アレックス

提供: Stardew Valley Wiki
移動先: 案内検索
アレックス
Alex.png
情報
誕生日: Summer.png の13日
エリア: ペリカンタウン
住所: リバー通り 1番地
家族:

George Icon.png ジョージ(祖父)

Evelyn Icon.png エブリン(祖母)

友達:

Haley Icon.png ヘイリー

結婚: 可能
ベストプレゼント: Complete Breakfast.png 朝食セット

Salmon Dinner.png サーモンディナー

「アレックスはスポーツを愛して、ビーチでくつろいでいます。彼はかなり傲慢で、プロのアスリートになる、とみんなに息巻いています。彼の無礼な大胆さは壊れた自信の無さを隠すのでしょうか?彼はスポーツの夢を失踪した両親との虚しい別れを埋め合わせるために使っているのでしょうか?または、生意気な若さでかっこよくみえるようにしているのでしょうか?」
- 開発ブログ #12

アレックスピエール商店の南東にある家の住人です。 彼は結婚可能な、12人のうちの1人です。

スケジュール

は雨が降らない限り、アレックスは午前8時に自宅を出ます。 彼は家の右側の木に立っていますが、午後には柵で囲まれた場所の左側に向かって移動します。

の午前中はビーチにおり、午後は博物館の左にあるアイスクリームスタンドを動かしています。夏の16日、彼はハーヴィーの診療所にいます。

冬の間、彼は毎日スパで運動します。

以下にアレックスのスケジュールを優先順位が高い順に記載します。 例えば雨が降っている場合、そのスケジュールが適用となります。

Spring.png 

雨の日

時刻 場所
午前8:00 自室を出て入り口側へ移動。
午後1:00 自室でダンベルトレーニング。
午後4:00 自宅側の犬小屋に向かう。
午後4:20 犬小屋に到着。
午後6:30 自宅へ帰り、入り口側へ移動。
午後8:00 自室の洋服ダンス前。
午後10:00 就寝。

水曜日 (ヘイリーの友好度6未満)

時刻 場所
午前8:00 自宅を出て、木の下へ。
正午 ヘイリーとエミリーの家に向かう。
午後1:00 ヘイリーとエミリーの家の中へ。
午後4:30 ヘイリーとエミリーの家を後にして犬小屋に向かう。
午後5:10 犬小屋に到着。
午後6:40 自宅へ帰り、入り口側に立つ。
午後8:00 自室の洋服ダンス前。
午後10:00 就寝。

上記以外の場合

時刻 場所
午前8:00 自宅を出て、木の下へ。
午前8:20 木の下に到着。
午後1:00 木の下からまた部屋へ。
午後1:20 自室でダンベルトレーニング。
午後4:00 自室を出て犬小屋の側へ。
午後4:20 犬小屋の側に到着。
午後6:30 自宅へ帰り、入り口側に立つ。
午後8:00 自室の洋服ダンス前。
午後10:00 就寝。
Summer.png 

16日の火曜日

時刻 場所
午前8:00 自宅を出て、木の下へ。
午前10:30 ハーヴィーの診療所に向かう。
午前11:00 ハーヴィーの診療所の待合室。
午後1:40 診療所の診察室。
午後4:00 帰宅。
午後4:50 自室。

雨の日

時刻 場所
午前8:00 自室を出て入り口側へ移動。
午後1:00 自室でダンベルトレーニング。
午後4:00 自宅を出て犬小屋に向かう。
午後6:30 自宅へ帰り、入り口側に立つ。
午後8:00 自室の洋服ダンス前。
午後10:00 就寝

水曜日 (ヘイリーの友好度6未満)

時刻 場所
午前8:00 自宅を出て、木の下へ。
正午 ヘイリーとエミリーの家に向かう。
午後1:00 ヘイリーとエミリーの家
午後4:30 ヘイリーとエミリーの家を後にして犬小屋に向かう。
午後5:10 犬小屋側に到着。
午後6:40 自宅へ帰り、入り口側に立つ。
午後8:00 自室の洋服ダンス前。
午後10:00 就寝

上記以外の場合

時刻 場所
午前7:50 家を出てビーチに向かう。
午前8:50 ビーチにいる。
正午 ビーチを出てアイスクリームスタンドに移動。
午後1:00 博物館側のアイスクリームスタンドで働く。
午後5:00 帰宅。
午後6:00 自室でダンベルトレーニング。
午後7:00 自宅へ帰り、入り口側に立つ。
午後8:00 自室の洋服ダンス前。
午後10:00 就寝
Fall.png 

雨の日

時刻 場所
午前8:00 自室を出て入り口側へ移動。
午後1:00 自室でダンベルトレーニング。
午後4:00 自宅を出て犬小屋に向かう。
午後6:30 自宅へ帰り、入り口側に立つ。
午後8:00 自室の洋服ダンス前。
午後10:00 就寝

水曜日 (ヘイリーの友好度6未満)

時刻 場所
午前8:00 自宅を出て、木の下へ。
正午 ヘイリーとエミリーの家に向かう。
午後1:00 ヘイリーとエミリーの家
午後4:30 ヘイリーとエミリーの家を後にして犬小屋に向かう。
午後5:10 犬小屋側に到着。
午後6:40 自宅へ帰り、入り口側に立つ。
午後8:00 自室の洋服ダンス前。
午後10:00 就寝

上記以外の場合

時刻 場所
午前8:00 自宅を出て、木の下へ。
午後1:00 自室でダンベルトレーニング。
午後4:00 自宅を出て犬小屋に向かう。
午後6:30 自宅へ帰り、入り口側に立つ。
午後8:00 自室の洋服ダンス前。
午後10:00 就寝
Winter.png 

