png 101

Fishing.png 釣り(+3)

Max Energy.png 最大エナジー (+50)

Coin Icon200g

セリフ集

通常時 

初対面

「あら、もしかして…あの 古い牧場に引っ越して来たのはあなたかしら。ちょっと 気恥ずかしいかな。生い茂った 農地を一人で探検するのが好きだったからね。」

普段のセリフ

「Oh, hey. Taking a break from work?」
「Oh, hi! Do you ever hang out at the cemetery? It's a peaceful place to spend some time alone.」
「うーん…今は 気分が 良くないの。

I said I'm not in a good mood... what do you want?」

「...*sigh*... I know my parents mean well, but sometimes they just cannot understand my point of view. Weren't they ever young?」
「Hey. Sorry in advance if I say anything rude. I didn't get much sleep last night. What do you want?」
「Oh no, I think my Dad's going to cook dinner tonight... I don't feel like doing anything today...」
「The fresh mountain air is nice on a day like this. I wonder if the frogs will make an appearance soon.」
「Oh, hi [Player]. Taking a break from your work? Me too. Oh! Nothing physical... just some online classes I'm taking.」
「Hi, I'm glad to see you. I want to take my mind off things for a while... how is your day going?」

Fridays:

「Wow, I just realized it's Friday. Sometimes I totally lose track of time.」
「We're all going to hang out in the saloon this evening. It's kind of like a Friday tradition, I guess.」

Sundays:

「Oh man... I've been pushing off my homework all weekend. Looks like I'll be pulling another all-nighter...」

If sold low quality crops to Pierre

「Hey. We had one of those [items] you sold at the shop for dinner last night... I guess it was starting to go bad and my Dad couldn't bear to throw it out. Unfortunately it tasted like [adjective].」

If sold high quality crops to Pierre

「Hey. We had one of those [items] you sold at the shop for dinner last night... I guess it was starting to go bad and my Dad couldn't bear to throw it out. It was still pretty good, though.」

6+ Hearts

「You came all this way to visit me? That's nice. So have you been exploring the mountain caves at all? Interesting. I'd like to go there myself one of these days.」
「The birds were happily chirping today. They're too simple to understand the future.

It's better to be like them, isn't it?」

8+ Hearts

「...Oh, [Player]! Hi. Want to hang out for a while? Here! Let me read your palm. *giggle* 」

Summer

「Summer's here. It's not really my favorite season. The air is so muggy I feel like I'm floating in soup.」
「My pet guinea pig, David, just hates this hot weather. He's fussy.」
「The air is so thick with honey and nectar all summer. I almost feel dizzy.」
「Have you decorated your house at all? That's what I'd be doing if I had a house.」
「I went to the beach last night, after dark... Sometimes you can see strange lights bobbing over the sea. Or maybe that was just a dream I had... It doesn't feel real anymore.」
「If I knew how to use a sword I would be exploring those caves by the mountain lake right now. It's probably nice and cool in there.」
「Ew, I hope I don't get a tan this summer.」
「I kind of wish I had a cat. Unfortunately, my Dad is allergic to pretty much everything.」
「I'm looking forward to fall... the cool mountain breeze, the swirling red petals, the smell of mushrooms... *sigh*」
「Do you ever get an urge to go exploring, [Player]?」
「I would love to live in an old farmhouse like you. The creak of a floorboard, the slow plumes of dust whispering through the rafters... There's something special about an old building, isn't there?」
「You're an interesting [guy/lady], [Player]. I'm glad you moved here.」

6+ Hearts

「I'm actually enjoying myself this summer. It's funny how quickly one's outlook can change.」

8+ Hearts

「I used to think Pelican Town was kinda drab, but lately I'm starting to love some things about it.」

Fall

「Ah... Fall's here! I was getting so tired of summer.」
「I need to stretch my legs and get some fresh air today.」
「I try to help out in the shop on most days. Business has been pretty bad since the Joja Mart opened, though.」
「I can't wait to see some pumpkins this year. The spirit's eve festival happens at the end of the season. It's pretty low-key compared to what you'd see in Zuzu City, but for a small town like this it's a lot of fun.」
「Last night, I dreamt that my left hand had turned into a gigantic [random object]... Does that mean anything?」
「Do you have any scarecrows on your farm?」
「Are you growing pumpkins on your farm this year? Save one for me!」
「I may fight with my parents a lot, but I know they're just looking out for me. They're doing what they think is best. I dunno why I'm saying this to you. Don't tell anyone.」

