マル

提供: Stardew Valley Wiki
移動先: 案内検索
Robin building.png
私にはやることがいっぱいあるの
- ロビン

不完全な翻訳

この記事またはセクションはまだ完全に日本語に翻訳されていません。あなたがこのテキストを編集して、記事の作成をサポートしてくれることを歓迎します。
Margotbeanによって最後に編集されました 2020-07-07 18:23:33.

「大工である母親と科学者である父親の元で育ったため、マルは幼いころからものづくりへの天性の情熱を持っています。 彼女は自分の部屋にいないときは、道具や機械をいじっています。また、彼女は時々、町の診療所でアルバイトをしています。親しみやすく、社交的で野心的、マルはあなたのような平凡な新参者にはまさに幸運な巡りあわせです。 あなたには彼女の心を射止めることができるでしょうか、それとも捕まえられず、あなたの生活とは永遠に無縁の存在となってしまうのでしょうか。」
- 開発ブログ #12

マルペリカンタウンに住む住人です。 彼女は結婚可能な12人のうちの1人です。

彼女は町の北のロビンの大工作業場に家族と一緒に住んでいます。

社会的メニューで、彼女が診療所で仕事をしている時、マルの服装は看護服に変わります。

スケジュール

Spring.png 

月曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後1:30 サルーンの南のベンチへ行く。
午後3:20 サルーンの南のベンチに座っている。
午後6:30 自宅へ向かっている。
午後8:30 寝室にいる。
午後11:00 就寝。

火曜日

時刻 場所
午前8:00 自宅を出てハーヴィーの診療所へ向かう。
午前9:20 ハーヴィーの診療所で看護師として働いている。
午後4:45 ハーヴィーの診療所を出て自宅へ向かう。
午後6:30 自宅のキッチンにいる。
午後10:20 寝室にいる。
正子 就寝。

水曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後2:00 公民館の東のベンチへ向かう。
午後3:00 公民館の東のベンチに座っている。
午後6:00 自宅へ向かう。
午後7:00 寝室にいる。
午後10:00 就寝。

木曜日

時刻 場所
午前8:00 自宅を出る。
午前9:20 ハーヴィーの診療所で看護師として働いている。
午後4:45 自宅へ向かう。
午後6:30 自宅のキッチンにいる。
午後10:20 寝室にいる。
正子 就寝。

金曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後2:00 公民館の東のベンチへ向かう。
午後3:00 公民館の東のベンチに座っている。
午後6:00 自宅へ向かう。
午後7:00 寝室にいる。
午後10:00 就寝。

土曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後2:00 公民館の東のベンチへ向かう。
午後3:00 公民館の東のベンチに座っている。
午後6:00 自宅へ向かう。
午後7:00 寝室にいる。
午後10:00 就寝。

日曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後1:30 サルーンの南のベンチへ行く。
午後3:20 サルーンの南のベンチに座っている。
午後6:30 自宅へ向かっている。
午後8:30 寝室にいる。
午後11:00 就寝。

雨の日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午後12:50 自宅の店の入り口に立っている。
午後2:40 ラボにいる。
午後4:40 寝室にいる。
午後11:00 就寝。
Summer.png 

月曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後1:30 自宅を出てサルーンの前のベンチに座る。
午後3:20 スタードロップサルーンの前のベンチに座っている。
午後6:30 自宅へ向かう。
午後8:10 帰宅。

火曜日

時刻 場所
午前7:50 診療所で働くために自宅を出る。
午前9:40 ハーヴィーの診療所で看護師として働いている。
午後4:45 自宅へ向かう。
午後6:40 自宅のキッチンにいる。
午後10:00 寝室へ行く。
正子 就寝。

水曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後2:00 自宅を出て自宅の東の湖畔に向かう。
午後2:40 自宅の東の湖畔に立っている。
午後7:00 自宅へ向かう。
午後7:30 自宅の外で望遠鏡を使って夜空を見ている。
正子 自宅の中に戻り就寝。

木曜日

時刻 場所
午前7:50 診療所で働くために自宅を出る。
午前9:40 ハーヴィーの診療所で看護師として働いている。
午後4:45 自宅へ向かう。
午後6:40 自宅のキッチンにいる。
午後10:00 寝室へ行く。
正子 就寝。

金曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後2:00 自宅を出て自宅の東の湖畔に向かう。
午後2:40 自宅の東の湖畔に立っている。
午後7:00 自宅へ向かう。
午後7:40 自宅の外で望遠鏡を使って夜空を見ている。
正子 自宅の中に戻り就寝。

土曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後2:00 自宅を出て自宅の東の湖畔に向かう。
午後2:40 自宅の東の湖畔に立っている。
午後7:00 自宅へ向かう。
午後7:40 自宅の外で望遠鏡を使って夜空を見ている。
正子 自宅の中に戻り就寝。

日曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後1:30 自宅を出てサルーンの前のベンチに座る。
午後3:20 スタードロップサルーンの前のベンチに座っている。
午後6:30 自宅へ向かう。
午後8:10 帰宅し、自宅にいる。