水曜日 (ヘイリーの友好度6未満)

時刻 場所
午前8:00 自宅を出て、木の下へ。
正午 ヘイリーとエミリーの家に向かう。
午後1:00 ヘイリーとエミリーの家
午後4:30 ヘイリーとエミリーの家を後にして犬小屋に向かう。
午後5:10 犬小屋側に到着。
午後6:40 自宅へ帰り、入り口側に立つ。
午後8:00 自室の洋服ダンス前。
午後10:00 就寝

水曜日 (ヘイリーの友好度6以上)

時刻 場所
午前8:00 自宅右の木の下に立つ。
午後1:00 自室でダンベルトレーニング。
午後4:00 自宅を出て犬小屋に向かう。
午後6:30 自宅へ帰り、入り口側に立つ。
午後8:00 自室の洋服ダンス前。
午後10:00 就寝

上記以外の場合

時刻 場所
午前8:00 自室。
午前9:00 自宅を出てスパに向かう。
午前11:30 スパ内の男子ロッカールームに移動。
午後3:00 スパを後にして帰宅。
午後5:30 自室のベッド前。
午後6:00 自宅を出て犬小屋に移動。
午後7:30 自宅へ帰り、入り口側に立つ。
午後9:00 自室の洋服ダンス前。
午後10:30 就寝
Mermaid's Pendant.png 結婚

月曜日

時刻 場所
午前8:00 牧場を出て街へ向かう。
午前10:00 実家へ戻り、キッチン前に立つ。
午後6:00 牧場に向かう。
午後7:30 牧場に帰宅。
午後10:00 就寝。

人間関係

アレックスは祖父母のジョージエブリンと一緒に住んでいます。 ヘイリーは彼の友達です。犬のダスティを飼っています。犬の名前はパムまたはイベントでアレックスから知ることができます。

両親 
(重大なネタバレ) 彼は以前、大変慕っている母親のクララと一緒に暮らしていました。またアルコール依存症で罵倒の絶えない父親を憎んでいるといいます。プレイヤーがペリカンタウンに到着する12年前、母親が亡くなり、ジョージとエブリンの家に引越しました。


プレゼント

主な記事:友好度
参照:プレゼント早見表

プレイヤーはアレックスに週2回(誕生日に1回)プレゼントすることができ、それによって彼との友好度が上がったり下がったりします。彼の 誕生日(夏の13日)にプレゼントすると8倍の効果があり、特殊な会話が見られます。

大好きな、もしくは好きなプレゼントの場合、アレックスはこう言います:

「誕生日を覚えていたのか? すごくうれしいよ。ありがとう。」
「えっ、 今日は オレの 誕生日? そうかもな。 いいものを ありがとう。」

普通のプレゼントの場合、アレックスはこう言います:

「誕生日プレゼント? ありがとう。」

嫌い、もしくは大嫌いな贈り物の場合、アレックスはこう言います:

「誕生日だから これを くれるって? 冗談だろ?」

大好き

「サイコーじゃんか!オレ、これすっげー好きなんだ!」
画像 名前 説明 入手先 材料
Alex Happy.png
Complete Breakfast.png
朝食セット これを食べれば、世界におはようを言う準備は万端! 料理 Fried Egg.png 目玉焼き(1)Milk.png ミルク(1)Hashbrowns.png ハッシュドポテト(1)Pancakes.png パンケーキ(1)
Salmon Dinner.png
サーモンディナー しあげにレモンをしぼると絶品。 料理 Salmon.png サケ(1)Amaranth.png アマランサス(1)Kale.png ケール(1)

好き

「イカしてるじゃん!サンキューな。」
画像 名前 説明 入手先
Alex Happy.png

普通

「サンキューな。」
画像 名前 説明 入手先
Alex Neutral.png
Chanterelle.png
アンズタケ おいしいキノコ。フルーティーな香りのなかに、ちょっぴりコショウの香りが混じる。 採取 -
Common Mushroom.png
マッシュルーム 食感がよくておいしいキノコ。ほのかにナッツの香りがする。 採取 -
Daffodil.png
ラッパスイセン 古くから親しまれている春の花。贈りものによろこばれる。 採取 -
Dandelion.png
タンポポ 花はパッとしないが、葉っぱがおいしいサラダになる。 採取 -
Hazelnut.png
ヘーゼルナッツ とびきり大きいヘーゼルナッツ。 採取 -
Wild Plum.png
野生のプラム すっぱくてジューシー。濃厚な香りをただよわせている。 採取 -
Leek.png
ポロネギ ネギの仲間。あまみがあっておいしい。 採取 -
Morel.png
アミガサタケ 独特のかぐわしい香りゆえに珍重されるキノコ。 採取 -
Purple Mushroom.png
むらさきキノコ めずらしいキノコ。洞窟の深いところに生える。 採取 -
Snow Yam.png
スノーヤム 雪の下にかくれている小さなイモ。 採取 -
Winter Root.png
クワイ でんぷん質の根っこ。 採取 -

嫌い

「あー…うん。ありがとう。」
画像 名前 説明 入手先
Alex Concerned.png
Salmonberry.png
サーモンベリー 森の香りがする春のベリー。 採取 -
Wild Horseradish.png
ノワサビ ピリッと辛い根っこ。春の野で採れる。 採取 -

大嫌い

「おい、マジかよ?ゴミじゃねーか、こんなの。」
画像 名前 説明 入手先
Alex Annoyed.png
Holly.png
ひいらぎ 赤い実をつける植物。葉にトゲがある。冬の飾りつけによくつかわれる。 採取 -
Quartz.png
水晶 洞窟や鉱山でよく見つかるすきとおった結晶。 採取 - 鉱山