If Joja has closed:

「Ever since Joja Mart shut down we've been doing great at the shop!」

If Community Center is restored:

「I can't believe you fixed up that old Community Center all by yourself. I'm really impressed.」

6+ Hearts

「Hi. Your hair looks cool today... did you do something different?」
「I wish the season lasted a little longer. When the wind really picks up, I almost feel like a kid again.」

8+ Hearts

「You know, I could actually see myself becoming a farmer some day... But how would that ever happen? *chuckle*」

Winter

「Well, fall is over... But I like winter, too!」
「It's just too cold to go outside much. But I do enjoy building a snowgoon.」
「Doesn't a steaming hot cup of cocoa sound good right now?」
「Hi. Is it boring to be a farmer during the winter?」
「It must be nice not having crops to worry about this time of year.」
「Another year is almost over. It goes by so fast, doesn't it?」
「One thing I've learned living here... everyone stares at you if you look different.」
「It's the weekend! That means I can play twice as many video games. Bye.」
「Hi. If you're ever bored, you can always hang out in my room. As long as I'm not changing, of course!」
「It's so cold, I wish we had a hot cup of cocoa to share.」

6+ Hearts

「I've been daydreaming a lot lately... Oh! You want to know what it's about? Well... ...It's a secret.」
「It must be nice not having crops to worry about this time of year. And that means you can hang out with me more often!」

Rainy Days

「雨の日って、風景が より 興味深く 見えるね… あなたは どう思う?」

Dating / 10 Hearts

「Hi. Do you feel like everything seems unreal lately? Not in a bad way, though.」
「I usually feel lonely this time of year, but not anymore. [Player], what are your plans for the future?」
「[Player], there's something I want to tell you...

It's just... um... well... your boots! They, uh...look really clean... *gulp* That's all... *sigh*」

「Another year is almost over... But this was a really good year, don't you think?」
「Wow, you look nice today. I mean, that summer air is really good for the complexion, isn't it?... heh...」
「Do you ever get lonely on your farm?」
「I had an interesting dream last night, with you in it. It was a good dream.」

When engaged

「Hehe. Me? Married? I never thought this would happen. We're going to have a lot of fun together.」
「I'm engaged to a farmer. Wow! Our lives are going to be a lot different from now on.」

After Group 10 Heart Event

「Don't talk to me!」
「*sigh*... I can't stay mad at you anymore, [Player]. Let's just move on with our lives.」


イベント時 

Egg Festival

「Searching for eggs is like going on a Treasure Hunt!」

Spring 12 / Day Before

「I'm definitely going to enter the egg hunt tomorrow. Are you?」

Flower Dance

「I really hate dancing in front of everyone... It's so embarrassing. Mom makes me do it.」

(asked to be dance partner, refused request.)

「That's flattering... but I'm gonna have to say no. Sorry.」

Spring 23 / Day Before

「Well, tomorrow is the flower dance. Dancing is alright, but they make me wear this stupid white dress...」

The Luau

「It's tiring to socialize with everyone... I'd rather watch the sea.」

Summer 10 / Day Before

「Everyone's excited for the Luau tomorrow. Maybe a little nervous, too, considering the Governor will be here.」

Dance of the Moonlight Jellies

「Such a rare and exciting thing...」

Summer 27 / Day Before

「You can't miss tomorrow's festival. It's one of the most beautiful wonders of the valley.」

スターデューバレーまつり

「ゲームのテント、ぜ~んぶ回っちゃった。…次はなにしよっか?」

If married:

「I beat all these games last year!」

Festival of Ice

「What do you think of my snow-goon?」

If married:

「Hey, honey... look, it's you!」

Winter 7 / Day Before

「I'm looking forward to making a snow man tomorrow.」

冬星祭

「さむい冬の日にアツアツのごちそうを食べる、これって最高じゃない?」

If married:

