セバスチャン

提供: Stardew Valley Wiki
移動先: 案内検索
セバスチャン
Sebastian.png
情報
誕生日: Winter.png の10日
エリア: ペリカンタウン
住所: マウンテン通り24番地
家族:

Robin Icon.png ロビン(母)

Maru Icon.png マル(異父妹)

Demetrius Icon.png ディメトリウス(継父)

友達:

Sam Icon.png サム

Abigail Icon.png アビゲイル

結婚: 可能
ベストプレゼント: Frozen Tear.png イエティのなみだObsidian.png 黒曜石Pumpkin Soup.png カボチャのスープSashimi.png 刺し身Void Egg.png ヴォイドエッグ
「セバスチャンは実家の地下室に住んでいる反抗的な一匹狼です。マルの異父兄であり、異父妹だけが注目され愛情を注がれているように感じ、滅入っています。コンピュータゲームや漫画やSF小説に熱中する傾向があり、ときどき自分の部屋で趣味に没頭して過ごしています。知らない人には少しよそよそしくなります。魅力的な新しい牧場主は彼の心の荒れ地を耕せるでしょうか? どうでしょうか?」
- 開発ブログ #12

セバスチャンペリカンタウンの北にあるに住んでいる住人です。彼は結婚可能な、12人のうちの1人です。

町の北にある、母ロビンが経営する大工店の地下室に住んでいます。

スケジュール

Axe.png
書きかけのセクション

このセクションは以下の理由により、未完成としてマークされています。

  • v1.4で、セバスチャンは鉱山の入り口のあたりまで歩いてくるようになっています。

彼は毎年夏の4日に診療所で定期健診を受けます。

Spring.png 

日曜日〜水曜日(および1年目の木曜日)

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
午後3:00 パソコンから離れて台所へ向かう。
午後3:40 台所から自分の部屋へ戻ってくる。
午後4:10 パソコンで作業をする。
午後6:30 から出てそばの湖までタバコを吸いに行く。
午後7:30 のそばの湖でタバコを吸っている。
午後9:30 に帰ってくる。

木曜日(11日・25日) ※アビゲイルと仲良くなっていない時

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:00 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
正午 自分の部屋のソファの横に立っている。
午後5:30 部屋から出て台所へ向かう。
午後6:30 パソコンで作業をする。
午後9:30 寝る。

木曜日(2年目以降)

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
午後2:00 部屋から出てタバコを吸いに駅まで行く。
午後3:00 駅でタバコを吸っている。
午後6:20 駅の東側のトンネルのそばに立っている。
午後8:10 駅の東側のトンネルのそばに立っている。
午後9:30 家へ向かう。
午後10:20 家に到着。

金曜日

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
午後3:00 部屋を出てサムとビリヤードをしにスタードロップサルーンへ向かう。
午後5:20 スタードロップサルーンサムとビリヤードをする。
午後9:10 へ向かう。
午後11:10 に到着。

土曜日

時刻 場所
午前9:00 を出てサムの家へ向かう。
午前11:30 ヘイリーとエミリーの家の前にサムと居る。
午後12:30 2人でサムの部屋へ向かう。
午後1:00 サムの部屋に居る。
午後6:00 サムと一緒にサムの家を出て川岸へ向かう。
午後6:20 サムの家の外の川岸でタバコを吸っている。
午後7:30 サムの家の前からへ向かう。
午後9:40 に到着。

雨の日(その1)

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きを出てビーチへ行く。
午後1:30 釣具店左の長い桟橋の先に立っている。
午後5:00 桟橋を去りへ向かう。
午後7:40 に到着、就寝する。

雨の日(その2)

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
午後3:00 を出てスタードロップサルーンへ向かう。
午後5:20 スタードロップサルーンのゲームコーナー内の赤いソファ隣に立っている。
午後9:10 へ向かう。
午後11:10 に到着。

エッグフェスティバル

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午後10:00 午前2:00までサムの家の外に立っている。
Summer.png 

日曜日〜水曜日

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
午後3:00 パソコンから離れて台所へ向かう。
午後3:40 台所から自分の部屋へ戻ってくる。
午後4:10 パソコンで作業をする。
午後6:30 から出てそばの湖までタバコを吸いに行く。
午後7:30 のそばの湖でタバコを吸っている。
午後9:30 に帰ってくる。

木曜日

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
午後2:00 を出て線路まで行く。
午後3:00 線路の標識のところに到着。
午後6:00 線路の東側のトンネルのそばに立っている。
午後7:30 線路の西側のトンネルのそばに立っている。
午後9:30 へ向かう。
午後10:20 に到着。

木曜日(4日)

時刻 場所
午前9:00 自分の部屋の本棚のそばに居る。
午前10:00 を出てハーヴィーの診療所へ行く。
午前11:50 ハーヴィーの診療所の待合室に居る。
午後1:40 ハーヴィーの診療所の診察室に居る。
午後4:00 へ向かう。
午後6:00 自分の部屋に到着、就寝する。

金曜日

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
午後3:00 部屋を出てサムとビリヤードをしにスタードロップサルーンへ向かう。
午後5:20 スタードロップサルーンサムとビリヤードをする。
午後9:10 へ向かう。
午後11:10 に到着。


土曜日

時刻 場所
午前9:00 を出てサムの家へ向かう。
午前11:30 ヘイリーとエミリーの家の前にサムと居る。
午後12:30 2人でサムの部屋へ向かう。
午後1:00 サムの部屋に居る。
午後6:00 サムと一緒にサムの家を出て川岸へ向かう。
午後6:20 サムの家の外の川岸でタバコを吸っている。
午後7:30 サムの家の前からへ向かう。
午後9:40 に到着。

雨の日(その1)

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きを出てビーチへ行く。
午後1:30 釣具店左の長い桟橋の先に立っている。
午後5:00 桟橋を去りへ向かう。
午後7:40 に到着、就寝する。

雨の日(その2)

時刻 場所
午前9:00 ベッドに居る。
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
午後3:00 を出てスタードロップサルーンへ向かう。
午後5:20 スタードロップサルーンのゲームコーナー内の赤いソファ隣に立っている。
午後9:10 へ向かう。
午後11:10 に到着。
Fall.png 
春と夏よりも外出している。

月曜日〜水曜日

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
正午 から出てそばの湖まで歩いて行く。深夜2時過ぎまで家に戻らない。