ハートイベント

ハート2

Two Hearts.png

晴れた夏の日に、アレックスがいるときにビーチを訪れる。

詳細 
あなたはグリッドボールをもったアレックスと会います。アレックスはあなたに挨拶し、グリッドボールをトスしようとします。あなたはグリッドボールを受け取るのに失敗します。アレックスは笑って、いいトライだと言います。アレックスはあなたにスターデューバレー の最初のプロのグリッドボール選手になると確信していることを伝えます。アレックスはアレックス自信にそのチャンスがあるかどうかを尋ねます。
  • "うん、待ってるよ!" (友好度は変わりません) アレックスは応援してくれることに感謝し、そのことを覚えておくと言います。
  • "うわあ、ずいぶん態度がデカいね。" (友好度は変わりません) アレックスはあなたが少し嫉妬深いと言って去ります。

ハート4

Four Hearts.png

午前9時から午後4時の間に町に行く。

詳細 
アレックスは彼の家の近くの犬の囲いの隣にいます。 彼は犬と話しており、犬の名前はダスティだと明らかになります。彼は、彼と犬がいろんな目に遭い、理解してもらえないと話しています。あなたはサルーンの背後から出てきます。アレックスはあなたがそれを聞いたかどうか聞いてきます。
  • "うん、全部聞いちゃった。" (友好度は変わりません)
  • "いや、別に... それが何か?" (友好度は変わりません)

いずれにしても、彼は祖父母と一緒に住んでいる理由は彼の父親のせいだと言います。彼の父親はアルコール依存症で、口頭でアレックスを虐待し彼を「役立たず」と呼びました。ある日彼の父親はいなくなり、そしてすぐに母親は病気になり亡くなりました。 アレックスはあれこれ悩むべきではなく、同情は必要ないと言っています。気分を明るくしようと、アレックスはバーベキューステーキのためにダスティが何をするのかを見せてくれます。

ハート5

Five Hearts.png

アレックスがいるときに彼の家に行く。

詳細 
彼が本棚を見つめているところにあなたが近づくと、彼はその中の一冊も読んだことがないと打ち明けます。本を読まないことに対し、ダメなやつだよな…とあなたに聞いてきます。
  • "そんなこと絶対ないよ。きみは天才さ!" (友好度は変わりません)
  • "だれにだって得意と不得意はあるよ" (友好度+50)
  • "ダメなやつだって!ああ、まあそうかもね" (友好度-50)

一生懸命やれば何でもできると自分を鼓舞し、遠くないうちにあなたと夕飯でも食べながら哲学の話だってできるかもな!と言います。

ハート6

Six Hearts.png

アレックスがいるときに彼の家に行く。

詳細 
彼は自分がグリッジボールのプロになれないのではないかと打ち明けます。彼は失礼で傲慢な行為をしたことをあなたに謝罪し、それにもかかわらず仲良くしてくれていることに感謝します。あなたは彼を励まし、アレックスはまた元気になってトレーニングに戻ります。

ハート8

Eight Hearts.png

晴れた夏の日のアレックスがいる時間に海に行く。

詳細 
アレックスは泣きながらビーチに座っています。あなたは彼に近づき、彼の隣に座ります。彼は、今日が母親が12年前に亡くなった日であると言います。彼は子供の頃に世話をしてくれたことを母に感謝することができなかったことを後悔しています。彼が残した唯一の記念品は彼の母親のオルゴールです。アレックスはそれを開き、音を流します。音楽が流れている間、あなたはアレックスの母親が赤ん坊のアレックスを喜んで抱きしめている映像を見ます。そしてあなたは彼に声を掛けます。
  • "精一杯努力して、お母さんの思い出に報いようよ。" (友好度は変わりません) アレックスは同意し、それがグリッジボールのプロになりたい理由だと言います。
  • "過去に引きずられるのはよくないよ." (友好度は変わりません)
  • "さびしくなったらここに呼んでよ。いつでも来るから。" (友好度は変わりません) アレックスは感謝し、あなたが町で一番の親友だと言います。男性主人公の場合、"お前は...他の男達とは違って、親切なんだな。"と言います。
  • "乗り越えなくちゃ。人生楽なことばっかりじゃないよ。" (友好度は変わりません)

落ち着いた後、彼は町に戻ろうと言います。あなたが去ろうとすると、彼は自分が泣いていたことを誰にも言わないように頼みます。あなたは笑って歩いて行き、彼は急いであなたを追いかけます。

ハート10

Ten Hearts.png

アレックスから手紙が届き、暗くなってからサルーンに会いに来るよう記されています。手紙を受け取った後、PM7:00-PM10:00の間にサルーンに入ります。

詳細 
アレックスは個室を予約しており、ガスが2人のためにバイオリンを演奏し、エミリーが食事を運んできます。

プレイヤーが女性である場合、アレックスは初めて会ったときから一目惚れをし、今まで一目惚れをしてもすぐに冷めてしまっていたが、プレイヤーへの気持ちは大きくなるばかりであることを告白します。プレイヤーが男性である場合、アレックスは初めて会ったときからプレイヤーに惹かれ、最初はその想いを認めようとしませんでしたがやがて自分の気持ちに従うと決めたことを告白します。

  • "ありがとう。おなじ気持ちだよ。" (友好度は変わりません) アレックスはようやくお互いの気持ちを認め合うことができたことをとても喜び、嬉しそうにステーキにかぶりつきます。そして Dusty が突然、食事の匂いを嗅いでヨダレを垂らしながら窓を突き破ってきます。
  • "ごめん...君のこと、そういうふうには想ってないんだ。" (友好度は変わりません) アレックスはショックを受け、プレイヤーを困らせてしまったことを謝り、食欲を失くします。