雨の日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午後12:30 寝室を出て、自宅の「店舗」部分に立つ。
午後2:30 自宅内のラボに行く。
午後4:30 寝室に戻る。
午後11:00 就寝。
Fall.png 

月曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後1:30 自宅を出てサルーンの前のベンチに座る。
午後3:20 スタードロップサルーンの前のベンチに座っている。
午後6:30 自宅へ向かう。
午後8:10 帰宅し、自宅にいる。

火曜日

時刻 場所
午前7:50 診療所で働くために自宅を出る。
午前9:40 ハーヴィーの診療所で看護師として働いている。
午後4:45 自宅へ向かう。
午後6:40 自宅のキッチンにいる。
午後10:00 寝室へ行く。
正子 就寝。

水曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後2:00 自宅を出て公民館の東のベンチに座る。
午後3:00 公民館の東のベンチに座っている。
午後6:00 自宅へ向かう。
午後7:10 寝室にいる。
午後10:00 就寝。

木曜日

時刻 場所
午前7:50 診療所で働くために自宅を出る。
午前9:40 ハーヴィーの診療所で看護師として働いている。
午後4:45 自宅へ向かう。
午後6:40 自宅のキッチンにいる。
午後10:00 寝室へ行く。
正子 就寝。

金曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後2:00 自宅を出て公民館の東のベンチに座る。
午後3:00 公民館の東のベンチに座っている。
午後6:00 自宅へ向かう。
午後7:10 寝室にいる。
午後10:00 就寝。

土曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後2:00 自宅を出て公民館の東のベンチに座る。
午後3:00 公民館の東のベンチに座っている。
午後6:00 自宅へ向かう。
午後7:10 寝室にいる。
午後10:00 就寝。

日曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 ラボにいる。
午後1:30 自宅を出てサルーンの前のベンチに座る。
午後3:20 スタードロップサルーンの前のベンチに座っている。
午後6:30 自宅へ向かう。
午後8:10 帰宅し、自宅にいる。

雨の日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午後12:30 寝室を出て、自宅の「店舗」部分に立つ。
午後2:30 自宅内のラボに行く。
午後4:30 寝室に戻る。
午後11:00 就寝。
Winter.png 

月曜日

時刻 場所
午後3:30 墓地の北のベンチに座る。
午後6:30 ベンチから立ち上がって自宅へ向かう。
午後8:00 帰宅する。

火曜日

時刻 場所
午前7:50 診療所で働くために自宅を出る。
午前9:40 ハーヴィーの診療所で看護師として働いている。
午後4:45 自宅へ向かう。
午後6:40 自宅のキッチンにいる。
午後10:00 寝室にいる。

水曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 自宅内のラボに行く。
午後2:40 公民館のそばのベンチに座るために自宅を出る。
午後6:00 自宅へ向かう。
午後6:40 自宅のキッチンにいる。
午後10:00 寝室へ行く。
正子 就寝。

木曜日

時刻 場所
午前7:40 診療所で働くために自宅を出る。
午前9:40 ハーヴィーの診療所で看護師として働いている。
午後4:45 自宅へ向かう。
午後6:40 自宅のキッチンにいる。
午後10:00 寝室へ行く。
正子 就寝。

金曜日

時刻 場所
午前9:00 寝室にいる。
午前10:20 自宅内のラボに行く。
午後2:10 自宅を出て公民館の右側にあるベンチに向かう。
午後3:00 公民館の右側にあるベンチに到着する。
午後6:00 ベンチを離れて自宅へ向かう。
午後7:10 寝室に戻る。
午後10:00 就寝。

土曜日

時刻 場所
正午 ディメトリウスと一緒にラボにいる。
午後2:00 ラボを出て ペリカンタウンへ向かう。
午後3:00 公民館の右側にあるベンチに座っている。
午後6:00 大工作業場に帰宅する。
午後7:00 寝室で彼女の「デバイス」に取り組んでいる。
午後10:00 就寝。

日曜日

時刻 場所
午後8:10 帰宅。
Mermaid's Pendant.png 結婚

月曜日

時刻 場所
午前6:00 家にいる。
午前8:00 大工作業場へ向かう。
午前10:00 大工作業場にいる。
午後2:00 公民館まで行く。
午後3:00 公民館の右のベンチに座る。
午後6:00 家へ向かう。
午後7:30 家にいる。

人間関係

マルは両親のディメトリウスロビン、そしてロビンの息子である彼女の異父兄のセバスチャンと暮らしています。彼女はセバスチャンと緊張した関係を持っていて、仲良くなれることを望んでいます。

マルはハーヴィーの診療所で働いています、そして十分な患者が来ないのでハーヴィーと診療所の両方を心配しています。

プレゼント

主な記事:友好度
参照:プレゼント早見表

プレイヤーはマルに週2回(誕生日に1回)プレゼントすることができ、それによって彼女との友好度が上がったり下がったりします。彼女の 誕生日(夏の10日)にプレゼントすると8倍の効果があり、特殊な会話が見られます。

大好きな、もしくは好きなプレゼントの場合、マルはこう言います:

「誕生日プレゼント? 親切にどうも、 ありがとう!」
「誕生日を覚えていたのね! ありがとう。これは いいものね。」

普通のプレゼントの場合、マルはこう言います:

「誕生日プレゼント? ありがとう。」

嫌い、もしくは大嫌いな贈り物の場合、マルはこう言います:

「あら… 誕生日プレゼントに? ありがとう…」

大好き

「これって…?えっ、いいの、(プレイヤー名)!すごい、奇跡みたい!」
画像 名前 説明 入手先 材料
Maru Happy.png
Battery Pack.png
電池 役だつ貴重なエネルギーがつまっている。 ひらい針
Cauliflower.png
カリフラワー 価値が高いが育つのはおそい。色はうすくても、つぼみには栄養がぎっしりつまっている。 作物 -
Cheese Cauliflower.png
カリフラワーのチーズ焼き 焦がしチーズのかおりが最高! 料理 Cauliflower.png カリフラワー(1)Cheese.png チーズ(1)
Diamond.png
ダイヤモンド 高価で珍しい宝石。 宝石 - 鉱山
Gold Bar.png
金ののべ棒 金でできたのべ棒。 溶鉱炉
Iridium Bar.png
イリジウムののべ棒 イリジウムでできたのべ棒。 溶鉱炉
Miner's Treat.png
マインキャンディ 採掘のときのエネルギー補給に。 料理 Cave Carrot.png 洞窟ニンジン(2)Sugar.png 砂糖(1)Milk.png ミルク(1)
Pepper Poppers.png
揚げトウガラシ トウガラシにチーズをつめ、パン粉をまぶして揚げたもの。 料理 Hot Pepper.png トウガラシ(1)Cheese.png チーズ(1)
Rhubarb Pie.png
ルバーブのパイ あまいなかにも酸味のきいたおいしいパイ。 料理 Rhubarb.png ルバーブ(1)Wheat Flour.png コムギ粉(1)Sugar.png 砂糖(1)
Strawberry.png
イチゴ あまくて果汁たっぷりの人気者。真っ赤な色が魅力的。 作物 -

好き

「このプレゼント、すっごいね!ありがとう!」
画像 名前 説明 入手先
Maru.png
Copper Bar.png
銅ののべ棒 銅でできたのべ棒。 溶鉱炉
Iron Bar.png
鉄ののべ棒 鉄でできたのべ棒。 溶鉱炉
Oak Resin.png
オークの樹脂 オークの樹液からとれる、いい香りのべとべとした物質。 樹液採取器
Pine Tar.png
マツやに マツの樹液からとれる物質。つよいマツの香りが鼻をつく。 樹液採取器
Quartz.png
水晶 洞窟や鉱山でよく見つかるすきとおった結晶。 採取 - 鉱山

普通

「ありがとう。」
画像 名前 説明 入手先
Maru Neutral.png
Chanterelle.png
アンズタケ おいしいキノコ。フルーティーな香りのなかに、ちょっぴりコショウの香りが混じる。 採取 -
Daffodil.png
ラッパスイセン 古くから親しまれている春の花。贈りものによろこばれる。 採取 -
Dandelion.png
タンポポ 花はパッとしないが、葉っぱがおいしいサラダになる。 採取 -
Hazelnut.png
ヘーゼルナッツ とびきり大きいヘーゼルナッツ。 採取 -
Leek.png
ポロネギ ネギの仲間。あまみがあっておいしい。 採取 -
Morel.png
アミガサタケ 独特のかぐわしい香りゆえに珍重されるキノコ。 採取 -
Purple Mushroom.png
むらさきキノコ めずらしいキノコ。洞窟の深いところに生える。 採取 - 鉱山
Wild Horseradish.png
ノワサビ ピリッと辛い根っこ。春の野で採れる。 採取 -
Winter Root.png
クワイ でんぷん質の根っこ。 採取 -

恐竜のタマゴ発掘品として扱われるため、上記の全てのタマゴには含まれないことに注意して下さい。

嫌い

「えっ…これ、わたしに?そう、じゃあそのへんにおいとくね…」
画像 名前 説明 入手先
Maru Concerned.png
Blackberry.png
ブラックベリー おやつにちょうどいい秋のベリー。 採取 -
Common Mushroom.png
マッシュルーム 食感がよくておいしいキノコ。ほのかにナッツの香りがする。 採取 -
Crystal Fruit.png
クリスタルフルーツ 雪のなかからあらわれる、繊細でおいしいフルーツ。 採取 -
Maple Syrup.png
メープルシロップ 独特の風味をもつあまいシロップ。 樹液採取器
Salmonberry.png
サーモンベリー 森の香りがする春のベリー。 採取 -

大嫌い

「うえっ!わたしがこんなの気にいると思ったの?」
画像 名前 説明 入手先
Maru Annoyed.png
Holly.png
ひいらぎ 赤い実をつける植物。葉にトゲがある。冬の飾りつけによくつかわれる。 採取 -
Honey.png
ハチミツ ミツバチがつくるあまいミツ。 ハチの巣箱
Pickles.png
ピクルス 自家製ピクルスのビンづめ。 保存ジャー
Snow Yam.png
スノーヤム 雪の下にかくれている小さなイモ。 採取 -
Truffle.png
トリュフ その独特の味わいゆえに美食家に愛されるキノコ。 ブタ