木曜日

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
午後2:00 を出て駅までタバコを吸いに行く。
午後3:00 駅でタバコを吸っている。
午後6:20 駅の東側のトンネルのそばに立っている。
午後8:10 駅の西側のトンネルのそばに立っている。
午後9:30 へ向かう。
午後10:20 に到着。

木曜日(11日) ※アビゲイルと仲良くなっていない時

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:00 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
正午 自分の部屋のソファの横に立っている。
午後5:10 部屋から出て台所へ向かう。
午後6:00 台所から自分の部屋へ戻ってくる。
午後6:30 パソコンで作業をする。
午後9:30 寝る。

金曜日

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
午後3:00 部屋を出てサムとビリヤードをしにスタードロップサルーンへ向かう。
午後5:20 スタードロップサルーンサムとビリヤードをする。
午後9:10 へ向かう。
午後11:10 に到着。

土曜日

時刻 場所
午前9:00 を出てサムの家へ向かう。
午前11:30 ヘイリーとエミリーの家の前にサムと居る。
午後12:30 2人でサムの部屋へ向かう。
午後1:00 サムの部屋に居る。
午後6:00 サムと一緒にサムの家を出て川岸へ向かう。
午後6:20 サムの家の外の川岸でタバコを吸っている。
午後7:30 サムの家の前からへ向かう。
午後9:40 に到着。

日曜日

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
正午 から出てそばの湖まで歩いて行く。
午後1:00 のそばの湖のほとりに立っている。
午前2:00 まだ湖に居る…。

雨の日(その1)

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きを出てビーチへ行く。
午後1:30 釣具店左の長い桟橋の先に立っている。
午後5:00 桟橋を去りへ向かう。
午後7:40 に到着、就寝する。

雨の日(その2)

時刻 場所
午前9:00 ベッドに寝ている。
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
午後3:00 を出てスタードロップサルーンへ向かう。
午後5:20 スタードロップサルーンのゲームコーナー内の赤いソファ隣に立っている。
午後9:10 へ向かう。
午後11:10 に到着。
Winter.png 

日曜日〜水曜日

時刻 場所
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
午後3:00 部屋から出て台所へ向かう。
午後3:40 部屋のパソコンまで戻ってくる。
午後6:30 から出てそばの湖までタバコを吸いに行く。
午後9:30 に帰ってくる。


木曜日

時刻 場所
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
午後2:00 を出て駅までタバコを吸いに行く。
午後6:00 線路の東側のトンネルのそばに立っている。
午後7:30 線路の西側のトンネルのそばに立っている。
午後9:30 に戻る。


金曜日

時刻 場所
午前10:30 ベッドから起きてパソコンへ向かう。
午後3:00 部屋を出てサムとビリヤードをしにスタードロップサルーンへ向かう。
午後9:00 へ向かう。


土曜日

時刻 場所
午前9:00 を出てサムの家へ向かう。
午後12:30 2人でサムの部屋へ向かう。
午後6:00 サムの家の外の川岸でタバコを吸っている。
午後7:30 サムの家の前からへ向かう。
午後9:50 に到着。
Mermaid's Pendant.png 結婚

月曜日

時刻 場所
午前6:00 家に居る。
午前8:40 家を出てへ向かう。
午前9:30 町の広場を通り抜ける。
午前10:30 湖のそばの実家に到着。
午後12:30 (大体) ロビンに会いに行く。
午後5:20 山を出発して家へ向かう。
午後7:20 家に到着。


金曜日

時刻 場所
午前6:00 家に居る。
午前9:00 家を出てビーチへ行く。
午前11:00 釣具店左の長い桟橋の先に立っている。
午後3:00 スタードロップサルーンへ向かう。
午後4:30 スタードロップサルーンサムとビリヤードをする。
午後9:30 家へ向かう。
午後10:50 家に到着。

人間関係

セバスチャンは母のロビン、義父のディメトリウス、異父妹のマルと一緒に暮らしています。ロビンは時々彼の事をセビィと呼びます。彼はマルの方が贔屓されていると感じていて、冬に話すとディメトリウスが自分の雪だるまだけ壊したと言い、義父の問題点を怒りながら問いかけてきます。

セバスチャンはサムと親友です。2人でサムの家やスタードロップサルーンでビリヤードしているのを見かけるでしょう。イベントの時、彼らはアビゲイルと一緒に立っています。後にサムがプレイヤーに、セバスチャンがバンドにアビゲイルをドラマーとして加入させたがったと教えてくれます。彼はアビゲイルが好きなのかもしれません。

さらに、マルと結婚していると、彼女はときに"お兄ちゃんがアビゲイルをデートに誘えるといいんだけど"と言います。サムと結婚している場合、 彼はときに "セバスチャンとアビゲイルが一緒になる"と思うか聞いてくることがあります。

フラワーダンスでプレイヤーと一緒に踊らない場合、セバスチャンはアビゲイルと踊ります。

頑張ってできるだけ早くハートを2つ以上にすると良いでしょう。部屋に入れないと、彼は長い時間部屋に閉じこもっているのでなかなか会えません。

プレゼント

主な記事:友好度
参照:プレゼント早見表

プレイヤーはセバスチャンに週2回(誕生日に1回)プレゼントすることができ、それによって彼との友好度が上がったり下がったりします。彼の 誕生日(冬の10日)にプレゼントすると8倍の効果があり、特殊な会話が見られます。

大好きな、もしくは好きなプレゼントの場合、セバスチャンはこう言います:

「誕生日を覚えていたのか? すごくうれしいよ。ありがとう。」
「えっ、 今日は オレの 誕生日? そうかもな。 いいものを ありがとう。」

普通のプレゼントの場合、セバスチャンはこう言います:

「誕生日プレゼント? ありがとう。」

嫌い、もしくは大嫌いな贈り物の場合、セバスチャンはこう言います:

「誕生日だから これを くれるって? 冗談だろ?」

大好き

「これ、すごく好きなんだ。どうしてわかったんだ?」
画像 名前 説明 入手先 材料
Sebastian Happy.png
Frozen Tear.png
イエティのなみだ うつくしい結晶。言い伝えによると、イエティのなみだが凍ってできたのだという。 鉱物 - 鉱山
Obsidian.png
黒曜石 溶岩が急速に冷えてできるガラス質の火山岩。 鉱物 Magma Geode.png マグマジオードOmni Geode.png オムニジオード
Pumpkin Soup.png
カボチャのスープ 秋のごちそう。 料理 Pumpkin.png カボチャ(1)Milk.png ミルク(1)
Sashimi.png
刺し身 生の魚をスライスしただけの料理。 料理 Fish.png (1)
Void Egg.png
ヴォイドエッグ 赤いはん点が散っている漆黒のタマゴ。さわるとあたたかい。 闇ニワトリ

