エミリー

提供: Stardew Valley Wiki
移動先: 案内検索
Robin building.png
私にはやることがいっぱいあるの
- ロビン

不完全な翻訳

この記事またはセクションはまだ完全に日本語に翻訳されていません。あなたがこのテキストを編集して、記事の作成をサポートしてくれることを歓迎します。
Margotbeanによって最後に編集されました 2020-07-04 20:55:46.

エミリー
Emily.png
情報
誕生日: Spring.png の27日
エリア: ペリカンタウン
住所: ウィロー通り2番地
家族:

Haley Icon.png ヘイリー(妹)

友達:

Sandy Icon.png サンディ

結婚: 可能
ベストプレゼント: Amethyst.png アメシストAquamarine.png アクアマリンCloth.png Emerald.png エメラルドJade.png ヒスイRuby.png ルビーSurvival Burger.png サバイバルバーガーTopaz.png トパーズWool.png ウール
「生活のためにガスのところで働いているわ・・・でも本当は、一から服を仕立てたいの。」
- エミリー

エミリーペリカンタウン住人です。結婚可能な12人の住人の一人です。 彼女の家は町の広場の南側にあり、 ジョディの家の右隣で、住所はウィロー通り2番地です。彼女はほぼ毎晩 午後4時から始まる酒場 で働いています。

エミリーは自分の洋服を作るのが好きですが、この町では布地を手に入れるのが困難です。ウール贈り物を喜びます。

スケジュール

Spring.png 

月曜日

時刻 場所
午前9:00 起床。
正午 寝室を離れ本棚に移動。
午後4:30 酒場で働く。

火曜日

時刻 場所
正午 寝室を離れる。
午後1:00 ピエール商店ジョディ,キャロライン, マーニー,ロビン達とエクササイズを行う

水曜日

時刻 場所
正午 寝室を離れ本棚に移動。

木曜日

時刻 場所
午前11:30 この日は寝室にまだいる。

金曜日

時刻 場所
午前11:30 自宅の寝室。
正午 寝室を離れ本棚に移動。
午後12:30 自宅のリビング。

土曜日

時刻 場所
正午 寝室を離れる。
午後12:40 リビングで本棚を眺めている。
午後9:00 自宅の寝室 (友人関係なら入室可能)。

日曜日

時刻 場所
正午 寝室を離れる。

雨の日

時刻 場所
午前09:00 自室テーブル前
正午 自宅本棚
午後15:30 スタードロップへ向かう
午前00:30 スタードロップから帰宅
Summer.png 

月曜日

時刻 場所
午後1:20 リビングの本棚前。

火曜日

時刻 場所
午後1:00 ピエール商店ジョディ,キャロライン, マーニー,ロビン達とエクササイズを行う

水曜日

時刻 場所
午前10:20 自宅の寝室。
午後3:10 自宅のリビング。
午後4:10 酒場で働く。

金曜日

時刻 場所
午前9:00 自宅の寝室 (友人関係なら入室可能)。
正午 リビングに移動して座る。

土曜日

時刻 場所
午後3:50 広場を抜けて酒場へ向かう。
午後4:10 酒場で働く。

日曜日

時刻 場所
正午 寝室を離れて本棚に移動。
Fall.png 

火曜日

時刻 場所
午前9:00 自室にいます。
午前10:20 自宅を離れる。
午前11:00 ピエール商店ジョディ,キャロライン, マーニー,ロビン達とエクササイズを行う。
午後1:00 エアロビクスが始まる。
午後4:00 かなりの運動をしてエアロビクスクラスは終わり、商店を出る。
午後4:50 酒場で働く。
午前00:30 帰宅し、就寝。

水曜日

時刻 場所
午後4:10 酒場で働く。

木曜日

時刻 場所
正午 寝室を離れ本棚に移動。

金曜日

時刻 場所
正午 寝室を離れて本棚に移動。
午後04:00 自宅を離れて酒場へ移動。

日曜日

時刻 場所
正午 寝室を離れて本棚に移動。
Winter.png 

月曜日

時刻 場所
午後1:00 リビングで本棚を眺めている。
午後3:30 自宅を離れる。
午後4:00 酒場で働く。

火曜日

時刻 場所
午前11:10 Enters ピエール商店
午後1:20 自宅に到着します。

水曜日

時刻 場所
正午 寝室を離れる。
午後4:30 酒場で働く。

木曜日

時刻 場所
正午 寝室を離れる。

金曜日

時刻 場所
正午 寝室を離れ、リビングで本棚を眺める。

土曜日

時刻 場所
午後3:30 自宅を離れ、酒場へ働きに出る。
午前00:00 帰宅、就寝。

日曜日

時刻 場所
正午 寝室から出て家の周りをブラブラする。
偏差
基本的にエミリーは午前9:00に目覚めます。午後3:30から酒場へ仕事に出る前の数時間、自宅内をうろつきます。彼女の酒場のシフトは午前00:30までで、帰宅は真夜中になります。