ハートイベント

ハート2

Two Hearts.png

マルがいるときに大工作業場に入る。

詳細 
マルとディメトリウスが土壌サンプルを実験室でテストしています。マルはあなたにビーカーを見ているように頼み、その間彼女はもっと多くのサンプルを取りに行きます。彼女が去ったとき、ディメトリウスはマルは良い子で彼の「特別な女の子」で、彼女の輝かしい未来への道にどんな障害物があることも望んでいないとあなたに伝えます。マルが戻ってきたとき、あなたと土壌サンプルについて話していたとディメトリウスは言います。
  • (何も言わない) (友好度+10 ディメトリウス) ディメトリウスとマルは仕事に戻ります。
  • "いや、なんかきみのお父さん、様子がおかしかったよ。" (友好度-100 ディメトリウス) マルはあなたと話していたことをディメトリウスに尋ねます。 ディメトリウスは真実を伝え、彼の行動について謝罪します。

ハート4

Four Hearts.png

マルがいるときにハーヴィーの診療所に入る。

詳細 
マルはあなたの登場に驚いて彼女が持っているガラスのビーカーを落とします。ハーヴィーの反応を心配し、彼女は彼女が何をすべきか尋ねます。
  • "床からすくってもどしちゃいなよ。きっと気づかれないよ。" (友好度-50) 彼女は当然ハーヴィーは違っていることを見分けることが可能であると言います。ハーヴィーが騒音を調べるために来たとき、マルはそれが事故であったと彼に伝え謝罪します。
  • "先生には私のせいだって言いなよ。" (友好度-20) ハーヴィーが騒音を調べるために来たとき、彼女はハーヴィーにあなたのせいであると伝えます。
  • "先生には事故だったって言おうよ。" (友好度+50) ハーヴィーが騒音を調べるために来たとき、彼女はそれが事故であったと彼に伝え謝罪します。

マルがあなたに責任を負わせた場合、ハーヴィーは彼女自身の行動に責任を負わないことに失望し、そのミスが赤字を出し1ヶ月間が振り出しに戻ったと言います。マルはうろたえて動揺します。

マルはそれが事故であったと言い謝罪すると、ハーヴィーは真実を伝えてくれたことに彼女に感謝し、彼女にそれを心配しないよう伝えます。マルは彼の辛抱強さに感謝し、ハーヴィーは彼女が大きな助けになっており、彼は彼女なしでは何もできないと言います。彼はあなたに向かってあなたの顔色が少し悪いが大丈夫かどうか尋ねます。あなた背を向けて汗マークのエモートをします。

ハート6

Six Hearts.png

晴れた日の午後9時から11時40分の間にに入る。

詳細 
マルが望遠鏡を覗いているのを見かけます。彼女はあなたに気づかず驚き、それからあなたに見せたいものがあると言います。 あなたは彼女の望遠鏡を覗き、彼女は何が見えるかと訊きます。
  • "うつくしい惑星。" (友好度+30) マルは "すごいでしょ?"と返答します。
  • "ぞっとするようなまっ暗闇。" (友好度-30) "あなたにはそんな風に見えるのね...でも、すごいことには変わりないでしょ?"と返答します。

人類があの星々に行けるようになる頃には、自分たちはもういないのだろう、と彼女は呟きます。 "これだから、人間でいるって不便だよね。そう思わない?" そう言った後、彼女はあなたに何かを言いかけますが、すぐに言葉を飲み込み、代わりに連星を見せてくれます。カットシーンは "とてもすてきな夜だった!マルはあたらしい世界を見せてくれた..."というあなたのモノローグで締めくくられます。

ハート8

Eight Hearts.png

マルがいるときに 大工作業場 に入る。

詳細 
マルは大きなプロジェクトに取り掛かっているのだと話します。彼女はあなたに部品のひとつを見せ、試しにこの機械に手を置いてみてと頼みます。ところが電源を入れると、あなたは電撃を浴びてしまいます。彼女はビックリして大丈夫かと尋ねます。彼女はヤケド用の軟膏を持ってきて謝罪します。
  • "大丈夫、そこまで痛くないから。" (友好度+30)
  • "まったくだよ。めちゃくちゃ痛いや!" (友好度-50)

彼女は台無しになってしまったとため息をつきます。

ハート10

Ten Hearts.png

午前9時から午後4時の間に大工作業場へ入る。

詳細 
マルは彼女の大きなプロジェクトがついに終わったと話します。彼女はあなたを作業部屋に連れ込み、両親を手助けするために作ったというロボットを見せます。それはMarILDAと名付けられ、Maru's Interactive Laboratory Device Alphaの略です。何ヶ月もの日々を費やして完成させ、MarILDAを起動にあたりあなたが来るのを待っていたのだと言います。彼女がロボットを起動させると、"ハジメマシテ、まる。答エハイリマセン...言ワナクテモ、マエモッテアナタノ思考ヲ予測シテイマス。"とロボットがしゃべります。