好き

「ありがとう、うれしいよ。」
画像 名前 説明 入手先
Sebastian Happy.png
Quartz.png
水晶 洞窟や鉱山でよく見つかるすきとおった結晶。 鉱物 - 鉱山
砂金採り

普通

「…ありがとな。」
画像 名前 説明 入手先
Sebastian.png

嫌い

「…?」
画像 名前 説明 入手先
Sebastian Concerned.png
Common Mushroom.png
マッシュルーム 食感がよくておいしいキノコ。ほのかにナッツの香りがする。 採取 -
Chanterelle.png
アンズタケ おいしいキノコ。フルーティーな香りのなかに、ちょっぴりコショウの香りが混じる。 採取 -
Daffodil.png
ラッパスイセン 古くから親しまれている春の花。贈りものによろこばれる。 採取 -
Dandelion.png
タンポポ 花はパッとしないが、葉っぱがおいしいサラダになる。 採取 -
Hazelnut.png
ヘーゼルナッツ とびきり大きいヘーゼルナッツ。 採取 -
Wild Plum.png
野生のプラム すっぱくてジューシー。濃厚な香りをただよわせている。 採取 -
Holly.png
ひいらぎ 赤い実をつける植物。葉にトゲがある。冬の飾りつけによくつかわれる。 採取 -
Leek.png
ポロネギ ネギの仲間。あまみがあっておいしい。 採取 -
Morel.png
アミガサタケ 独特のかぐわしい香りゆえに珍重されるキノコ。 採取 -
Purple Mushroom.png
むらさきキノコ めずらしいキノコ。洞窟の深いところに生える。 採取 - 鉱山
Salmonberry.png
サーモンベリー 森の香りがする春のベリー。 採取 -
Snow Yam.png
スノーヤム 雪の下にかくれている小さなイモ。 採取 -
Wild Horseradish.png
ノワサビ ピリッと辛い根っこ。春の野で採れる。 採取 -
Winter Root.png
クワイ でんぷん質の根っこ。 採取 -

大嫌い

「…これ、キライなんだ。」
画像 名前 説明 入手先 材料
Sebastian Concerned.png
Clay.png
粘土 クラフトや建築に利用できる。 採取 - クワ
Complete Breakfast.png
朝食セット これを食べれば、世界におはようを言う準備は万端! 料理 Fried Egg.png 目玉焼き(1)Milk.png ミルク(1)Hashbrowns.png ハッシュドポテト(1)Pancakes.png パンケーキ(1)
Farmer's Lunch.png
牧場主のランチ 腹が減っては仕事はできぬ。 料理 Omelet.png オムレツ(1)Parsnip.png パースニップ(1)
Omelet.png
オムレツ フワフワの口あたり。 料理 Egg.png タマゴ(1)Milk.png ミルク(1)

ハートイベント

ハート2

Two Hearts.png

セバスチャンがいるときに部屋に入る。

詳細 
セバスチャンがパソコンで作業しています。作業が終わると、セバスチャンは自分がプログラマーでありクライアントのプロジェクトに取り組んでいると述べます。パソコンに通知が届き、セバスチャンはサムが出掛けたがっているようだと説明しますが、外には出たくないようです。そのときロビンが部屋に入ってきて、アビゲイルがセバスチャンを探していたことを伝えます。セバスチャンは仕事中だと言ったかロビンに尋ね、ロビンはそう言ったと答えます。そしてそれでもアビゲイルが来ると言っていたことを伝えます。ロビンは部屋から出ていき、セバスチャンは誰も自分の仕事をまともに取り合わないことへの苛立ちを露わにします。

ハート4

Four Hearts.png

午前11時から午後5時の間にに行く。

詳細 
セバスチャンが家のガレージでバイクの手入れをしています。セバスチャンは、バイクが彼のもので、時々ひとりでスターデューバレーから離れたところまで遠乗りするのだと説明します。彼は、あなたが望めばいつか一緒に乗ってもいいと伝えてきます。

ハート6

Six Hearts.png

セバスチャンがいるときに部屋に入る。

詳細 
セバスチャンはあなたに声をかけ、「ソラリオンクロニクル」というゲームを一緒にやらないかと誘ってきます。あなたは1つのシナリオをプレイし、AからDまでのスコアがつけられます。以下の選択肢からジョブを選びます。
  • "戦士。直接攻撃に向いている。" (友好度は変わりません)
  • "癒し手。仲間のサポートが得意。" (友好度は変わりません)
  • "魔法つかい。とぎすまされた精神力は、剣の威力をうわまわる。" (友好度は変わりません)

どのジョブでもスコアAを取ることができますが、そのためのルートは選んだジョブによって異なります。しかしながら、ジョブは友好度には影響を与えません。

戦士でスコアAを取る:正面から入り、スケルトンガードと戦い盾を構える。左側の緑色に光る通路を進み、カプセルを壊す。敵が呪文を唱えている時に仲間を守る。ボスに攻撃してシナリオクリア。

癒し手でスコアAを取る:正面から入り、スケルトンガードと戦い盾を構える。左側の緑色に光る通路を進み、カプセルを壊す。魔法つかいのセバスチャンを癒す。セバスチャンは礼を言い、一撃でボスを倒す。

魔法つかいでスコアAを取る:正面から入り、スケルトンガードと戦い盾を構える。左側の緑色に光る通路を進み、カプセルを壊す。敵が呪文を唱えている時に「盾の呪文」を唱える。敵の攻撃がセバスチャンに当たるが「盾の呪文」が攻撃を跳ね返し、敵の顔に当たって敵が倒れる。

ハート8

Eight Hearts.png

雨の日、正午から午後11時までの間にビーチに行く。

詳細 
セバスチャンが桟橋に立っています。彼はあなたが雨の日に外に出ていることに驚きます。彼は、他の人と一緒にいると不安になるけど、あなたとはそう感じないと言います。セバスチャンは傘を開き、一緒に入るよう促します。