「I wonder if I could lick one of those canes...」

Winter 24 / Day Before

「I'm going to eat so much cranberry sauce tomorrow.」
結婚後 

Indoor Days

「I always loved this place, long before you moved in. Now I can explore the farm whenever I want!」
「Heading to the mines? Hey... if you find something tasty, remember to bring me a piece!」
「Hey! I'm just debating what I should do today. I'm not used to having this much freedom!」
「You don't mind if I do some re-decorating now and then, do you? I'm still excited to have a place of my own to work on.」
「There's always something new happening on our farm... I love it.」

Giving gift

「Hey, [Player]. Heading out into the wild? I got you something... Use that if you get into a tough spot. It should help keep you safe.」

In her side room

「I got up a little before you and fed David Jr. He's very active this morning. I hope you don't mind the guinea pig smell.」

Outdoor Days

「The soft breeze is blowing mountain air throughout the valley today. It smells like fresh pine and sage.」
「Hmm... I think we've got plenty of space for outdoor slime ranching!」
「Make sure to keep things tidy around your Grandpa's shrine. There's something special about it, I can feel it.」
「It's pretty cool that we have a cave on our property. It's something I always dreamed about.」
「I always forget to put some snacks in my pocket. *rumble*」
「I'm just going to hang out here, okay? There's a lot of interesting bugs and things out here. *chuckle*」

On patio

「*Abigail is lost in her music*」

Indoor Nights

「I had a good day, today. There's always something interesting going on around here, if you look close enough.」
「Hey! Tell me about your day. Did anything exciting happen?」
「I used to be a night owl, but I'm starting to enjoy the rhythm of life on the farm. It feels natural.」
「*yawn*... I'm ready to call it a night pretty soon.」
「The sounds of the night are louder out here. I'll never stop enjoying that.」
「Are you ready for bed soon? I turned on the electric blanket for us...」

Rainy Days

「The dark... the rain... it gets me excited.」
「Hey, remember when we played that duet by the lake? This weather reminds me of that day. You really surprised me with that mini-harp... I never expected that. I guess that's why I like you so much.」
「It might be a good day to visit the caves, huh? Just be careful out there. If you go, bring a Life Elixir or two.」
「Maybe I'll boot up Journey Of The Prairie King today... one of these days I swear I'll beat it on my own.」
「The countryside looks more interesting on a day like this, don't you think?」

Giving gift

「Hey! I woke up early and did some exploring on my own. I found this and it reminded me of you. Think you can find something better than that? I'm not so sure!」

Rainy Nights

「I was just gazing out into the rainswept woods... I swear I saw something darker than black shifting around the trees.」
「It's a good night to see a ghost...」
「Can you feel it? There's a stillness in the rain...」
「On nights like this, I like to turn the light down low and just listen...」
「Hey! You look like you've been hard at work. Can I help you relax?」
「Have you been working hard? You look cute when you're a little exhausted.」
「The sound of rain should put us right to sleep tonight.」
「I'm ready to hop into bed whenever you are. The sound of rain will put us right to sleep.」

Giving soup

「I felt like making some soup for dinner. I hope it's not too disgusting.」

Going Out

「I'm going in to town today, just so you know. I need to stretch these legs a bit.」
「Hey! Did you have a good day? Mine went well. It was refreshing to take a walk.」

After having one child

「I can't believe I'm a "mom"... life is weird.」

After having two children

「I already gave [child] and [child] their chocolate cereal. They were screaming!」
「I had a dream that [child] will grow up to be a famous monster hunter. I've already been thinking about a little armor set.」
「A cool old house, a couple kids, and an amazing farm. I never thought I'd come this far... but, hey! Our lives are just getting started.」

Good Mood / High Hearts

「Did you hear that? Sometimes I'm convinced this house is haunted.」
「Welwick's horoscope predicted great things for me today. I feel really motivated!」
「I can't even remember the last time I dyed my hair... I swear, it never fades from this color...」
「I'm glad I owned a heavy pair of boots before moving in. It's hard to imagine tip-toeing around the mud in sneakers.」
「I was just admiring the mermaid's pendant you gave me... I'll proudly wear this to my grave.」
「Hey. I know you're smart, but I still worry about you sometimes. The world is full of monsters. Just promise me you'll be careful. I don't want to lose you.」
「[Player]? I just want to say that I appreciate all the hard work you do for us. I'm really proud of you.」