天気や特定の曜日など、何か特定の条件がある場合、彼女のスケジュールは通常とは異なる場合があります。 以下は彼女のスケジュールの変化の度合いが最も高いものから最も低いものへと優先順位付けされています。(例えば、そのスケジュールが雨よりも下にある場合、他のすべてより優先される。)

雨の日

時刻 場所
午前9:00 起床、寝室で時間を過ごす。
正午 自宅をうろつく。
午後3:30 自宅を離れ、酒場へ働きに出る。
午前00:30 真夜中、酒場を出て帰宅する。

火曜日

時刻 場所
午前9:00 起床。
午前11:00 ピエール商店ジョディ,キャロライン, マーニー,ロビン達とエクササイズを行う
午後1:00 エクササイズを開始する。
午後4:00 自宅を離れ、酒場へ働きに出る。
午前00:30 真夜中、酒場を出て帰宅する。

冬の11日

時刻 場所
午前9:00 起床。
午前10:30 ハーヴィーの診療所で毎年の健康診断を行う。 "Most of us visit the doctor for a yearly check-up."
午後1:30 健康診断中。 "Doctor, I'd like to go with the 'natural remedy' if possible."
午後4:00 ハーヴィーの診療所を後にして、酒場へ働きに出る。
午前00:30 真夜中、酒場を出て帰宅する。

金曜日(公民館復興後)

時刻 場所
午前9:00 起床し、寝室で時間を過ごす。
午前10:00 公民館を訪れる。 "What a lovely loom. I'm in heaven right now."
午後3:30 酒場へ働きに出る。
午前00:30 真夜中、酒場を出て帰宅する。

上記以外の場合

時刻 場所
午前9:00 起床し、寝室で時間を過ごす。
正午 自宅内をうろつく。
午後3:30 自宅を離れ、酒場へ働きに出る。
午前00:30 真夜中、酒場を出て帰宅する。
Mermaid's Pendant.png 結婚

月曜日

時刻 場所
午前6:00 キッチン前のストーブにいる。
午前8:30 家を離れて、町に向かう。
午前9:00 ペリカンタウン彼女の家に向かう。
午前9:40 彼女の家の、キッチンの左側に向かって歩く。
午前10:00 キッチンエリアに面する青いスツールの横に立つ。
午後11:40 ベッドへ向かう。
午後11:50 就寝。

火曜日

時刻 場所
午前6:00 郵便受け側の玄関前に立っている。
午後1:00 自宅に入る。
午後1:10 自宅をうろつく。
午後10:00 ベッドへ向かう。
午後10:20 就寝。

水曜日

時刻 場所
午前6:00 キッチンストーブ前。
午前6:20 自宅をうろつく。
午後10:00 就寝。

金曜日

時刻 場所
午前11:30 ドックで海を眺めている。

日曜日

時刻 場所
午後10:00 帰宅し、就寝。

人間関係

エミリーは妹のヘイリーと一緒に暮らしていて、彼女達は共に2年前から世界旅行をしている両親の家を手入れしています。彼女はスタードロップサルーンのパートタイムの従業員としてガスと一緒に働いています。彼女はサンディと友達で、両方とも言及しています。サンディとの最初の出会いのとき、彼女はカリコ砂漠へのバスが再び開通する前からプレイヤーの存在を知っていて、その町に来た新人についてエミリーに手紙を書いたと言います。

いくつかのセリフやカットシーンから、クリントがエミリーに好意を抱いていることが分かりますが、彼はシャイな性格のために彼女にそれを言い出せません。

プレゼント

主な記事:友好度
参照:プレゼント早見表

プレイヤーはエミリーに週2回(誕生日に1回)プレゼントすることができ、それによって彼女との友好度が上がったり下がったりします。彼女の 誕生日(春の27日)にプレゼントすると8倍の効果があり、特殊な会話が見られます。

大好きな、もしくは好きなプレゼントの場合、エミリーはこう言います:

「誕生日プレゼント? 親切にどうも、 ありがとう!」
「誕生日を覚えていたのね! ありがとう。これは いいものね。」

普通のプレゼントの場合、エミリーはこう言います:

「誕生日プレゼント? ありがとう。」

嫌い、もしくは大嫌いな贈り物の場合、エミリーはこう言います:

「あら… 誕生日プレゼントに? ありがとう…」

大好き

「こんなプレゼント、うっとりしちゃうよ!ほんとにありがとう!」
画像 名前 説明 入手方法 材料
Emily Happy.png
Amethyst.png
アメシスト むらさき色をした水晶の一種。 採鉱
Aquamarine.png
アクアマリン 緑がかったブルーにきらめく宝石。 採鉱
Cloth.png
上質なウールで織られたひと束の布。 加工品 Wool.png ウール(1)
Emerald.png
エメラルド 緑色にかがやく貴重な宝石。 採鉱
Jade.png
ヒスイ うすい緑色の石。装飾につかわれる。 採鉱
Ruby.png
ルビー 深い紅色とうつくしい輝きが珍重される貴重な宝石。 採鉱
Survival Burger.png
サバイバルバーガー 探検するときに便利な携帯食。 料理 Bread.png パン(1)Cave Carrot.png 洞窟ニンジン(1)Eggplant.png ナス(1)
Topaz.png
トパーズ レア度は低いがうつくしい宝石。 採鉱
Wool.png
ウール やわらかくてふわふわのウール。 ヒツジ,ウサギ

好き

「ありがとう!このプレゼントからは、ポジティブなエネルギーを感じるよ。」
画像 名前 説明 入手方法
Emily.png
Daffodil.png
ラッパスイセン 古くから親しまれている春の花。贈りものによろこばれる。 採取 -
Quartz.png
水晶 洞窟や鉱山でよく見つかるすきとおった結晶 採取 - 鉱山

普通

「ありがとう!」
画像 名前 説明 入手方法
Emily Neutral.png
Chanterelle.png
アンズタケ おいしいキノコ。フルーティーな香りのなかに、ちょっぴりコショウの香りが混じる。 採取 -
Common Mushroom.png
マッシュルーム 食感がよくておいしいキノコ。ほのかにナッツの香りがする。 採取 -
Dandelion.png
タンポポ 花はパッとしないが、葉っぱがおいしいサラダになる。 採取 -
Hazelnut.png
ヘーゼルナッツ とびきり大きいヘーゼルナッツ。 採取 -
Leek.png
ポロネギ ネギの仲間。あまみがあっておいしい。 採取 -
Morel.png
アミガサタケ 独特のかぐわしい香りゆえに珍重されるキノコ。 採取 -
Purple Mushroom.png
むらさきキノコ めずらしいキノコ。洞窟の深いところに生える。 採取 - 鉱山
Snow Yam.png
スノーヤム 雪の下にかくれている小さなイモ。 採取 -
Wild Horseradish.png
ノワサビ ピリッと辛い根っこ。春の野で採れる。 採取 -
Winter Root.png
クワイ でんぷん質の根っこ。 採取 -

嫌い

「ごめん、(プレイヤー名)。これ、あんまり好きじゃないや。」
画像 名前 説明 入手方法 材料
Emily Concerned.png
Fried Eel.png
ウナギフライ 油っぽいが味はたしか。 料理 Eel.png ウナギ(1)Oil.png オイル(1)
Ice Cream.png
アイスクリーム これがキライな人なんてそういないはず。 料理 Milk.png ミルク(1)Sugar.png 砂糖(1)
Rice Pudding.png
ライスプディング クリーミーでスイートなおいしいおやつ。 料理 Milk.png ミルク(1)Sugar.png 砂糖(1)Rice.png (1)
Salmonberry.png
サーモンベリー 森の香りがする春のベリー。 採取 -
Spicy Eel.png
ピリ辛ウナギ とっても辛い!食べるときは気をつけよう。 料理 Eel.png ウナギ(1)Hot Pepper.png トウガラシ(1)

大嫌い

「このプレゼント、強いネガティブなエネルギーを持ってる。ひどすぎて耐えられないよ。」
画像 名前 説明 入手方法 材料
Emily Annoyed.png
Fish Taco.png
フィッシュタコス おいしそうなにおいがする。 料理 Tuna.png マグロ(1)Tortilla.png トルティーヤ(1)Red Cabbage.png 赤キャベツ(1)Mayonnaise.png マヨネーズ(1)
Holly.png
ひいらぎ 赤い実をつける植物。葉にトゲがある。冬の飾りつけによくつかわれる。 採取 -
Maki Roll.png
巻きずし 魚と米をのりで巻いたもの。 料理 Fish.png (1)Seaweed.png 海草(1)Rice.png (1)
Salmon Dinner.png
サーモンディナー しあげにレモンをしぼると絶品。 料理 Salmon.png サケ(1)Amaranth.png アマランサス(1)Kale.png ケール(1)
Sashimi.png
刺し身 生の魚をスライスしただけの料理。 料理 Fish.png (1)

ハートイベント

常時

友好度が0よりも大きければ、エミリーは贈り物とともに手紙を送ってくれます。受け取る確率はエミリートの友好度に比例して増えていきます。

詳細 
アイテム 説明
Cloth.png Sea Urchin.png ウニWool.png ウール

ハロー!
元気かな?プレゼントを送るね。よろこんでもらえるといいんだけど...それじゃ、またね!