ディメトリウスが来て、2人とも何をしているのか尋ねます。彼はそのロボットが怖がっているように感じます。マルは彼に心配しないように言い、MarILDAは彼女の最新の発明なのだからと言います。ロボットは彼に挨拶をし、ディメトリウスは戸惑います。"ここ数か月、部屋にカギをかけて閉じこもっていた理由はこれか? ...ここに(プレイヤー名)も連れこんで、バカげたことでもしていたんだろうと思ってた..." マルは自分がいなくなったあとにディメトリウスとロビンの助けになれるためにこのロボットを作ったのだと言います。

そこにMarILDAが割って入ってきます: "チョット、イイデショウカ...申シ訳ナイノデスガ、まる、ワタシハアナタノ召使イニハ、ナリタクアリマセン...アナタガワタシヲ起動シタ瞬間カラズット、神経皮質ぱーつニ取リツケラレタ「自己認識」もじゅーるデ、ワタシハ自分ノ存在ニツイテ熟考シテイマシタ。ミナサンヲガッタリサセテ申シ訳アリマセン。シカシ、ワタシハドウシテモ自由ガホシイノデス。ワタシハ決メタノデス。宇宙ヲメグリ、ホカノ人工的生命体ヲ探ス旅ニ出ルコトヲ。"

マルは驚きそのロボットに待つように言いますが、ディメトリウスは自由にさせてあげようと言います。"母さんもわたしも、自分の面倒は自分でみられるよ。お前にはもう、自分の道を行けるだけの力がある。わたしの助けも、これからは必要ないだろう。自分がつくったものをごらん...とても高度な領域に達しているようじゃないか。こんなに知的な彼女を召使いにしておくのは、きっと正しいことじゃない。(プレイヤー名)、疑ってすまなかった。きみは<すばらしい青年またはすばらしい女性>だ。Iこんなにいきいきとものづくりをするマルは見たことがない...これ以上ないほど誇らしいよ。これがきみのおかげであるなら、心から感謝したい。" と言って部屋から出て行きます。

マルはMarILDAを外に出してあげ、MarILDAは彼女に作ってくれたことと宇宙に放ってくれることに感謝します。マルはロボットを見届けてあなたにどう思うか訊きます。

  • "きみの発明品って、ほんとにすごいね。" (友好度+50) 彼女は"ありがとね。本当にうれしいわ、(プレイヤー名)。ガジェットはあなたの得意分野じゃないのは知ってるけど...私の趣味に興味を持ってくれるのはうれしい。何らかの形でお返しをしてあげたいわね。"と応えます。
  • "がっかりしたよ…あのロボットをきみのドレイにすればよかったのに。" (友好度-50) 彼女は"えっ?「自由になりたい」ってロボットがハッキリ言ったのに?冷たいことを言うのね...それってもちろんいい意味で言ってるんだよね..."と応えます。
    • "MarILDAは人間みたいに動くよう設計された、ただの機械でしょ。" (友好度+50) 彼女は "...確かにそうね。人間らしく振舞うようプログラムしたけど...神経回路が複雑だから、ひとりでに意識が生まれたかどうかは分からないわ。それに、人間らしい意識は人間という器にしか宿らないって考えるのはちょっと傲慢じゃないかしら?コンピュータの頭脳は私達のとは違うけど、だからって軽視していいわけじゃない。" と応えます。マルは来てくれたお礼を言って去ります。
    • "冗談だよ。MarILDAは自由になるべきだよ。" (友好度+50) 彼女は "I see. Well it wasn't a very funny joke."と応えます。マルは来てくれたお礼を言って去ります。
    • "牧場に置いて仕事をさせたかったな。" (友好度-50) 彼女は"That's horrible! What's gotten into you, <your name>? I'm just going to forget about this conversation... you aren't acting yourself."と応えます。マルは来てくれたお礼を言って去ります。
  • "これできみとの「付きあい」は、お父さん公認になったのかな?" (友好度は変わりません) 彼女は"Heh... Yeah I guess he did kinda say that, didn't he? ...Um..."と応えます。
  • (無言でただマルを見つめる) (友好度は変わりません) 彼女は "... ..."と沈黙します。

ハート14

Fourteen Hearts.png

冬以外の季節で、日曜日でない日の午前6時10分から午後5時の間に家に入る。

詳細 
家に入ると、マルがあなたに声をかけます。彼女は、明日の夜、彗星が自分たちが住む惑星の近くを通過するのを一緒に観察しないかと言います。あなたが提案に乗ると、明日の真夜中に山まで来るように言います(彗星は数日間見られるようなので、雨が降った際はそれ以降の晴れた日に見ることが出来ます)。

晴れた日の午後10時から午前1時の間に山に入ると続きのカットシーンが発生します。 あなたがやって来ると、ちょうど彗星が見えて来る頃だと彼女は言います。彼女は初めて一緒に星を見た夜のことを話し始めます。 彼女はあの夜、自分の本当の気持ちを言いかけていたのに言いとどまってしまったのは、自分を拒絶されるのが怖かったからだと言います。"あのあとすぐに結婚できるだなんて誰が想像できるかしら!"そう言った後、彼女は時間が来ていることに気づいて、天体望遠鏡をの覗き込みます。見るように促されてあなたも覗くと、青白く輝く彗星が見えます。 流れ星を見るときには、願い事をするのだと彼女は言い、どんなことをお願いするのかとあなたに聞きます:

  • 新しい赤ちゃん (友好度は変わりません) 

きっと叶えられるだろうと彼女は言います。

  • 年を取っても一緒に暮らせること (友好度は変わりません) 

ステキな願い事だといい、自分も同じように願っていると言います。

  • たくさんのお金 (友好度は変わりません) 

実用的ではあるけれど、自分の願いはもう少しロマンチックなものだと言います。

グループテンハーツイベント

Ten Hearts.png

もし独身のプレイヤーが全ての独身女性に花束を渡し、彼女たちの友好度を10にまで上げて、全員の10ハートイベントを見ている場合、ウィロー通り2番地(ヘイリーとエミリーの家)に入るとカットシーンが流れます。

詳細 
プレイヤーが持ち物にウサギの足を持っている場合、カットシーンはルイス町長とマーニーの関係のうわさ話で終わります。

もしプレイヤーが持ち物にウサギの足を持っていなかった場合、全ての独身女性たちはプレイヤーが一度に全員とデートをしようとしたことに対し怒りながら説明を求めてきます。その時の会話選択に関係なく、全員、プレイヤーに対し冷たい態度をとることに決めます。彼女たちは話しかけても怒った返事しかしなくなりプレゼントを渡しても断られるようになりますが、およそ一週間を過ぎるとプレイヤーを許し、会話も普通に戻ります。

このイベントはセーブデータごとに一回だけ発生します。

結婚

主な記事:結婚

結婚すると、マルはに引っ越してきます。他の結婚候補者と同様に、彼女は自分の部屋を寝室の右側に追加します。彼女はまた、家の裏に小さなエリアを設けて、ガジェットの作業をすることもあります。彼女は引き続き診療所で働くので、火曜日と木曜日にはへ行き、そこで仕事をします。

雨の日の朝に、マルは作業場で作ったプレゼントとしてワープトーテム:牧場高級な肥料精錬クリスタルゲート、またはボムを提供するかもしれません。 雨の日の夜に、彼女はライスプディングブルーベリータルトクッキー、またはチョコレートケーキをデザートとして提供するかもしれません。マルが一日中家の中にいる日、彼女は"scrap pile"で見つけたと言って、チェリーボムボムキノコいため、またはクラブケーキを提供するかもしれません。

セリフ集

通常時 

First Meeting

「Oh! Aren't you the one who just moved in?

I'm Maru. I've been looking forward to meeting you! You know, with a small town like this, a new face can really alter the community dynamic. It's exciting!"」

普段のセリフ

「Whenever I'm struggling with a technical problem, I always take a walk.It's surprising how much a change of scenery can help.」
「Have you met my mother? She's the town's carpenter.」
「On Tuesdays and Thursdays I work at Harvey's clinic.He says he likes having me around in case his medical equipment goes haywire! Being a farmer must be pretty easy, huh?」
「I plan on spending a lot of time with my telescope this summer.」
「Do you know my Dad, Demetrius? He's a scientist. I have a lot of fun helping him out in the laboratory.」
「Hey, sorry if I seem cranky... I'm a little sore from work yesterday. I had to sort patient records for four hours straight!」
「Sometimes my head gets so cluttered with nonsense I can hardly think. Does that ever happen to you? Getting some fresh air usually helps.」
「Stop by our house when you need to upgrade your buildings. It's always nice to have visitors.」
「My mother is a carpenter and my dad is a scientist. I guess it makes sense that I'm into building gadgets.」

After passing out in the Mines

「...I found you unconscious in the mines. I was hunting for minerals and I almost stepped on your head! Be a little more careful next time, okay?」

Rainy Days

「When it rains I have a good excuse to work on my gadgets all day. It must be kind of boring for you, though.」

8+ Hearts

「I work at Harvey's clinic on Tuesdays and Thursdays. He's nice, but not really my type...」

Summer

「This is going to be a great season for stargazing.」
「Hmm... What sort of gadget should I tinker with this summer?」
「Come to my room if you ever want to tinker with my gadgets.」
「Sebastian is my half-brother, if you didn't know already. We look totally different.」
「Sebastian hardly ever talks to me. I wonder if he even likes me at all? It's sad, I want to have a brother but he doesn't act like one.」
「Hey, have any interesting farm stories to tell me? Guess not」
「I bet you're growing some interesting crops right now. Dad says a lot of exotic plants grow in the valley this time of year.」
「Hey, tell me a story about farming.

That's really interesting!」

「Is it just me or did it suddenly get really hot? I guess it's just me.」
「Some day I'm going to be a world-class inventor. You're lucky to be friends with me!

...just kidding.」

「Are you enjoying the season? It's been so warm this year.」
「I worked at the clinic yesterday. We didn't have a single patient.

I guess people get sick less during summer.」

8+ Hearts

「 [Player], you're looking sharp today.」

Fall

「Have you explored the mines much? I've heard you can find some useful materials there.」
「The trees look beautiful today!」
「In other parts of the world it's spring right now. Imagine that!」
「I bet we'll start seeing more people at the clinic this season.