ハート14

Fourteen Hearts.png

 2年目以降、日曜日以外の午前5時から午後8:20分の間に農場の自宅を出ましょう。Coin Icon5,000gを所持している必要があります。

詳細 
アレックスはあなたを引き留め、'秘密のプロジェクト'のためにCoin Icon5,000gが欲しいとプレイヤーに頼みます。お願いに応じると、日曜日には何かわかると言います。

日曜日に町に入ると続きのカットシーンが始まります。

さらに酒場に入ることで後続のカットシーンが始まり、奥の部屋の半分がグリッドボールの記念品やTVで飾られており、そこでアレックス、ケント、シェーン、ジョージ、ガスの五人が、グリッドボールの試合を見ている場面に出くわします。プレーヤーが部屋に入るとアレックスは、プロ入りの夢は果たせなかったけれど(しかし今の人生で既に幸せだとことわります)、これでそれが僅かばかりでも叶ったんだと言います。ケントはこの部屋に来るのは気晴らしに良いと言い、シェーンも同意します。 ガスは試合を見てくれるのは、商売の上でもありがたいと言います。プレイヤーがみんなに良い習慣が出来たと言い、Coin Icon5,000gはためになったと締めくくってカットシーンは終わります。

グループテンハーツイベント

Ten Hearts.png

プレイヤーが未婚で、花束を贈る事が可能な全ての独身男性に贈り、またその各独身男性たちの友好度ハートを10まで上げ、ハート10で起こるイベントを全て見たあとにスタードロップサルーンに入ると、カットシーンが流れます。

詳細 
プレイヤーが持ち物にウサギの足を持っている場合、カットシーンはビリヤードの親善試合になります。

プレイヤーがウサギの足を持っていない場合、全ての独身男性たちは、プレイヤーが一度に独身男性たち全員と付き合っていることに怒ります。プレイヤーが会話のどの選択肢を選んでも、全独身男性はイベント後約一週間、プレイヤーに対して「よそよそしい態度」を取ることになります。彼らは贈り物や会話をしようとするとそれらを拒否し、怒りの込もった台詞を言います。約一週間後、全独身男性はプレイヤーを許し、会話は正常に戻ります。

このイベントはセーブデータごとに一回だけ発生します。

結婚

主な記事:結婚

結婚すると、アレックスはに引っ越してきます。他の結婚候補者と同様に、彼は自分の部屋を寝室の右側に追加します。彼はまた家の後ろにトレーニングスペースを設け、そこでウェイトリフティングをすることもあります。

雨の日の夜に、アレックスはサバイバルバーガーおさかな定食ウナギフライバスのサクサク揚げ、または焼き魚を夕食として提供するかもしれません。彼が一日中家の中にいる日には、彼はオムレツハッシュドポテト、またはパンケーキを朝食として作るかもしれません。

結婚後の行動

結婚後、アレックスはときどき以下の方法であなたを手伝います。

1. 牧場での仕事を手伝う:

「 朝早くに起きて、 動物達に エサを 上げたよ。 お前の 負担が 少しでも 軽くなればいいな。」
「 朝早くに起きて、 作物に水を やったよ。 お前の 負担が 少しでも 軽くなればいいな。」
「 <犬(猫)>の飲み水も入れておいたよ。」


2. 朝または夜に食べ物をくれる。持ち物がいっぱいのときは受け取れません。

朝食

「 なぁ!暖かい 朝食を 作ったぞ。強くなりたければ、ちゃんと 食事を 取ろうぜ!!」
画像 名前 説明 Energy Health Stat Bonus Selling Price
Pancakes.png パンケーキ 2枚にかさねたフワフワのパンケーキ。

Energy.png 90

Health.png 40

Foraging.png 採取(+2)Time Icon.png 11分11秒 Coin Icon80g
Omelet.png オムレツ フワフワの口あたり。 Energy.png エナジー(100) Health.png 体力(40) なし Coin Icon125g
Hashbrowns.png ハッシュドポテト キツネ色でカリッとおいしい!

Energy.png 90

Health.png 40

Farming.png 農業(+1)Time Icon.png 5分35秒 Coin Icon120g

夕食

「 腹が 減ってたから、 夕食を 作ってたんだ。お前の 分も とってあるぜ。」
画像 名前 説明 Energy Health Stat Bonus Selling Price
Dish o' The Sea.png おさかな定食 潮風が冷たくても、これを食べればあたたまる。 Energy.png エナジー(125) Health.png 体力(50) Fishing.png 釣り(+3)Time Icon.png 5分35秒 Coin Icon220g
Baked Fish.png 焼き魚 焼いた魚にハーブをそえた一品。 Energy.png エナジー(75) Health.png 体力(30) Coin Icon100g
Survival Burger.png サバイバルバーガー 探検するときに便利な携帯食。 Energy.png エナジー(125) Health.png 体力(50) Foraging.png 採取(+3)Time Icon.png 5分35秒 Coin Icon180g