Sebastian Eight Heart Event.png

ハート10

Ten Hearts.png

午後8時から夜12時までの間にに行く。

詳細 
セバスチャンが家の外にいます。彼はちょうどオートバイで出掛けるところだったと言います。あなたを一緒に乗せ、考え事をするためによく来るという街の景色が見える場所に連れて行きます。

彼はタバコを何度か吸い、街をどう感じたかあなたに尋ねます。4つの選択肢があり、うち1つはタバコをやめるよう伝える選択肢です。これを選ぶとセバスチャンは少し困ります。母親みたいだと言い、確かに良くないと言ってやめる決意をします。

プレイヤーキャラクターが女性の場合、彼は普段ここに女性を連れて来ないと言います。男性の場合、こんな気持ちになるのは初めてだと言います。

彼は本当の気持ちを告白し、満月の下であなたを抱き締めます。

Sebastian Ten Heart Event 1.jpg

ハート14

Fourteen Hearts.png

雨の日、午前6時から午後7時の間にに向かう。

詳細 
セバスチャンは湖のそばにいて、やってきたあなたに気がつきます。来てくれてうれしいと言い、 茂みの中に隠れているケガをしたカエルを助けるのにあなたの手を貸してくれないかと頼みます。あなたが彼の左の茂みまで向かい、それを揺するとカエルがセバスチャンのいる方向に跳び出してきます。 上手く掴んだ彼は心配そうな顔をしてカエルのことをあなたに話します。カエルは全ての足をケガしていたのです。 あなたは次のように答えます:
  • "彼に何かしてやれないかな?" (友好度は変わりません)
  • "もう私たちの新しい息子だ..." (友好度は変わりません)
  • "彼が生きていけるとは思わないよ" (友好度は変わりません)
  • "彼を健康状態に戻そう!" (友好度は変わりません)

セバスチャンはあなたの反応に応じて返答し(カエルを息子だといった場合はあなたをからかうでしょう)、カエルを家に連れて帰ることにします。

次の日、午前6時20分から午後7時の間に家に入るとイベントの続きが発生します:

セバスチャンは、自室のソラリオンクロニクルのゲーム卓を片付けて、代わりに水槽を置いています。 彼は、カエルが野生ではもう生きては行けないだろうと思い、カエルのために水槽を準備したと言います。彼はカエルの健康状態が回復したのを喜びますが、カエルが独りぼっちになってしまうことを心配します。あなたは次のように答えます:

  • "カエルの安息所でも作ってみれば?" (友好度は変わりません)
  • "彼なら平気だよ。" (友好度は変わりません)

カエルの安息所について提案すると、セバスチャンは安らげる場所を作るのに意欲を示します。もう一方の返答では、一応同意しつつもやはり友だちの一人くらいいた方が良いと言います。いずれの返答にしてもあなたは再び反応します:

  • "とにかく、何でそんなにカエルが好きなの?" (友好度は変わりません)
  • "本当はそんなに家にいて欲しくないな。" (友好度は変わりません)
  • "君に新しい趣味ができてうれしいよ。" (友好度は変わりません)

どうしてカエルが好きなのか尋ねた場合、 彼は雨の中を外出する習慣の中でカエルに強い絆を感じるようになったと話します。新しい趣味が出来たことを喜んだ場合、彼は体を使った趣味ができたことに熱意を示し、カエルの繁殖も挑戦してみるかもしれないと言います。

家にカエルがいて欲しくないことを言うと、依然としてカエルを留め置くことを譲らず、自分の部屋の中では好きなようにさせてもらうと言い放ちます。 イベント後、彼の部屋には水槽が置かれたままになります。よく1、2匹のカエルが跳びはねているのを確認できるでしょう!


グループテンハーツイベント

Ten Hearts.png

プレイヤーが未婚で、花束を贈る事が可能な全ての独身男性に贈り、またその各独身男性たちの友好度ハートを10まで上げ、ハート10で起こるイベントを全て見たあとにスタードロップサルーンに入ると、カットシーンが流れます。

詳細 
プレイヤーが持ち物にウサギの足を持っている場合、カットシーンはビリヤードの親善試合になります。

プレイヤーがウサギの足を持っていない場合、全ての独身男性たちは、プレイヤーが一度に独身男性たち全員と付き合っていることに怒ります。プレイヤーが会話のどの選択肢を選んでも、全独身男性はイベント後約一週間、プレイヤーに対して「よそよそしい態度」を取ることになります。彼らは贈り物や会話をしようとするとそれらを拒否し、怒りの込もった台詞を言います。約一週間後、全独身男性はプレイヤーを許し、会話は正常に戻ります。

このイベントはセーブデータごとに一回だけ発生します。

結婚

人魚のペンダントをセバスチャンに渡して婚約と結婚を行います。

詳細 
セバスチャンの部屋。

人魚のペンダントをセバスチャンに渡すと、彼はあなたのプロポーズにとても驚きます。そして準備は全て彼がやるので、結婚式は3日後にしようと伝えてきます。セバスチャンは、彼の髪の色と同じ紫色のスーツを身につけます。

に追加されるセバスチャンの部屋は彼の実家と同じデザインで、小さなテーブルとソファ、パソコンが置いてあります。また、の裏の小さなスペースに彼のオートバイをセッティングし、ときどきそこに行って整備をします。

Sebastian marriage ceremony.jpg

結婚後の行動

詳細 
セバスチャンは結婚後、2つの特別な行動をとります。

1: あなたのために仕事をします。


2: 午前中にときどきアイテムをプレゼントしてくれることがあります。持ち物がいっぱいの場合はアイテムを受け取れません。

消費アイテム
画像 名前 説明 エナジー 体力 ボーナス 売値
Coffee.png コーヒー かぐわしい香りの飲みもの。飲めばからだがシャキッとする。

Energy.png 3

Health.png 1

Speed.png 速度(+1)Time Icon.png 1分23秒 Coin Icon150g
鉱山のアイテム
画像 名前 説明 売値
Amethyst.png
アメシスト むらさき色をした水晶の一種。 Coin Icon100g
Cave Carrot.png
洞窟ニンジン 洞窟に生えるでんぷん質の根っこ。坑夫たちのおやつとして知られる。 Coin Icon25g
Frozen Tear.png
イエティのなみだ うつくしい結晶。言い伝えによると、イエティのなみだが凍ってできたのだという。 Coin Icon75g
Obsidian.png
黒曜石 溶岩が急速に冷えてできるガラス質の火山岩。 Coin Icon200g
Void Essence.png
闇の結晶 闇のエネルギーをたたえた物質。こきざみにふるえている。 Coin Icon50g
Bat Wing.png
コウモリのつばさ おどろくほどもろい素材。 Coin Icon15g