Neutral Mood

「I hope you'll still like me when I'm old and shriveled. It's going to happen some day!」
「Do you think your Grandpa would be proud of us?」
「I wonder how the old shop is doing? I should visit my parents again soon.」
「If you moved on to the spirit world, I'd set up a little shrine for you next to Grandpa's.」
「No matter how much we clean, the house keeps getting dirty again. I guess farms are kind of dirty.」
「I wonder if we'll live here our entire lives? I might get bored.」

Bad Mood / Low Hearts

「I used to be special to you, your best friend... now you only seem to put up with me when I make a hot dinner.」
「You've been so cold to me lately... What's wrong with you? You're acting like a bog spirit...」
「I wonder if I could've done better... I was very good friends with Sebastian before we met. He was probably the one...」

Spring

「I may like the colder seasons, but by the end I'm always glad to see spring arrive.」

Spring 1

「So, do you have any big plans for the new year?」

Spring 2

「Do you have any new year's resolutions? I'm trying to lose a few pounds around the middle」

Day before the Egg Festival

「Hey, the egg festival is tomorrow. I'm sorry, but I won't go easy on you because we're married! I plan on winning that egg hunt. Go ahead and try to beat me.」

Summer

「Oh man... I could go for some chocolate cake.」

Summer 1

「I get sunburnt very easily, so I need to be careful this time of year. I hope you like me pale!」

Summer 4

「Make sure you don't get a heat stroke, my love. Drink plenty of water and don't overwork yourself.」

Summer 8

「Sorry about the smell... I was sweating all night in the heat.」

Summer 15

「It's summer... that means the house is full of flies. Don't worry, I'll take care of them. It's fun!」

Fall

「Do I smell pumpkin on you? Maybe I'm just dreaming...」

Fall 1

「The scent is unmistakable... mushroom, rotting leaves, pumpkin. It's fall, alright. Isn't it lovely?」

Fall 2

「Can we grow giant pumpkins this season? Please, honey?」

Fall 6

「Ah... fall. This might be my favorite time of year. The colors really complement my hair, don't you think?」

Fall 20

「Honey... you're worth more to me than a chest full of quartz. Now, a chest full of amethyst? Hmm... I'd have to think about that one.」

Winter

「Remember when we played 'Prairie King' together in my room, so long ago? Those were good times.」

Winter 3

「I actually like the cold weather. It just gives me an excuse to get cozy!」

Winter 15

「It's fun to explore the valley in winter! Everything is so different under a blanket of snow. And so quiet...」

After Divorce

「"What are you doing here? Just leave me alone!"」


質問集

詳細 

全ての季節, 日曜日 (ハート2イベントを見た後)

「(プレイヤー名)、死んだら何が起こると思う?」
  • あたしには分からない。 (友好度は変わりません)

アビゲイルの返事: "ふーむ、面白い..."

  • うす気味悪い幽霊になるのかな。 (友好度+40)

アビゲイルの返事: "それは 興味深い 意見ね!"

  • 天国へ行くのかな。 (友好度は変わりません)

アビゲイルの返事: "ふーむ、面白い..."

  • エネルギー体となって霊界へ行くのかな。 (友好度は変わりません)

アビゲイルの返事: "ふーむ、面白い..."

  • それとも、何も起こらず、ただ消滅するだけかな。 (友好度+30)

アビゲイルの返事: "まあ、 そこまで 悪くないかも。"

夏, 日曜日

「ああ… 長いお休みを 得られたら、あなたは どこへ行きたい?」

アビゲイルの返事: "ふーん。きっとすぐに飽きるかも。"

アビゲイルの返事: いいね!それステキそう。

  • 古く、節くれだった森 (友好度+30)

アビゲイルの返事: "いいね!それステキそう。"

  • Jojaメガモール (友好度は変わりません)

アビゲイルの返事: "ふーん。きっとすぐに飽きるかも。"

秋, 日曜日

「また髪を 染めようと 思うんだけど どう思う?」

アビゲイルの返事: "そりゃ けっこう無難な 選択ね。"

アビゲイルの返事: "そりゃ けっこう無難な 選択ね。"