セリフ集

通常時 

初対面

男性の場合

「あら、お前が 引っ越した ばかりの 新人か。いい感じだな。」

女性の場合

「お前が 引っ越した ばかりの 新しい子か。仲良く やっていけると 思ってるぜ。オレは アレックスだ。またな。」

男女共通

「ハイスクール時代、 オールスターの クォーターバックを やったんだぜ。本当さ。ジャケットの 星が 見えるだろ?これが その証拠だ。」
「空気が 暖かくなってきてるな…ワクワク してきたぜ。」
「腕がすごく痛むけど、 オレにとっては 継続の証 みたいなもんだ。昨日の 腕立ては 一千回まで 行ってたに 違いない。」
「よう。オレと話が したいって?今忙しいんだ。」
「よう、[プレイヤー]。ああ、お前の 名前は覚えてるぜ。」
「よう、[プレイヤー]。今日の 調子はどうだ?」
「よう、[プレイヤー]。会いに 来てくれて うれしいぜ。オレは ばあちゃんが好きだと、 胸を張って 言えるぜ!一方で じいちゃんはな…冗談だって。」

女性の場合

「日焼けするには ビーチが一番だ。ちゃんと 日光を 浴びないと、 肌が真っ白に なってしまうぜ。よぉ、 今度一緒に ビーチで 遊ばないか?ビキニは 持ってるよな?」
「おっ、 ファーマーガールじゃないか。新しい服に したのか?結構 似合ってるぜ。おっと、 忘れるところだった!今日は 腕立ての日だ!腕立てを するたびに、 必ず前回よりも 1回多くやるんだ。いい考えだろ?」

男性の場合

「日焼けするには ビーチが一番だ。ちゃんと 日光を 浴びないと、 肌が真っ白に なってしまうぜ。はぁ…この町に もっと女の子が いたらなぁ。 そう思わないか?」
「よう、 ファーマーボーイ。おっと、 忘れるところだった!今日は 腕立ての日だ!腕立てを するたびに、 必ず前回よりも 1回多くやるんだ。いい考えだろ?」

ピエールに農作物(@)を売った場合:

「きのうの夜さ、@を店で買ってったんだ。そしたらばあちゃん、うまいキャセロールをつくってくれてさ…」

ハート6以上:

「こんな エネルギッシュな日は、 友達と ビーチで 過ごすのが 一番だ。 そう思うだろ?」

ハート8以上:

「なぁ、オレは 富と名声を求めていたが、 最近になって考え直したんだ。そんなのって、 自分の欲を 満たすためだけのものだと思うが、 そうは思わないか?プロ入りは まだ諦めていないけど、 それもこの世界じゃ たいしたことじゃ ないんだよな。」

男性の場合

「[プレイヤー]さんこんにちは。今日は スポーティな 感じだな。」

女性の場合

「いつもと違う 髪のセットでも したのか?何だか 気になるんだよな。」
「オレの髪型、 どう思う?」

水曜日

「キャッチボールを するには いい日だな。」
男性の場合:
「お前と一緒に 遊びたいところだが、 見た感じ スポーツは 好きじゃなさそうだな。」
女性の場合:
「お前が 女の子じゃなかったら、 キャッチボールに 誘ってたかもな。」
遠くで 見てるだけでもいい。 (友好度は変わりません)
一緒に キャッチボールしよう! (友好度+15)
(怒り)それは いったい どういうこと? (友好度は変わりません)

「ねぇ、夏は一年で 最高の時だよな。色々と 楽しいことが 待っている 季節だから、 最高の気分だぜ。また後でな。」
「もしこの髪型が 女の子に ウケないなら、 いっそ坊主頭に しようかと 思うんだ。はぁ…人生って つらいもんだな。」
「何の用だ?今は大切な 用事があるんだ。」
「むむ…バーベキューの 匂いがするぞ。バーガーが 食いたくなってきたな。」
「使ってたシューズに 茶色のシミが できたから、新しいのを 買ったんだ。前のシューズは 捨てたさ。寄付しても 良かったけど、 オレがはいてたシューズを使うような 物好きなんて 考えたくもないな。…ん?」
「お前の靴、 少し汚れてるが… 悪くないんじゃないか!人によって 好みは違うだろうし。」
「よう、夏に入ってから 体が しまってきてるな! 農作業の 成果か?」
「よう、 いい日焼けっぷりだな。」

夏の16日(健康診断)

「どうも。いや、ちょっと足首をひねったっぽくてさ。テーピングがいるかどうか診てくれよ。」
「ああ、うん…大丈夫だよ、センセ。テーピングしてくれるだけでいいからさ、な?」

女性の場合

「日焼けするには ビーチが一番だ。ちゃんと 日光を 浴びないと、 肌が真っ白に なってしまうぜ。よぉ、 今度一緒に ビーチで 遊ばないか?ビキニは 持ってるよな?」
「おっ、 ファーマーガールじゃないか。新しい服に したのか?結構 似合ってるぜ。おっと、 忘れるところだった!今日は 腕立ての日だ!腕立てを するたびに、 必ず前回よりも 1回多くやるんだ。いい考えだろ?」
「よぉ、 ファーマーガール。いい感じに 日焼けしてるじゃん。この夏は 練習しまくって、 プロへの道に近づくぜ。それでお前は、 プロ入りしたオレとは 知り合いだって 自慢できるんだ。いいことだろ?」
「あの牧場で 働き続けて、 かなりシェイプアップ できてるんだろうな。近いうちに、 オレと肩を並べられそうだ。これからが 楽しみになってきたぜ。どうして そんな顔をしているんだ?」