の28日には、新年を祝うためあなたにビールを差し出します。

セリフ集

通常時 

初対面

「ああ。ここにきた ばかりかい?へぇ。他にも 町は あるのに、 どうしてペリカンタウンに したんだ?」

普段のセリフ

「やあ。…何か 用かい?」
「オレが 突然 いなくなっても、 問題でも あるのか?」
「思ったんだけどさ… 人々は 水の上を 跳ねる 石みたいなもんだって。いずれ みんな 沈むんだ。」
「今日は 何を しようかな?たぶん、 何も しなさそうだ。」
「町にいる オレの 友達は サムだけ かもな。アビィも いい人 だけど…いいや、なんでもない。」
「昨晩 洞窟へ コッソリ 行ったら、 カニに ひどい 切り傷を つけられてな。絶対誰にも 言うなよ。」
「どうして みんな マルのことを 気に入るんだろうか?たしかに あいつは スマートで 人当たりは いいけど、 ただ 構って ほしいだけ だって 誰も 分からないのか?ごめんな…」
「えっと…お前の ことは よく知らないんだ。」
「えっ?聞き逃しちまった…ほかのことを 考えるのに 夢中でさ。何の用だい?」
「いい加減、 オレも 何か 生産的な ことを しないと。すぐ 集中力が 切れてしまうんだ…もっと コーヒーを 飲んだほうが いいかな?」
「ねぇ、お前の 名前は <プレイヤー>だったかな?」
「いい 週末を 過ごしてるかい? …そりゃ 良かった。」
「普段は 外へ 出ないけど、 時々 ビーチへ 行くんだ。だいたい、 雨が降ってる時に 限るけどね。よく わからないけど、 暗い空を 見つめたく なるんだ…オレにはわからん。前に進むことに 価値が あるような そんな 気がする。」

アビゲイルと結婚している場合

「町にいる オレの 友達は もう サムだけ かもな…」

ハート6以上

「いい 靴を 履いてるな!いい 髪型 じゃないか。ちょっと 遊ばないか?」
「町にいる オレの 友達は お前と サムだけ かもな。」
「オレみたいな人が 牧場で 生活する 姿を 想像 できるか?すごく バカげてる。」

ハート8以上

「オレが 牧場で 生活する 姿を 想像 できるか?バカげてる だろうけど、 最近 そんなことを 考えて しまうんだ。」

金曜日

「最近 どうだい?今夜は また、 ビリヤードで サムを 叩きのめすつもりさ。」

「みんな 晴れの日は 幸せそうだな。オレには 理解できないよ。」
「寒くて 湿った 季節が 待ち遠しいよ。そのほうが 落ち着くんだ。」
「外へ出る 意味なんて あるのか?目新しいものは ないのに。」
「もし オレを 泳ぎに 誘ってるのなら、 絶対に お断りだ。って、 ただ あいさつを したかっただけか?ごめんね。」
「日が暮れるまで、 外の 気温は 本当に 不快なものさ。池の そばは 少し 涼しいかな。」
「ふわぁ… どうも。」
「今夜は キノコの キャセロール じゃないことを 祈ってるよ…」
「オレは 普段、 暗くなってから 外へ 出るんだ。お前は 変だと 思うかい?」
「昨晩、 コウモリの群れが 池の周りを 飛んでるのを 見たんだたぶん、 この時期の 蚊を エサに してるんじゃないのかな。」

検診時

「ああ、くそっ…忘れてた。きょうはハービー先生のところに行くんだった。」
「えっ、ここでなにしてるんだ?おい、こっちはハダカになってたかもしれないんだぞ!」

ハート6以上

「快晴の日は みんな すごく 幸せそう…人によって 好みは 違うから だろうな。」
「やぁ、 来てくれて うれしいよ。お前は どうやって 暑さを しのいでるんだい?」

ハート8以上

「どうして オレは にやけているのだろう。最近、 妙に 喜ばしい 気分に なってるんだ…」

「今は… 大収穫の 季節だったかな。」
「たぶん、 お前の 牧場も かなり 儲かるんだろうね。オレも 早く 仕事を 探さないと…」
「あれも これも カボチャ、 カボチャ… 季節ものには うんざり してくるよ。」
「ふぁわ… いま何時だ?昨晩 寝すぎたかも しれない。」
「部屋に 窓が あったら、 もう少し 部屋も 明るくなったかな…」
「今日は ベッドから 出ないで 一日を 過ごしかけたよ。そのほうが 良かったけど。」
「陽の 出てる 時間が 日増しに 減ってるね… いいことだ。」
「スピリット・イブのお祭りに期待してるのかい?オレもあれは好きかな。」

ハート6以上

「オレに 指図 ばかりして、 ディメトリウスは 何様なんだ?本物の 父親でも ないくせに。」
「牧場に ついて 書かれた 本を 読んでるんだ。お前の ことを 思い浮かんでしまうよ。もし 変に 聞こえたら ごめんな。」

ハート8以上

「来てくれて よかった。すごく ヒマだったんだよ。お前が信じるかは わからないけど、 元気が でた感じが するよ。」

「この 暗い 天気を 楽しんでいるんだ… でも、 少し寒いかな。」
「もう 何に 対しても 驚かないし、 何に 対しても 笑えない。ああ…ちょっと カッコつけてた だけさ。」
「うーん…特に 何も 言うことは ないね。お前の ことは あまり 知らないから。」
「なぁ…新しい 話題を 考えるのは 時々難しく 思えるんだ。いくら 相手のことを 知っててもさ。…ごめんな。"」
「なぁ、 仕事の手を 止めてまで オレに 会う 必要は ないんだ。忙しくなかったら、 一緒でも いいけど。」
「今夜の 夕食は なんだろう… ぶつぶつ…」
「線路の 近くに 住むのって 結構 楽しいよ。外の世界が 存在するのを 思い出させて くれるからさ。」
「冬は カエルにとって 厳しい 季節だな。かわいそうに。」
「雪だるまを 作ったけど、 ディメトリウスに 処分 させられたんだ。#$e#何が 不満なんだ?」