  • 明るい ピンク色は? (友好度+20)

アビゲイルの返事: "いつも面白いこと 言うんだから。"(笑顔)

  • 今のままで いいかな! (友好度は変わりません)

アビゲイルの返事: "やっぱり、 そういうと思った。"(びっくり顔)

冬, 日曜日

「絵を2枚描いたの。これ、どう思う?」
  • 熱帯の島とトラの絵が好き。 (友好度+20)

アビゲイルの返事: "あらそう?分からないこともないわ。"

  • 斧を持ったオークの絵が好き。 (友好度+30)

アビゲイルの返事: "うれしい。芸術作品を 他の人に 見せるのって 恥ずかしくなるよね。でも、お互い 嗜好が同じみたい。"

  • どっちも好みじゃない。 (友好度-50)

アビゲイルの返事: "ひどい!どうして そんな傷つくことを 言うの?無神経すぎよ!"

クエスト

ポートレート

変遷

ゲームの開発が進むにつれて、アビゲイルの見た目はよりよくなっていきました。 ここでは、ConcernedApeのイラストとアビゲイルの見た目が、ゲームの発表前にどのように変わっていったかを示しています。

Abigail Timeline.png

ギャラリー

トリビア

  • 開発初期にアビゲイルの存在が発表されたとき、彼女は蒼く髪を染めた姿で表現されていました。髪の色は、のちに紫に変更されました。
  • 「アビゲイル」は「父の喜び」を意味する、ヘブライ語由来の女性のファーストネームです。
  • アビゲイルは水晶を食べるのが好きです。しかし水晶はモース硬度計で7のランクに位置し、鉄よりも硬いですが焼き入れ鋼よりかは硬くないです。
  • アビゲイルは猫を飼いたがっていますが、彼女の父はアレルギー体質です。
  • 彼女が好きなものをプレゼントすると、それがどんなものであれ食べようとします。
  • フルートをやっているにもかかわらず、ホネの笛をあげると嫌がります。
  • アビゲイルはDavid Jr. という名前のモルモットを飼っており、結婚すると牧場に連れてきます。
  • ブラックベリーパイが好きであるにもかかわらず、ブラックベリーは嫌いです。
  • ピエールと十分な友好度を築いた後、彼がアビゲイルが実の娘ではないのではと心配していることを聞けます。その後、 魔術師が町の住人の1人が彼の娘であると信じる理由があるということを話します。また、キャロラインがピエールと出会う以前、西の古い塔に訪れていたということを話します。
  • アビゲイルも魔術師と同じく紫の髪色をしています。
    • キャロラインはアビゲイルの染める前の髪色は栗色だったと言っています。
  • キャロラインはアビゲイルのオカルトへの探究心はどこからきているのだろうかと不思議に思っています。(魔術師からでしょうか?)
  • アビゲイルの部屋にクロノのポスターがテレビの上に掛かっています。クロノとは"クロノトリガー"という、任天堂のゲームのキャラクターです。
  • アビゲイルのテレビゲームのコンソールはスーパーファミコンと似ています。
  • アビゲイルと結婚した後、一定期間放って(プレゼントを受け取らなかったりキスをしなかったりして)おくと、彼女はプレイヤーではなくセバスチャンと結婚すべきだったかなと言います。
  • アビゲイルのハート4のイベントでプレイヤーがハープを演奏できることが分かります。
  • アビゲイルと結婚すると、プレイヤーが電気毛布をもっていることが分かります。
  • 結婚後、アビゲイルは最後に髪を染めたのがいつか覚えていないが、当初に比べ今の髪色は褪せていないということを言います。

バグ

  • ハート2イベントのカットシーンで、 アビゲイルかプレイヤーの操作キャラクターが死亡した際、もう一方の操作キャラクターがいる座標にリスポーンしてしまうことがあります。この場合、二人とも操作キャラクターを動かせなくなり、撃つことも出来なくなります。

更新履歴

  • 1.0: 初登場。
  • 1.1: 結婚後、家の裏庭にフルート練習場が追加されました。
  • 1.3: ハート10イベント後、鉱山に登場するようになりました。 グループテンハーツイベントを追加しました。
  • 1.4: ハート14イベントの追加。