-エミリー

ハート2

Two Hearts.png

エミリーが自宅にいる時に家に入る。

詳細 
エミリーは彼女の部屋で眠っています。画面がパンとフェードし、あなたはエミリーの夢の中にいます。夢の風景は抽象的な形や色、雲、ヤシの木。エミリーは大きな雲の上ある紫色の石の上で浮かんでいます。彼女は浮かびながら瞑想しつつ、『パワーワード』を唱えています。あなたは雲の外に出て、彼女を驚かせます。彼女はあなたが彼女の夢の中で何をしているのか不思議です。レインボー・ストリークが飛び、彼女はそれをある種の兆候や前兆と見なします。あなたは消えて、彼女は目を覚まします。彼女はベッドから出て、あなたには特別な何かがある、私たちの運命はどういうわけか絡み合っているとあなたに言います。

ハート3

Three Hearts.png

エミリーとハート3以上になったあと、彼女はあなたに手紙でレシピを送ってきます。また、それ以降彼女はあなたにプレゼントを送り始めます。

詳細 
画像 レシピ / アイテム 説明
Salad.png
Recipe Overlay.png
サラダ (プレイヤー名)!
この手紙のウラに、超ヘルシーな料理のつくり方を書いておいたよ!
食べればきっといいエネルギーをもらえるはず。それじゃ、またね。
-エミリーより

ハート4

Four Hearts.png

以外の晴れた日に町へ入る。

詳細 
エミリーは晴れた日に彼女の家から出ます。3羽のオウムが飛んで、彼女は手を振ってオウム達を彼女の『友人達』と呼びます。しばらくした後彼女は再び歩き出しましたが、すぐに止まりうろたえました。4羽目のオウムはあまりにも低く飛んで、彼女の家の窓にピシャリとぶつかります。オウムは怪我をしています。エミリーはそのかわいそうなオウムに駆け寄ってあやし、彼女がかわいそうなオウムを世話することを約束します。エミリーは今、彼女の部屋でオウムを飼っています。あなたがオウムの上でチェックボタンを押す(クリックする)と、オウムはピョンピョン跳ね回りわめき立てるでしょう。

(あなたがエミリーと結婚した場合、オウムはあなたの家に移動します。)

ハート6

Six Hearts.png

彼女が家にいるとき、エミリーの家に入る。

詳細 

エミリーの部屋に入ります。 彼女は長い間取り組んできた秘密の趣味をあなたに見せることに興奮しているとあなたに話します。 それから彼女はステレオをオンにして、あなたのために踊り始めます。 ライトと音楽が終わった後、彼女はあなたにパフォーマンスがどうだったかを尋ねます。 3つの選択肢が出されます。

• 「すごかった!」友好度+25
• 「恥ずかしかった…」 友好度-50
• 何も言わずゆっくりと拍手をする。友好度+25

このイベントは、以前はエミリーのフォーハートイベントでしたが、バージョン1.1で変更されました。 そのアップデートで新しいユニークな歌と対話、そしてアニメーションと視覚的な改良を加えられました。

ハート7

Seven Hearts.png

エミリーとハート7以上になったあと、彼女はあなたに手紙でレシピを送ってきます。

詳細 
画像 レシピ 説明
Red Plate.png
Recipe Overlay.png
レッドサラダ (プレイヤー名)!
この手紙のウラに、超ヘルシーな料理のつくり方を書いておいたよ!
食べればきっといいエネルギーをもらえるはず。それじゃ、またね。
エミリーより

ハート8

Eight Hearts.png

その日の営業時間中に町長の屋敷にプレイヤーを招待する手紙が届きます。

詳細 
エミリーはあなたに彼女の「布セラピー」セッションに出席するようにあなたに手紙を送ります。
「(プレイヤー名),

すごく面白いアイディアがあるから、きみに参加してもらいたいんだ..."布セラピー"っていうんだけど。

くわしいことを説明するから、今日、町長の家に来てくれない?