ハート6以上

「母さんが マンガの コレクションを 捨てた時、 僕は 大声を上げそうな くらい 怒ったよ…でも、 なぜか 声を 出せなかった。うーん… これが 年の功かな。」
「料理を 覚えようかな。いずれ 役に 立ちそうだ。」
「冬は 好きだけど、 動物が 寒がるのを みると 気の毒に 思えるんだ。たぶん、 オレみたいに 慣れてるだろうけどさ…」
「雪だるまを 作ったけど、 ディメトリウスに 処分 させられた… でも マルの 小さな 雪だるまは そのままなんだ!ひどすぎるよ。」

ハート8以上

「昔、 列車の 来る音が 聞こえたら 線路まで 行って 見に行ったんだ。あの日々は いったい どこへ いったんだろう… はぁ…」

10ハートで独身の時

「あー…お前、 独身だろ?ちょっと 気になっただけさ!」

花束を贈った際

「…本気で付き合っちゃおうか? ちょっとドキドキするな。」

お付き合い(10ハート)

「オレに 会いにきたのかい?」
「さっき お前の ことを 考えてたんだ…」
「もし お前が 本当に 泳ぐなら…僕も やるかな。」

婚約時

「お前が町にやってきたときは、まさかこうやって結婚することになるとは思ってなかったよ。人生って不思議だよな」
「あと3日もしたら、オレは牧場で暮らしてるんだな。信じられないよ。まあ、楽しみだけどな。」
イベント時 

エッグフェスティバル

「昔はくさったタマゴを投げて遊んでたんだ…ルイス町長にすぐやめさせられたよ。」

婚約時

「エッグハント、がんばれよ。応援してるから。」

(春の12日)

「祭りは あんまり 好きじゃないんだ。騒がしいし、 人も 多すぎるし…僕にとっては、 楽しさより ストレスが たまるね。」

フラワーダンス

「ハァ…」

(お誘いを断る際)

「いいや…一緒に 踊りたい 相手は 他に いるんだ。」

(春の23日)

「うーん…明日は 一番 嫌いな 祭りが 開催されるんだった。フラワーダンスの時、 オレが どれだけ バカっぽく 見えるか。」

ルアウパーティー

「いつだったか、サムが持ちよりスープにすごい量のアンチョビをぶちこんだんだ。サムが奉仕活動させられてるワケ、察しついただろ?」

結婚時:

「機嫌が悪くならないように、なんとかがんばってるとこさ…」

(夏の10日)

「へへ…明日の 寄せ鍋には ひどいものを いれて 反応を 楽しもうかと 思うんだ。もちろん、 無害なものをね。#$e#どうして 台無しに するかって?うーん…堅苦しい 社会構造や 決まりごとを ぶち壊すことで 解放された 気分に なる人も いるんだろう。ただ オレが 変なだけかも しれないけど。」

ゲッコウクラゲのダンス

「なあ、あそこでなにか動かなかったか?…なんだかデカくて、黒い…ウソだよ。おどかそうとしただけさ…」

(夏の27日)

「明日は みんなで 桟橋に 集まって、 クラゲの 大移動を 見るんだ。10時ぐらいから 始まると 思う。」

スターデューバレーまつり

「きょうはさわがしくなりそうだな…しばらくはこのへんにいよう。」

婚約時:

「ああ、<プレイヤー>。おれはサムに会いに行くよ。そっちも行って楽しんでこいよ。」

スピリットイブ

「あのガイコツたち、どうやって歩いてるんだ…気味悪いな。でも、めちゃくちゃイカしてる。」

婚約時:

「1匹くらい、牧場につれて帰ったらおもしろそうだな。」

(秋の26日)

「明日はスピリット・イブのお祭りだ。今年もまたあのガイコツが展示されればいいなぁ。オレにとっては、なんだか親近感が沸くからね。」

氷まつり

「カゼをひかないかって?平気さ。一度もひいたことないね。」

婚約時:

「おれのことは心配いらないよ。カゼは引いたことないんだ。」

冬星祭

「家族とすごすっていうのも、たまにはうんざりするよ。」

婚約時:

「ああ、<プレイヤー>。ごらんのとおり、家族の義務をはたしてるところさ…」

(冬の24日)

「今日は 冬の 星 祭り だね。翌日の ごちそうの ために、 ちゃんと 腹を 空けたほうが ほうが いいよ。」
結婚後 

日中の屋内

「お前と 一緒に 生活していると、 閉じこもるのを 少しでも やめるよう 言われてる 感じだ。オレにとっては いいこと だろうな。」
「ねぇ、昨晩は 眠れたか?寝言が 聞こえたぞ。何か 怖がってた ようだが、正直なところ… かわいく 見えたな。」
「昨晩は 眠れなかったから、 バイクで 少し 出かけてた。結婚した 後でも、 こうやって 一人で 動きたいんだ。それが オレの あり方 だからな。でも お前のことは 愛してる。」
「年を取るに つれて、 都会への 魅力が 薄れていくんだ。確かに 神秘的な 感じは あったさ。でも 実は ただの ロマンスファンタジー だった。都会は 人で 溢れかえった 忙しい 場所で…オレには 合わない。群れるタイプじゃ ないからな。」
「この家、 オレが 住んでた 地下室より ずっと いい場所だな。」

コーヒーを淹れてくれる際

「なぁ… コーヒー 飲むか?オレは 少し 飲みたかったんだ… 悪夢のせいで 早くに起きて、 二度寝 できなかったからな。」

自室にいるとき

「今日は 仕事するか、 ずっと マンガ読むかで 悩んでるんだ。なぁ、 冷凍庫に ピザは あったか?腹が減ったんだ。」

日中の屋外

「今日は 何かを したい 気分だが… その 何かが 思いつかない。<プレイヤー>も そんなことが あるか?」
「オレは ここから お前を 見てるぜ。見ていて 楽しいからな。」
「うーん… 健康のために 時々 外へ 出るよう 自分に 言い聞かせなきゃな。#$e#よく わからないけど、 屋内のほうが 好きだ。あの 暗い 地下の 部屋に 慣れすぎた だけかもな。」
「結婚したんだから、 この 弱い体を 何とか しなきゃな。トウガラシを もっと 食べて、 体を 動かしたほうが いいか?まぁ、 そう思っただけさ…」
「もっと スライムを 育てようぜ…大規模で 育てれば、 それなりに もうかるはずだ。それに 飼育も 簡単だからな。あと、 スライムの 色が 違うと 生産物も 異なる。よく知らないけど、 趣味としては 楽しいんじゃないかな。」
「前の 暮らしとは ずいぶん 変わったけど、 好きに なってきたよ。本当に ここに なじんできた 感じが するんだ。」
「ここに立ってると、またタバコを吸いたくなるよ…でももうやめるって決めたんだ。」
「朝早くに起きて、 作物に水を やったよ。 お前の 負担が 少しでも 軽くなればいいな。」