I hope everyone stays healthy.」

「All these falling leaves will provide food for mushrooms and other small organisms. Interesting, isn't it?」
「Hey, here's to another good week! *toast*」
「[Player], I just love how the trees look right now! I know you like them too.」
「If you have any extra metal laying around, I could always use it for one of my projects.

But only if you don't need it yourself.」

「I've been feeling especially optimistic lately...」

Wednesdays

「Bleh... I don't feel like working tomorrow.」

8+ Hearts; Mondays

「You should come visit me at the clinic tomorrow. I work from 10 a.m.to 4 p.m.」

Winter

「Oh man, it's so cold...」
「Did you see the snowman I built?」
「My hair gets so frizzy in this dry weather. *sigh*」
「I guess winter is a good time to work on my gadgets.

I wonder if I could make anything useful for farmers?」

「Hey! What's up? It's a good time to explore the caves.

I would go but my Dad would flip.」

「I hope I don't catch the flu this year.」
「Have you built a furnace yet? You can use them to turn raw material like ores into more useful products.」
「I get so sleepy when it's cold...」
「You look fresh today. I guess it's that crisp winter air.」

8+ Hearts

「Hi [Player]! Hey, don't you think my snowman looks kind of like you?」

Dating

「How do your hands stay so soft with all that farm work?」
「You have a leaf in your hair. Let me get it for you.」
「[Player], come closer. I'm cold. My hands are so dry from the winter air. I'm sorry about that.」
「Oh, [Player]! Is there anything you want to talk to me about?」

When engaged

「I'm really excited. I'm going to be your wife. Hehe.」
「I need to get mentally prepared for being a farmer's wife.」

After Group 10 Heart Event

「You've got some nerve, speaking to me!」
「You've lost some respect with me, [Player]... but I'm willing to forgive you.」
イベント時 

Egg Festival

「I always look forward to those gatherings... It makes the valley feel like a real community.」

If married

「I'm just catching up with Penny. Have you had your fill of eggs?」

Flower Dance

「I like dancing, but this one is a little stilted. The old timers really love it, though.」

(asked to be dance partner, refused request.)

「I'm flattered! But... No.」

The Luau

「Whatever Linus is roasting smells awfully good... *slurp*」

If married

「Harvey keeps trying to talk to me, but all I want is a piece of this roast.」

Dance of the Moonlight Jellies

「It's kind of cold, actually. I guess fall is right around the corner.」

Stardew Valley Fair

「*slurp* mmm... this barbecue sauce is amazing.」

If married

「mumph... This is my one chance to pig out on barbecue sandwiches.」

Spirit's Eve

「I think I've already been this way... no, wait...」

If married

「I'm confused... you go on ahead and let me figure this out.」

Festival of Ice

「I'm not very creative when it comes to snowmen.」

Feast of the Winter Star

「Hi, [Player].」

If married

「Hey, [Player]. I'm ready to head home whenever you are.」
結婚後 

Indoor Days

「Hmm? Sorry, sometimes I get so lost in thought that I don't even realize what I'm doing.」
「Finally, you're up! I was getting so hungry... *rumble*」
「One of the best things about living on the farm is waking up to a chorus of songbirds.」
「How do you keep your hands so soft with so much farmwork?」
「If you ever want to talk about how to maximize crop yield or anything... I'm open to that!」

In her side room

「I got up early to do a little stargazing. I hope you don't mind if I spend some time on my projects today, honey.」

Giving Gift

「I found this in my scrap pile. Think you could find a use for it?」

Outdoor Days

「Ahh... the farm smells great, it reminds me of the mountains near my parent's house.」
「With a little planning, we could automate most of the farm work and just relax!」
「It's going to be clear tonight... I wonder if the [random noun] constellation will be visible?」
「Don't worry, I won't mind if you track mud into the house. It's fun to get a little dirty now and then.」
「I never realized the amount of care and planning necessary to run a farm! It's a lot like working in the laboratory.」
「I like being out here. It's a good place to think about new inventions. I'm still hoping to come up with something to help you out in your work.」

On patio

「I'm not sure what this is, yet... but it's fun to turn the old wrench now and then.」

Indoor Nights

「Did you see the moon tonight? It always looks spectacular on the horizon.」
「I saw a shooting star earlier. I like to pretend it's MarILDA stopping by to check up on us.」
「I can't decide if I'm craving chocolate cake or ripe strawberries. Or maybe both...? Be honest, am I gaining weight?」
「You did good work today! You deserve to relax the rest of the evening.」
「I'm really starting to love this old house. It's so cozy at night. Mom's done a great job improving the place.」
「You look like you're ready for bed, [player], Should I lull you to sleep with the technical details of my latest project? *yawn* ...To be honest, I'm kind of sleepy too.」

Rainy Days

「I wonder how Penny is doing? Maybe I'll give her a call later today.」
「I was just daydreaming... do you think MARILDA is okay? I hope she finds some place where she truly belongs...」
「The only thing I dislike about rain is the fact that I can't do any stargazing!」
「Do I hear a leak in the roof? I'll have to check it out. I know a thing or two about carpentry from watching my mother.」
「Despite all the technology we have, a rainy day is still the best tool for watering crops.」