男性の場合

「日焼けするには ビーチが一番だ。ちゃんと 日光を 浴びないと、 肌が真っ白に なってしまうぜ。はぁ…この町に もっと女の子が いたらなぁ。 そう思わないか?」
「よう、 ファーマーボーイ。おっと、 忘れるところだった!今日は 腕立ての日だ!腕立てを するたびに、 必ず前回よりも 1回多くやるんだ。いい考えだろ?」
「よぉ、 ファーマーボーイ。少し 日焼けしたな。この夏は 練習しまくって、 プロへの道に近づくぜ。それでお前は、 プロ入りしたオレとは 知り合いだって 自慢できるんだ。いいことだろ?」
「あの牧場で 働き続けて、 結構筋肉が ついたんだろうな。近いうちに、 オレと肩を並べられそうだ。これからが 楽しみになってきたぜ。どうして そんな顔をしているんだ?」

ハート6以上:

「部屋が 散らかってて すまん。片付けようと 思っても すぐ忘れてしまってな。何とかしようと 努力はしてるが。」

ハート8以上:

「実はな… 牧場主に なるのも 悪くないかなって 思ってるんだ… ある意味、 スポーツと 似てるからな。外に出て、 この手で何かを するのが 好きだ。」

「ああ、 寒くはなってきたが…体を動かすには まだ 十分な気温だぜ! 暖かければ それでいい。」
「ばあちゃんが もっと勉強しろって 言ってくるんだ。オレは「…ばあちゃん、 心配するな。オレはプロになるから!」と返した。 勉強なんて、 オタクのすることさ。」
「よお!お前の名前、確か[プレイヤーの名前と同じ頭文字の名前]か、そんな感じ だったよな?えっ。[プレイヤーの名前]だって?わかった。ごめんね。」
「今夜の 腹筋は 200回だ。気合いを 入れてるのが わかるだろ?他に 何が必要だって?」
「この季節なら、 川で鮭が 見られるかも しれないぜ。少なくとも、そう聞いた。」
「よお、今日は グリッドボールの 試合だ!秋の日曜日って 最高だよな。」
「どうかしたか、[プレイヤー]?」
「ばあちゃんが もっと 勉強しろって 言ってくるんだ。言うとおりかも 知れないな…」

ハート6以上:

「今夜は 沢山 腹筋を するぜ。最高の ポテンシャルを 引き出すには、 本気で 努力しなきゃ ならないからな。」

ハート8以上:

「オレは 思い切って…髪にジェルを つけるのを やめたんだ。ジェルで カッコいい髪型に してるだけで 好くような人とは 友達に なりたくないからな。」

「冬って イヤなんだよな。雪が多すぎて、 楽しいことが やれねえからな。雪が 好きな人は いるだろうけど。」
「お前は 雪が好きか?オレは…ただ春が 待ち遠しいな。」
「なあ、 ヘイリーに会って、よろしくって伝えてくれないか?」
「冬の間は みんな 家にこもって、 退屈なことを やってる。オレも家で 本を読めば 退屈をしのげる… わけないか。」
「オレが プロになったら、 稼いだ金で 南の島に 別荘を 建ててやる。そうすれば、 つまらない冬も 問題に ならなくなるだろうな。」
「オレに会うために、 わざわざこの雪の中を やってきたのか?なるほどな。」
「の町には 変わった人が 何人か 住んでるな。…たとえばあの セバスチャン。どうして いつも 黒ずくめ なんだろうな?オレには わからんよ。」
「オレに会うために、 わざわざこの雪の中を やってきたのか?うれしいぜ。」
「よう、 [プレイヤー]。ちょっと 頼みごとが あるんだ。ヘイリーを 見たら、 オレは忙しいって 言ってくれ。頼んだぜ。」

日曜日:

「よう、今日は グリッドボールの 試合だ!今週で一番 楽しみの日に なりそうだな。」

ヘイリーと結婚している場合

「正直…お前と ヘイリーが結婚したのを 羨んだのは 認めるぜ。でもな…これは 自分について 新しいことを 学ぶ チャンスでも あるんだ。」
「あら、結婚生活はどんな調子だ?」

ハート6以上:

「オレ達と全く違う人もいるってのは、 結構 興味深いこと だよな。他人の 言動を 全て 理解することは できないが、 それでもいいんだ。」
「天気を 自由に 操れたらなぁ。」

ハート8以上

「聞いてくれよ。ようやく 本を 読むことに したぜ!」

花束を渡した際

「…本気で 付き合っちゃおうか?ちょっと ドキドキするな。」
「…! うれしいよ、そうしよう。同じことを 考えてるなんて 思ってなかった。」

お付き合い中/10ハート時

「最近、 なかなか 物事に 集中できないんだ。」
「最近、 もっと本を 読もうと してるんだ…体を 動かして ばっかりで、 長い間 頭を 使っていないような 気がするからな。」
「[プレイヤー]さん!あー…よお。」
「もしオレが 大金を 得たら、 家族と友達全員が 生活に 困らないように するぜ。お前も そのうちの一人さ。」
「よお、[プレイヤー]。いつもと違う 髪のセットでも したのか?何だか 気になるんだよな。」

婚約

「…!!わかった!何もかも こっちで 準備するから、 結婚式は 3日後に しよう。いい?」
「[プレイヤー]、ありがとな。人生最高の気分だよ。いまから待ちきれないぜ。」
「牧場暮らしがいまから楽しみだぜ。」

グループ10ハートイベントのあと

「お前に 割く時間は ない。」
「お前を 信じられるかは わからない、 でももう一度 やり直して みようと思う。」
イベント時 

エッグフェスティバル

「オレ、タマゴは毎日3つ食ってるんだ。足をきたえるなら、タンパク質はだいじだからな。」

結婚時:

「うえっ…さすがに、かたゆでタマゴ1ダースは食いすぎたかな…」

フラワーダンス

「景色を楽しんでるだけさ…へへっ。」

(ダンスパートナーとして誘った際)