裏庭にいる際

「バイクでちょっとそこまで出かけてくる。なにか買ってこようか?」

夜の屋内

「実家では よく、 受け入れられてない 気分に なったさ… でも ここは 自分の 本当の 居所 みたいに 感じる。<プレイヤー>、オレを 受け入れてくれて ありがとうな」
「俺達だけの 場所を もてるのって 最高だな。誰にも 邪魔 されることなく、 やりたいことを 自由に やれる。オレが いなくなって、 マルは 清々した だろうな。」
「ねぇ、今日は 家の周りを ブラブラ してたんだ。普通の 一日 だったな……家から見る 景色は 最高だな。玄関から、 日暮れ時の ペリカンタウンを 見ることが できるし。」
「たぶん、 コーヒーを 飲みすぎた かもな…まったく 疲れを 感じないぜ。牧場の 生活リズムに あわせようと してるんだ。前は、 午後2時に 起きて 午前5時に 寝る 時も あったからな。」
「さっき 窓から コウモリが 見えたんだ。コウモリは 結構 見えにくいが、 集中して 良くみれば、 チラッと 見えるだろう。その辺に いるはずだ。」
「オレは 一匹狼 だろうけど、 お前が そばに いると うれしいんだ。」
「やぁ、<プレイヤー>。よく 帰ってきたね。お前が そばに いると 落ち着くんだ。」

雨の日の日中

「やっと… 大雨か。晴れの日は すぐ 飽きてくるんだよ。"」
「今日も雨か… いいな。寒がってるなら… こっちへ おいで。」
「ねぇ、前に 住んでいた 地下の 部屋の ことを 考えてたんだ。住み心地の いい場所 だったけど、 ここのほうが もっと 興味深いな。それに、 あの匂いも 恋しくないし…母さんの 家に 長い間 住んでいたことが 恥ずかしく 思えるよ。」
「今日は ただ 横になって、 本を 読むか 何かするには 良い日だと 思うけど… どうだろう?」
「夜明け前に 目を 覚まして、 牧場の 近くを 散歩したんだ。本当に 穏やかな ひと時 だったよ。」

プレゼントをくれる際

「ねぇ、昨晩 眠れなかったから、 ちょっと 洞窟まで 散歩 してたんだ。こんなものを 見つけたけど… いる?時々 眠れなくなるけど、 それは お前の せいじゃない。愛してるよ。」

雨の日の夜

「今日は ノートPCで 仕事を してたんだ。作りたいゲームの アイデアを ひらめこうと していた ところさ。お前の 牧場の 収入の おかげで、 オレは やりたいことが 自由に できる。本当に すばらしい 生活だ。本当に ありがとう。」
「あなたの 一日は どうだった?モンスターと 戦ったか?#時々 そうやって ストレスを 発散しに いくのも 良いだろ?」
「結婚したから、 禁煙 しようと がんばってるんだ…お前を 残して 死なないようにな。タバコは 悪い クセだ。俺達 二人の 未来の ほうが 大事だしな。」
「今夜は 魔女が 家に 来るかな?ハッ… 人生、 そこまで 面白くも ないか…」
「ああ、 夕食が できてなくて すまない。冷蔵庫の ピザか 何かを 食べようか。まぁ、 ちょっと 他のことに 気が 行ってたんだ。家事を 忘れないように するのって 難しいな…」
「雨に 飽きることは ないだろうな… 特に こんな 田舎ではね。」

友好度が高い状態

「ねぇ、オレを 見てくれ。お前は オレの 全てだ… 愛してるって ことを 忘れないでくれ。さあ、 お金を 稼ぎに 行くんだ。」
「なぁ… こっちへ きてくれ。今日は イケてるな。」
「一日じゅう 牧場の 仕事をして 汚れても、 お前が ステキなのは 変わらないな。」
「あんまり 表には 出さないが、 お前の 夫に なって とても 幸せだぜ。お前との 結婚は、 オレの人生で 最善の決断 だったな。」
「オレのことは まったく 気にしなくてもいい。一人で 時間を過ごすのが 好きだからな。」
「時々 怒りが こみ上げて来るが… お前を 見ると いつも 落ち着くんだ。$7#$e#たぶん、 年を取れば オレも 温厚になるんだろうな。」
「お前は タフだって 分かってるけど、 時々 心配に なるんだ。ライフ エリクサーや 硬い ブーツを 持たずに モンスター狩りに 出るなよ。 いいな?」
「今日は 本当に 何もしたくない 気分だ。テレビでも 見るかな。」
「友達なんて いらない。お前さえ いれば、 それでいいんだ。変だと 思うか?まあ、 オレは みんなとは 違うし。」

友好度がふつうの状態

「散歩の時、 できるだけ 人を 避けようと してるんだ。少し 話を しなきゃ ならないって 圧力が 嫌いだからな。」
「今夜、 ベッドで お前の 一日に ついて 聞かせてくれないか?今は 忙しいんだ…」
「今日は 町へ いくのか?そこで 何をする つもりなんだ?」
「今日は 洗濯を できるはずだ…お前は 牧場の 運営で 忙しい だろうし。」
「お金には 困ってないか?オレの ノートPCを 売るは イヤだぜ…」
「もし 町の 友達と 会いたければ、 かまわないぜ。やっぱり オレは 一人のほうが 落ち着く からな。」
「家の掃除は 楽しくないが、 音楽を聴きながら やると 結構 早く 終わるもんだな。」
「留守の間に 少しぐらい 掃除でも してくれれば よかったな…仕事の後に、 ゴミを かきわけていくのは まったく 良いことじゃないし。」