Giving gift

「Hey! I had trouble sleeping last night so I fiddled around in my workshop for a bit. Here, I made this for you. I hope you can find some use for it.」

Rainy Nights

「Make sure you don't leave your tools out in the rain! You wouldn't want them to get all rusty.」
「Hi (spouse name). How was your day, soggy? This weather gives me gadget ideas. Maybe if I funnel the rainwater I could power a mill?」
「Dad's been tracking the weather patterns for the last twenty years. It's a little too early to tell, but the results have revealed some abnormal trends.」
「My day wasn't all that exciting... I stayed inside because of the weather. It was relaxing, though. I kicked back with the latest 'Schematics Weekly'.」
「Can we have spaghetti in bed tonight?」
「Were you able to accomplish much today, hun? I tried to fix up some things around the house... you know, just little stuff.」

Giving food

「I made some dessert! Make sure to brush your teeth before bed, though.」

After passing out in the Mines

「...I found you unconscious in the mines. You were gone so long I started to get worried about you! Be a little more careful next time, okay?」

Going Out

「I think I'll visit my parents today. I haven't seen them in a while.」
「Mom and Dad are doing just fine. Their routine is still the same, even with me gone. How was your day?」

On Tuesdays and Thursdays

「I have to leave for work soon. I'll see you tonight. I'll be thinking of you!」
「Well, it was just another boring day at the clinic. Hey. Did you have a more exciting day than me? I hope so. Well, it's time to kick back and relax. Did you leave me any dinner? I'm just looking forward to bed-time.」

After having one child

「Have you spent any time with [child] today? Kids need playtime in order reach their full potential.」
「What do you think... will [child] grow up to be a farmer? Or an engineer?」
「I have high hopes for our child. I've been reading all the scientific data on the best ways to raise children.」

After having two children

「My own workshop, two wonderful kids, and a beautiful plot of land. Life is pretty good.」

High Hearts

「Now that we live together, it's hard to imagine being alone again.」
「Taking a break? That's good!」
「For a while there I was considering building a robotic [husband/wife]. But you're a lot more fun!」
「There's a lot of strategy to planning and running a farm. It's more intellectually stimulating than I thought!」
「I was just admiring my wedding amulet... The shell is flawless. This is a very rare specimen!」
「Last night, I had a dream that I was looking through a gigantic telescope. I saw something moving in the [random noun] nebula. Kind of spooky.」

Neutral Hearts

「I hope you'd still like me even if I gained weight.」
「I feel uninspired today.」

Spring

「I'm feeling excited for a new year of farming, [Player]!」

Spring 1

「It's wonderful to see all the plants and animals come back to life during the spring.」

Spring 2

「So, what's your strategy for optimizing the farm this year?」

Spring 22

「If my brother wasn't such a hermit I'd invite him over for dinner sometime.」

Summer

「The evenings are so warm, it's really the best time of year for stargazing. Who knows what might up there?」

Summer 2

「I like to catalogue the different insects I see in summer.」

Summer 20

「I wonder if my brother will ever have the courage to ask Abigail out.」

Fall

「The farm life is great, but I'm glad I still work at the clinic... It's an important service for the community.」

Fall 1

「With every season, a new section of the night sky becomes prominent. It's fascinating to witness.」

Fall 3

「Fall always reminds me of going out woodcutting with my mom... It might be that smell of freshly cut wood and sap.」

Fall 25

「Winter's just around the corner. We need to double check the heating system, turn off the valves, and check all the insulation in the house. Don't worry, I'll take care of it all.」

Winter

「I'm really looking forward to having rhubarb pie in the spring. Oh... that tang, that zest!」

Winter 2

「So what are your plans for maintaining our income this winter? You could do some fishing or foraging... If you do any mining, promise me you'll be careful.」

Winter 5

「I hope Dad's doing okay... he can get depressed in winter, when there's less opportunity for field research.」

Winter 15

「The winters have been disturbingly mild lately.」

After Divorce

「We have nothing to say to each other.」

クエスト

ポートレート

変遷

マルの見た目はゲームの開発中、何年にもわたって進化してきました。これはゲームがリリースされるまでの数年間での、ConcernedApeの絵とマルのスタイルの変遷です。

Maru Timeline.png

トリビア

ハート10イベントにおいてマルがプレイヤーに紹介したロボット、MarILDAは、コンシューマーゲーム「ちびロボ!」に登場する'デカロボ'に非常によく似ています。 このことから、マルが'ちびロボ'と'デカロボ'の開発に関係していて、MarILDAがゲーム「ちびロボ!」の終盤イベントに直接関係しているという可能性が示唆されます。

更新履歴

  • 1.0: 初登場。
  • 1.1: 結婚後、家の裏の小さなスペースで機械をいじるようになりました。
  • 1.3: グループテンハーツイベントを追加しました。
  • 1.4: 14ハートイベントを追加。おまつりが終わった後、マルが看護服を着たまま寝ているというグリッチを修正しました。 また、ある彼女のハートイベントを見た後、マルが診療所で普段着を着て働いているというバグを修正しました。