「いいや…他の誰かを 誘おうとしてるとこだ。じゃあな。」

ルアウパーティー

「きょうは最高のビーチパーティー日和だよな!だろ?」

結婚時:

「やったね、なんでもいいからビーチであそぶ言い訳がほしかったんだ。見ろよこの天気、最高だろ!」

ゲッコウクラゲのダンス

「もう夏が終わるなんて信じられないぜ…まだはじまったばかりって気分なのにさ。」

スターデューバレーまつり

「「ちからだめし」ゲームをやりすぎたな。腕に力が入らなくなっちまった…」

結婚時:

「オレは昔の友だちと会ってくるよ…お前も、行って楽しんでこいよ。」

スピリットイブ

「んか怪しげな場所があるな。でもあそこ、どうやって行くんだ?このへんのどっかにヒミツの通路があるに決まってる。」

氷まつり

「まあ、雪だるまもわるくないけどさ。でもそれより、オレは春が待ちどおしいね。」

結婚時:

「釣り大会、応援してるぜ。がんばれよ。」

夜の市(17日)

「マーメイドショーは 見たことある?大好き なんだよね…」

冬星祭

「よう、どうも。」

結婚時:

「[プレイヤーの名前]、 良い 一年を ありがとう。来年も また 楽しみに してるぜ!さあ、 こっちへ 来るんだ…」
結婚後 

日中の屋内

「こっちへ きてくれ。 ギューッ…ふむふむ。牧場での 仕事で、 体が 締まってきてるな。」
「ああ… [妻(夫)]と 一緒に グッスリ 寝るのは 最高だな!」
「料理と 洗濯に 少しずつ 慣れてきたぞ…オレが本当に やりたいこととは 違うけど、 結婚する時から こういうのを やるんだろうなって 思ってたさ。」
「今日は 家のまわりの ものを 直しに いくつもりさ。飽きてはいないから、 オレのことは 心配するな。」

朝食を作った際

「なぁ!ハニー、暖かい 朝食を 作ったぞ。強くなりたければ、 ちゃんと 食事を 取ろうぜ!」
「これだけ 太陽が 輝いてりゃ、 オレの 元気も 溢れそうだ!気をつけたほうが いいぜ!ヘヘッ。」

自室にいる際

「オレを ダラダラ させないで くれよ。お前の ために、 この 体格を 維持したいんだ!」

日中の屋外

「牧場にいる、 オレ達二人を 見ろよ。いい カップル じゃないか。なぁ。たぶん 日の光に 映ってるからか、 今日は お前が 美しく 見える。」
「オレは できるだけ 外に 出ていたいんだ。そのほうが 気分が いいからさ。」
「ああ…外に 出ると いい気分に なる。スターデューバレーは 最高に 美しい場所だ…」
「ねぇ、ここから オレ達の 土地を 見下ろすと…すごく 誇らしく 思えるぜ。本当に 良い仕事を したな。」
「ここは を子どもを育てるには 最高の 場所だな。オレも こんな 場所で 育ちたかったぜ。走り回れるほど 部屋が 広いからな!」
「今日は 沢山 運動 するぞ!ハハッ!牧場生活って いいよなぁ。」

裏庭でウェイトリフティングをしているとき

「ふうっ…1…ぐうっ…2…外でする筋トレってのは気分がいいな!」

夜の屋内

「限界まで がんばるって いい気分に ならないか?がんばった後は やわらかいベッドで 良く眠れる 権利を 得た気に なるからな。」
「髪でも 切ったのか?今日は いい感じだな。たぶん、 新鮮な 空気のおかげ かもな…」
「今日は どんな一日 だったかな。たまには 抱えてるものを 全部 降ろすのも いいことだ。」
「なぁ…新しい パンツに したぜ。お前が 興味あると 思ってな…」
「一人きりの 静かなひと時が ほしかったら、 オレは かまわないぜ。」
「疲れた気分だが…それって いいこと だよな!今日は しっかり 働いた 証拠に なるからさ。」
「なんだか 腕が 落ち着かないな…そうだ、 マッサージでも してやろうか?」

雨の日の日中

「これだけ 広かったら、 全身運動も ラクに できるぜ。」
「町に 友達なんて あんまり いなくてな…もし お前が 来なかったら オレは どうなってたんだろう、と 考える 時が あるんだ。」
「ああ…外で ジョギング しようと 思ってたのに。こんな天気じゃ 無理だな。」
「ブツブツ…起きた ばかりなのに プロテインが ほしくなってきたぜ。」
「そろそろ 読書を はじめようかな。オレはもう 結婚したんだから、 ちゃんと 何か しないとな!」
「うーん…今日は 屋内で 腕立てと 腹筋でも やるか。」

雨の日の夜

「こういう日は よく、 ばあちゃんが 暖かい シチューを 作ってくれた。」
「いい一日 だったか?明日は もっと いい日に なるはずさ。」
「調子は どうだ?オレは いつも 古い グリッドボールを 持ち歩いてるぜ。選手になった 気分で いたいからな…」
「えっ… この匂いは、って?ずっと ニンニクを 食べてたからだな。男らしく なりたくてさ…ごめんね。」
「ダスティの ために 少しだけ 残してるんだ。あいつにも 時々 エサを 与えないとな。」

