クララ

提供: Stardew Valley Wiki
移動先: 案内検索
赤子のアレックスをあやすクララ

クララアレックスの亡き母親です。アレックスのハート8イベント内で、彼女が12年前のに亡くなったと述べます。彼女が亡くなったとき、アレックスはクララの両親である祖父母のジョージエブリンの所へ引っ越さなくてはなりませんでした。

アレックスの記憶の中で、クララが赤ちゃんのアレックスを抱いて歌っているのを見られます。彼女は茶髪を2つの青いヘアバンドで留め、紫のシャツを着ています。

記憶の中で、アレックスは"A"という文字が刺繍された青いブランケットに包まれ、緑のおしゃぶりを口に咥えています。

彼女とアレックスの父親との関係はアレックスが父親を留守にしているか酒を飲んでいるかだったと説明しているため、ぎくしゃくしていたと想定されます。

クララの姓は実際には分かりません。"ミュルナー"という名前はゲーム内のたった一つの場所、ペニーのハート2イベントで使われています。このイベント内で、ペニーはジョージを"ミュルナーさん"と呼んで話しかけます。

手紙

ジョージとエブリンの寝室にあるナイトスタンドの上に、クララからの手紙があります。

「母さんへ

母さんがこれを読んでいるということは、わたしはもうこの世にいないんだね。つらい目にあわせちゃってごめんね。母さんと父さんのこと、ほんとうに愛してるよ。

どうかあんまり悲しまないでください。大丈夫、いまはヨバさまと共にいるから。

最後に。どうかアレックスをお願いします。あの子には家族が―ちゃんとした家族が必要だから。あの子はいい子よ。

愛をこめて

クララ」