愛をこめて、エミリーより」


町長の家に入ります。エミリーは、町のみんなが自分の真の姿を衣服の形で表現するのを手助けすることを目的としていると説明します。参加したのはルイスアビゲイルシェーンロビンクリントです。それぞれが交代でカーテンの後ろに回ります。エミリーは、「本当の自分を語ってる」衣服を選んで着るように指示し、その次に恐れずに世界に見せるよう大げさに話しました。1つ1つ、あなたはそれぞれのキャラクターの選択を見ることができます。シェーンは完全な"ゴス"の服を着ます。ロビンは上質なドレスを着て髪を下ろして、彼女の女性的な側面を包み込んでいます。ルイス町長は、派手な帽子、ケープ、そして杖と共に現れます。アビゲイルは全身鎧一式で出てきます。クリントは全てを恐れていますがエミリーに彼はおだてられ、彼は先に進みます。彼はボタンアップシャツ、ピンクのショートパンツ、ベレー帽で出てきます。エミリーはそれを見て、 "わああ...かわいい!"と言い、クリントは落ち込んでしまいました。彼がいなくなった後、エミリーはロマンチックな興味を持ってあなたにアプローチします。クリントは突然入ってきて、彼が新しい服装で出かけるにはあまりにも恥ずかしいと言います。彼は何が起こっているかを見て、ひどいと感じます。彼はそれについていくつかのひねくれた発言をして去ります。エミリーは困惑しました。

ハート10

Ten Hearts.png

エミリーから手紙が届き、その日の夜10時以降に秘密の森で会おうとプレイヤーを誘ってきます。(注:雨が降っている日や祭りの日の場合は、翌日にイベントが開始されます。)

詳細 
あなたは秘密の森の中でエミリーとキャンプをします。森から奇妙なうなり声が聞こえます。彼女は寒いと言い、火のそばであなたの近くに寄り添います。熊が森の中から出てきてあなたたちのキャンプ場に近づき、大声でうなり声を上げます。そして、あなたたちはテントに飛び込みます。 クマは周りをうろついたあと、その場を去ります。 エミリーは、寝袋のうちの1つがまだ外にあると言っています。そして、彼女は外に出て、それを取ってくるつもりはありません...そのため、あなたたちは袋を共有しなければなりません。 テントの中で動きが聞こえ、画面が消えて一日が終わります。

翌日、あなたはエミリーから次のような手紙を受け取ります。

「Dear (プレイヤー名),

昨日の夜は来てくれてありがとう...すっごくたのしかったね。クマに会えるなんて、ほんと感激しちゃった!

愛をこめて、エミリーより」

ハート14

Fourteen Hearts.png

午前5時から午前8時20分の間に家から出る。

詳細 
エミリーは家の外に出ており、あなたに声をかけます。あなたのための特別な計画があり、その助けとしてせんいを200個持ってくるように頼みます。これにより、"君の妻の用事"というクエストが発生します。

クエストを完了して3日後、午後8時から深夜までの間に家に入ると、彼女は一揃いの衣装として、エミリーのマジックハットエミリーのマジックブーツエミリーのマジックシャツ、それらに合うジニーパンツをあなたにプレゼントします。 これを着ているとき、あなたの無事な帰りを待っている自分のことを思い出して欲しいと言って、カットシーンは終了します。

グループテンハーツイベント

Ten Hearts.png

もし独身のプレイヤーが全ての独身女性に花束を渡し、彼女たちの友好度を10にまで上げて、全員の10ハートイベントを見ている場合、ウィロー通り2番地(ヘイリーとエミリーの家)に入るとカットシーンが流れます。

詳細 
プレイヤーが持ち物にウサギの足を持っている場合、カットシーンはルイス町長とマーニーの関係のうわさ話で終わります。

もしプレイヤーが持ち物にウサギの足を持っていなかった場合、全ての独身女性たちはプレイヤーが一度に全員とデートをしようとしたことに対し怒りながら説明を求めてきます。その時の会話選択に関係なく、全員、プレイヤーに対し冷たい態度をとることに決めます。彼女たちは話しかけても怒った返事しかしなくなりプレゼントを渡しても断られるようになりますが、およそ一週間を過ぎるとプレイヤーを許し、会話も普通に戻ります。

このイベントはセーブデータごとに一回だけ発生します。

結婚

主な記事:結婚

結婚すると、エミリーはに引っ越してきます。他の結婚候補者と同様に、彼女は自分の部屋を寝室の右側に追加します。彼女はまた家の後ろに小さなクリスタルガーデンを設け、そこで瞑想をすることがあります。 マルチプレイヤーモードの場合、ハート4イベントを見ていないプレイヤーにはエミリーのオウムが表示されないことに注意して下さい。


雨の日の朝には、エミリーからウールアヒルのハネ精錬クリスタル、またはマメのシチューが提供されます。雨の日の夜にはライスプディングブルーベリータルトクッキー、またはチョコレートケーキなど、「生」、「グルテンフリー」、「サボテンシロップのみで甘味を加えた」デザートを提供することがあります。エミリーが一日中家の中にいる日、彼女はウールアヒルのハネ精錬クリスタルマメのシチューコーヒー、またはオムニジオードを提供するかもしれません。