夕食を作った際

「腹が 減ってたから、 夕食を 作ってたんだ。お前の 分も とってあるぜ。」

外出中

「今日は 町へ 行くつもりさ。また 夜に 会いましょう」

祖父母の家にいるとき

「きょうはずっとここにいるよ。じいちゃんもばあちゃんも、もうトシだからな…」

帰宅時

「今日は 良い 一日だった。じいちゃんと ばあちゃん、 結構 年いってるから 何度も 顔を 見せたく なるんだ。」

友好度が非常に高い場合

「お前、 本当に キレイ(ハンサム)だ… 前にも そう 言ったかな?」
「[プレイヤー]、…いつも 愛してるぜ。」
「お前の 強さは 分かってるが、 時々 スライムに 食われたり… 酷い目に あったり しないか 心配なんだ。とにかく 気をつけてくれ。」
「ここが 自分の 家…すごく うれしいな。」
「結婚式に もらった 首飾りが 美しいね…特に この 貝殻は カンペキ。すごく お金を かけてくれたんだね!」
「自分のことは 心配しないで…あなたは 家の外で いろんな 責任を 負ってるから。だから こっちは 大丈夫さ。」

妊娠中

「ハニー、わかるか? お前、 妊娠したんだぞ。」
「[プレイヤー]、もうすぐ 赤ちゃんが できるな。」

一人目の子どもが出来た際

「まだ 専業主夫としての 生活に 慣れようと してるところさ。」
「小さい[一人目の子ども]よ、 パパみたいに 強く 育つんだぞ。」
「妊娠してる 時って どんな 気分 なんだろうか…」

二人目の子どもが出来た際

「2人ともかわいいな…時がたつのって早いもんだなあ。」
「あたらしい家族か…時がたつのって早いもんだなあ。」
「二人目の子ができたから、 [二人目の子ども]だけでなく [一人目の子ども]にも ちゃんと かまってあげよう。子ども達の 間で 嫉妬が 起こらない ようにね。」
「[一人目の子ども]と[二人目の子ども]には もう 朝ごはんを 食べさせたよ。おなか すいてたからね!」
「いずれ %kid2は ペリカンタウン初の プロ グリッドボール 選手に なるのかな?」
(注1を見てください)
「なにもかも問題なし。これからは、[二人目の子ども]が家族の一員になるんだな。すごく恵まれてるよなあ。」
「オレが ガキの頃に 持てなかった 家族ってものを ようやく 持つことが できたよ… ありがとな。」

注1: 英語版では"played"と言っていますが、 これは明らかなスペルミスです。

壁紙を変えた際

「この 新しい 壁紙、 どう思う?」

「冬が ようやく 終わって、 これからの 天気に 期待できるように なった。」
「ねえ、[プレイヤー]。今日も しっかり 働こうぜ!」

春の1日

「やっと 雪が 溶けて、 日が でてきたか!体も 暖まってきたぜ。」

春の6日

「スタードロップの 粉なら オレの 体も 強くなれるの だろうか… 」

エッグフェスティバルの前日

「明日の 祭りを 楽しみにしてるのか?エッグを 一杯 集めるのは 楽しいもんな。」

フラワーダンスの前日

「ああ… 明日は フラワーダンス だったか?今夜は もう少し 腕立てを しよう。ジャンプスーツは 結構 きついし、 みんなに 近くから 見られるからな。」

フラワーダンスのパートナーに誘った際

「いいぜ、 楽しくなりそうだ… 久しぶりだから、 今年の分の ステップを 覚えてるか どうかだな!」

「夏は エネルギッシュな 時期だ。 体が そう 感じるよな!身が 引き締まる 気が するぜ。」
「夏は オレにとって、 一番 元気に なれる 時期さ。」

ルアウパーティーの前日

「今夜の ルアウスープに 何を 入れるか 考えたか?オレは 何が いいか 分からないがな… お前が 決めてくれ!」

夏の27日

「ああ… 夏が もうすぐ 終わりそうだ。筋肉が しぼんでいく 感じが するぜ…」

「夏は 終わったが… ポジティブに 考えよう。夏は かならず 戻ってくる ってな。」
「力が 抜ける 感じだな…プロテインが ほしくなるぜ。」
「じいちゃんと ばあちゃんは 元気かな。じいちゃんは かまどの 火を ギリギリまで 節約 するほど ケチだからな。」

スターデューバレー まつりの前日

「明日は 祭りだが、 行く予定は あるのか?オレは どっちでも いいぜ。」

スターデューバレー まつり当日

「オレは昔の友だちと会ってくるよ…お前も、行って楽しんでこいよ。」

「冬は 暖かく するんだぞ。お前の デリケートな 肌を 心配してるんだ。」
「じいちゃんと ばあちゃんは 元気かな。二人とも、 オレに 結構 頼ってたんだ。オレが 重いものを 持ち上げたり、 雑用したりしてさ。」

氷まつりの前日

「明日の 釣りコンテストには 参加する つもりか?お前なら 優勝 できるはずだ!」

氷まつりの当日

「釣り大会、応援してるぜ。がんばれよ。」

冬星祭の当日

「なにに感謝するかって?家に帰ったら教えてやるよ…」

冬の28日

「[プレイヤー]、 良い 一年を ありがとう。来年も また 楽しみに してるぜ!さあ、 こっちへ 来るんだ…」

離婚後

「オレたちは運命で結ばれてるって思ってたのに…オレが間違ってたみたいだな。」

クエスト

ポートレート

変遷

アレックスの外見は開発段階の数年の間で変遷しています。 以下は、ゲームが正式リリースされるまでの数年間におけるConcernedApe氏の設定画とアレックスのスタイルを古いものからならべたものです。 アレックスは開発当初、ジョシュという名前でした。

Alex Timeline.png

更新履歴

  • 1.0: 初登場。
  • 1.1: 結婚後、家の裏のスペースにトレーニングスペースが追加されるようになりました。
  • 1.3: グループテンハーツイベントが追加されました。
  • 1.4: 14ハートイベントの追加。