友好度が低い状態

「なぁ、 ちょっと 一人に なりたいんだ。少しの間、 お前は 外で 自分のことを やったら どうだ?」
「何の用だ?まるで 義父さん みたいなことを 言うな。あっちへ 行ってくれ。」
「この 場所が 墓場みたいに 思えてきたよ。」
「また タバコを はじめたよ…最近 ストレスが たまってきたからな。」

他の独身住民にプレゼントをした場合

「きょう、<住人の名前>にプレゼントを贈ったって聞いたけど… まさか浮気じゃないよね?」

外出時

「今日は 散歩に 行く つもりさ。一人になる 時間が ほしいんだ。また 夜に 会おう。」

ロビンの家にて

「おれがよってくと、母さんの顔が明るくなるんだ。しあわせそうでよかった。」

帰宅後

「話すことは あまり ないが、 良い 一日を 過ごせたよ。お前のは どんな 一日 だったか?」

スタードロップをくれるとき

「ねぇ…愛情のしるしとして、このフルーツをあげる。」

妊娠中 {{quote|ハニー、わかるか? お前、妊娠したんだぞ。}

「<プレイヤー>、もうすぐ赤ちゃんができるな。」

子どもが一人いるとき

「まだ 父親としての 生活に 慣れようと してるところさ。大丈夫、 <1人目の子ども>の 面倒は 見てやるから!ただ… 新しい 経験だからな。」
「<1人目の子ども>が もう少し 大きくなったら、 バイクに サイドカーを つけて、 みんなで ツーリングでも しようか。」
「<1人目の子ども>の 匂いを かいだか?そろそろ お風呂に 入れてやるか…」

子どもが二人いるとき

「ちゃんと 子供達には メシを 食べさせたぞ…また、 オレのシャツが チョコミルクまみれに なったけどな。」
「<1人目の子ども>と<2人目の子ども>が 仲良く してくれると いいんだがな。オレは 昔、 いつも マルと ケンカしてた。あの頃を 思い出すと、 だいたい オレが 悪かったんだな…」
「最近、 <2人目の子ども>が シャドウシャーマンの 衣装を 着て、 かがやく カボチャの 上に 座っている 夢を 何度も 見るんだ。変な 夢だろ?」
「<プレイヤー>、 俺達は 長い道を 歩んできたんだな。オレたちの家族を見てみろよ。正直、 オレは 自分が こんなことに なるなんて 思いもしなかった。実現した 今となっては 気に入ってるぜ…」
「なにもかも問題なし。これからは、<二人目の子ども>が家族の一員になるんだな。すごく恵まれてるよなあ。」
「あたらしい家族か…時がたつのって早いもんだなあ。」

「オレの肌、 すごく 白いな…この 季節の 農作業を 手伝ったほうが いいかも知れない。」

春の1日

「ああ…頭が痛い。新年おめでとう…」

エッグフェスティバル前日

「明日の 祭りを 楽しみにしてるのか?また サムと 会えるのが 楽しみだな。」

フラワーダンス前日

「ああ… 明日は フラワーダンス だったか?行かなきゃ ならないのか?あの きつくて ひどい ジャンプスーツを 着るのは イヤなんだ。なんで ルイス 市長は あんなことを させるんだ?」

フラワーダンスにて、 お誘いを受けたとき

「…どうしたの? うーん…やらなきゃダメか?わかった。」


「オレは この夏、 できるだけ 家に いるように するよ。」

夏の1日

「夏が来たか…この 色白な 肌を 維持するには、 日焼け止めを 大量に 塗らなきゃ いけないな…」

ルアウパーティーの前日 {

「今夜のルアウスープに何を入れるか考えたか? オレは何がいいか分からないがな… お前が決めてくれ!」

ゲッコウクラゲのダンス前日

「涼しくなりはじめたな。いい感じだ。明日の夜は一緒に祭りへ行かないか?オレは実際のところ祭りを楽しめてるんだ。」


「母さんは いつも、 秋に おいしい カボチャの スープを 作ってくれるんだ。」

秋の1日

「一晩で バレー 全体の 雰囲気が 変わった 感じだ…秋が 来たから だろうな。」

スターデューバレーまつり前日

「スターデュー バレー フェアは 人が 多すぎる 印象が あるな… でも オレは、 サムと 一緒に 遊ぶつもりさ。あいつの 近況を 知るのも 良いことだしな。お前も 屋台で 遊んだほうが いいぜ!俺のことは 気にするな。」

スピリットイブ前日

「明日の スピリットイブには 期待してるんだ。いったい どんなものが お目にかかれるか。」

「サムは 今 どうしてるんだろうかな。オレは サムと すごく 仲がよかったんだ」

冬の1日

「この 冬は 何を 予定してるんだ?お前に とっては ゆっくりできる 時期だろうけど。」

氷まつり前日

「明日の 釣りコンテストには 参加する つもりか?」

冬星祭前日

「今日は 冬の 星 祭り だね。翌日の ごちそうの ために、 ちゃんと 腹を 空けたほうが ほうが いいよ。」

冬の28日にビールをくれたとき

「<プレイヤー>、 良い 一年を ありがとう。ちょっとは 祝おうか。来年は もっと いい年に なるはずさ。」

離婚後

「なんでうっとうしくついてくるんだ?もう、お前のことは忘れたいんだよ。」

クエスト

ポートレート

トリビア

  • セバスチャンの寝室には、牧場物語の主人公に似たキャラクターのポスターがあります。
  • あなたがすでにセバスチャンに花束を渡していて、社会的タブが彼を "恋人"と表示していても、彼はあなたが独身かどうか尋ねてくることがあります。
  • 金曜日、ロビンが「セバスチャンの部屋で灰皿を見つけたの。その灰皿はすごく変なにおいがするのよ。これについて私は心配するべきかしら?」と言うことがあります。この事は彼が自室でマリファナたばこを吸っていることほのめかしているのかもしれません。(他の意味の可能性あり。原文ではsmoking pot)

変遷

セバスチャンの見た目はゲームの開発中、何年にもわたって進化してきました。これはゲームがリリースされるまでの数年間での、ConcernedApeの絵とセバスチャンのスタイルの変遷です。

Sebastian Timeline.png

更新履歴

  • 1.0: 初登場。
  • 1.1: 結婚後、家の裏スペースにオートバイが追加されるようになりました。
  • 1.3: グループテンハーツイベントが追加されました。
  • 1.4: 14ハートイベントを追加。ハチミツ酒が大嫌いになりました。