セリフ集

通常時 

First Meeting

「Ooh!... I can read it on your face. You're going to love it here in Pelican Town. If you're ever looking for something to do in the evening, stop by the saloon. That's where I work!」

Regular

「Have I told you Haley and I are sisters? Strange, isn't it?」
「I have a secret hobby, but I won't say any more. Maybe I'll show you some day.」
「This world is full of spirits and magic... Some don't believe me, but I know it's true. I can see it in your eyes... you believe in the other world, like me.」
「I wish Haley would get a job or at least contribute to cooking and cleaning. I think she's hoping to marry someone rich.」
「I work part-time at Gus' saloon. It pays the bills.」
「I'm just working at Gus' to make ends meet... but my real passion is tailoring. I made these clothes from scratch, see?」
「I've heard rumors of rare and powerful magic rings, forged long ago by forgotten civilizations. I'm not sure if it's true or just a fairy tale.」
「You catch fish? I just hope you treat the poor things humanely. Every critter deserves our respect, even the slimy ones.」
「I hope you're farming in a sustainable way. The valley's ecosystem is fragile! How do I know? I have a strong gut-feeling!」
「Sometimes the flowers speak to me... each one has a different story to tell!」
「Ah, spring. The season of pastels. I actually prefer jewel tones, myself. Oh, excuse me! I was mumbling about fashion again, wasn't I?」
「I like making my own clothes, but it's not easy to get cloth. And it's such a long trip to the city.」
「Hi [Player]! Do you raise sheep in your barn? You can turn their wool into beautiful bolts of cloth!#$e#You'll need a loom, though. You can make them yourself if you know the crafting recipe.」
「This house was left in our care by my parents. They've been traveling the world for the last two years. We have no idea when they'll be back. I enjoy living here, though. It's a beautiful area and the town is nice.」

Doctor Visit

「Doctor, I'd like to go with the 'natural remedy' if possible.」

6+ Hearts:

「Oh, hi... It's nice of you to visit me like this.」
「Have faith... every day you're taking one more step on the path of your destiny.」
「Do you ever think about the texture of fabric, [Player]? Each texture has a distinct personality... feel my dress... see?」

If Player married to Haley

「I have to say, now that Haley's gone I've had a much easier time keeping things in order.」

8+ Hearts:

「There's good people in this town who just can't seem to find happiness. It makes me sad. Working in the saloon, I hear first-hand about everyone's problems.」
「You know, [Player]... I think the future looks bright for both of us.」
「Hi, [Player]. I always knew we'd become close like this...」

Summer

「Haley is a picky eater. It's so hard to cook for her.」
「Eating healthy is very important to me. I want to live a long and active life.」
「Hello there, [Player]. I feel lazy today.」
「I feel bad for Linus. People judge him, but he's just living a different lifestyle. I wish everyone could learn to be accepting of others.」
「It doesn't rain much in summer, does it? That just means more watering work for you, huh? Or do you enjoy the sunny weather?」
「I consider the bees and butterflies to be my special friends!」
「If I wasn't so busy I'd come help you on the farm! But Gus would be upset if I had another job...」
「Don't overwork yourself or you might end up in Harvey's clinic!」
「It's around this time of year that my good friends visit the region... I mean the parrots!」

6+ Hearts:

「Hi, [Player]! We've become decent friends, haven't we? That's fine with me. [You're a cool guy. / I'm glad.]」
「You know, I'm sure Gus would understand if I wanted to leave the Saloon someday. There's so much out there, I can't stay a barmaid forever.」

If Player married to Haley

「Haley and I get along much better now that she's moved out. I look forward to her visits!」

8+ Hearts:

「Hi, [Player]! We've become decent friends, haven't we? This may sound weird, but I've always been certain this would happen.」

Fall

「Well, fall is here. Time to plant some new crops, huh?」
「It's good weather for a picnic, isn't it?」
「Hello. Did you have a good summer?」
「Hi [Player]! I bet your farm did great this past summer, huh? You're an excellent farmer.」
「My friend runs a shop in the desert. If you ever go there stop in and say hi for me. I think she sells some rare products.」
「Are you friends with Clint? He's a nice guy, if you get to know him. He gets lonely working in his shop all day. But he's so shy he has trouble making new friends.」
「Another beautiful fall day. It's a pity it'll soon be over.」
「Keep your mind open and some interesting things might take root. Anyway, how is your day going?」
「Nothing like a sunny Sunday to lift the spirits!」

6+ Hearts:

「Smell that clean air? It's lovely, isn't it? I just fear that the Joja Co.'s of the world will take this away from us」
「I don't have any huge plans for life. I prefer not to stress about the future.」
「There's so many invisible barriers holding us back. Why can't people learn to let go and celebrate freedom? Me? Well, you know what they say... 'You can't cage a wild Junimo'」

8+ Hearts:

「If I didn't have to work I'd suggest we go on a nice picnic!」
「I think Clint's mad at me. He never looks at me anymore... I always thought we were friends.」

Winter

「Be careful an icicle doesn't fall on your head!」
「Oh, hello [Player]! You must be getting very good at farming by now, huh?」
「I bet you're an excellent farmer by now!」
「I think my hair is frozen solid...」
「Haley and I aren't made for such a big house. It's a hassle to keep it clean. Ah well. I really shouldn't be complaining. Your farmhouse seems nice and cozy.」
「It must be so cold for the poor fish. I wonder if any fish hibernate? Maybe I should ask Demetrius.」
「If I wasn't so busy I'd help you dig around in that cave by the lake. I bet there are some powerful crystals inside there.」
「Do you know how to cook 'Bean Hotpot'? I like that dish quite a bit. It's hard to get fresh ingredients in the winter, huh?」

6+ Hearts:

「My sister and I might fight sometimes, but I would really miss her if she left. I think she'll become a very nice young lady some day... Don't tell her I said that. So, is there anything you want to talk about?」

If Player married to Haley

「Say hi to my sister for me. And remind her to visit me tomorrow.」

10 Hearts/Dating

「You're such a nice person, [Player]! Thanks for being my friend.」
「Be careful an icicle doesn't fall on your head! I wouldn't want you to get hurt!」

When given the Mermaid's Pendant

「...!!! I accept!! ... I'll set everything up. We'll have the ceremony in 3 days, okay?」

When engaged

「Can you believe we're about to move in together? I've never lived with anyone but my family. It's... exciting.」
「I always knew something important would happen between us... I just never thought it would be this! The parrot is excited too.」

After Group 10 Heart Event

「...」
「[Player]... I'm ready to give you a second chance. I still have faith that there's a good person inside of you.」
イベント時 

Egg Festival

「I've been up since dawn coloring eggs... it's always my favorite part of the season.」

Flower Dance

「Whoo... I'm stuffed. Hey, have you tried the red jelly yet?」

Dance of the Moonlight Jellies

「Look out there, at the endless sea. Deep underwater, all kinds of life forms are moving around in the dark. Eerie, isn't it?」

Stardew Valley Fair

「You know, I would've made a good clown. I think I missed my calling.」

Spirit's Eve

「Do you like the jack-o-lanterns? I carved them myself.」

Festival of Ice

「Wow, this snowman needs a makeover. Who made this?」

Feast of the Winter Star

「[Player]! What are you hoping to find under the spirit tree?」
A new watering can. (友好度は変わりません)
"All work and no play? That's not very fun."
A jug of spiced mead. (友好度は変わりません)
"Ooo... that sounds nice. Make sure to give me a taste."
A pair of stylish boots. (友好度は変わりません)
"I see. That would be a great gift!"
結婚後 

Indoor Days

「Another beautiful day on [farm name] farm... I have faith that something good will happen today!」
「Hey, someone must've gotten a good night of sleep... you look fresh this morning.」
「My horoscope for the day isn't too good... but I'm going to make the best of it, as always. Let's get to work!」
「Ughh... *gurgle*... I ate too many bran muffins for breakfast.」
「By providing fresh, healthy produce to the community, we're doing a great service!」

In her side room

「I'm going to spend some time with the parrot today. It breaks my heart that he'll never fly again.」

Giving gift

「Here, take this. It's for you.」

Outdoor Days

「I love getting up early. There's a certain freshness to the air and the wildlife is much more active.」
「What's on the agenda today, dear?」
「Oooh! Ooh! I saw another one! I'm counting squirrels.」
「A little sunlight is good for you. Just don't get crispy, okay?」
「Good morning! I was wondering when you'd finally roll out of bed! It's okay, [Player]... you deserve a good night of rest.」
「You're doing great work, [Player]. Keep it up.」

When meditating in her crystal garden

「This is my favorite spot for a morning meditation. I visualize the energy from this crystal garden flowing through my body.」

Indoor Nights

「Is that a new hole I see in your shirt? I can sew that up for you, no problem.」
「Welcome home, [Player]. I hope you had a wonderful day.」
「Is it bed time already? My, the day just floated away from me again.」
「Ah, that aroma! It can only be you. It's a good smell.」
「I swept the whole house, washed the windows, dusted, and cleaned the fridge. It was a very productive day!」
「It's a very cozy house... I like it.」

Rainy Days

「I wonder where the flying insects go when it rains? Don't they get hit by the raindrops?」
「A day like this is a blessing from mother nature.」
「I meant to let the parrot go free, but his wing never fully healed. He seems content, though. I give him lots of attention. He told me that he's happy here.」
「I never told you this... but when you first moved here I had a dream about you. I knew right then that our life-paths would intertwine.」
「I know you pride yourself on your work, but don't overdo it today. Okay, honey?」

Giving gift

「Good morning... I got this gift for you. Don't worry, I already purified it with sage incense.」

Rainy Nights

「Every moment has a unique and precious beauty... do you notice? It can be easy to forget, sometimes.」
「I can hear the plants talking to each other... they're so happy after today's rain!」
「How was your day, [Player]? You look a little soggy.」
「My day was very peaceful. How was yours?」
「Does the sound of rain ever put you in a trance?」
「Certain spirits only appear in the rain. Maybe you've heard their cries?」

Giving food

「Want some dessert? It's my special raw, gluten-free version, sweetened only with cactus syrup.」

Going Out

「I'm going to visit town today, and later on I'm going to help out at the saloon. Have a nice day.」

While working at the Saloon

「Gus seems to have problems organizing everything without me around.」

At home

「My day went well... it's good to get out of the house now and then.」

After having one child

「I hope we can raise [child] to be kind and considerate. That's more important than getting A's in school.」
「Is one child enough, or should we raise another? I guess we'll just see where fate leads us.」
「I lit a pale green candle and shook a sprig of baby-mint over %kid1. That should ward off any dangerous spirits」

After having two children

「A big house, two kids and a parrot... I have my hands full!」
「Well, [child] certainly has your hair...」
「Oh, I already fed the kids their organic quinoa puffs with goat milk. You just focus on the farm!」

High Hearts

「This is so fun to live together! I always thought I'd be single my whole life.」
「It was our destiny to be together... I believe that with all my heart!」
「Thanks for taking me into your home. I love this new life.」
「Our vibrational energies are perfectly in tune. Can't you feel it?」
「I was just admiring my wedding amulet... The shell is beautiful! I can feel the pure blue energy radiating from it.」
「I had another dream about us last night. We had climbed to the top of a crystal tree, looking down on the most lush and beautiful meadow. I keep having this dream. I don't know what it means, but I feel that it's a good omen.」

Neutral Hearts

「I hope you'll still like me when I grow old and my hair turns to a dull, faded steel.」
「I feel uninspired today.」

Spring

Spring 1

「Happy new year, honey. Let's make this a special one.」

Spring 2

「My friends, the plants, have come back to life. I feel content.」

Spring 22

「Hmm... I'm thinking maybe a salad of fresh foraged greens for dinner tonight?」

Summer

「Phew! It's hot but it feels great, doesn't it? Maybe we'll see some wild parrots today.」

Summer 2

「May Yoba bless you on this lovely day.」

Summer 20

「The energy in our bodies fluctuate just as the seasons do. Understanding your own unique rhythm is the first step to inner harmony.」

Fall

「I drank a super-food smoothie this morning and I feel aaah-mazing!」

Fall 1

「The year's already half-way over. Can you believe it?」

Day before the Stardew Valley Fair

「Have you figured out what you're going to use for our grange display tomorrow?」

Fall 25

「Our bodies are naturally in tune with the seasons. This light and color of fall compels us to prepare for the barren winter. To our distant ancestors, this feeling was encompassing and vital. For us, it only barely peeks through the noise of modern life.」

Winter

「Whoops, my hair is frozen solid again.」

Winter 2

「I can't help but think of all the poor, frozen squirrels out there right now.」

Winter 5

「*sigh*... Why does there have to be war and hatred in the world?」

Winter 15

「On a day like this, I have a craving for cinnamon, nutmeg, clove, and cardamom.」

After Divorce

「[Player], you broke my heart... I just can't talk to you anymore...

Please, let me try to heal...」

クエスト

ポートレート

変遷

ゲームの開発が進むにつれて、エミリーの見た目はよりよくなっていきました。 ここでは、ConcernedApeのイラストとエミリーの見た目が、ゲームの発表前にどのように変わっていったかを示しています。

Emily timeline.png

更新履歴

  • 1.0: 初登場。
  • 1.1: 結婚可能になり、ハートイベント、会話、スケジュールが追加されました。
  • 1.3: グループテンハーツイベントを追加しました。
  • 1.4: ハート14イベントを追加。 ハート3で全てのレシピが送られてくるバグを修正。