発掘品博物館に寄贈する、もしくは安価で売ることのできるアイテムです。 博物館へ寄贈し目標数に届いたとき、あるいは特別な発掘品を寄贈したときに報酬が貰えます。それぞれの発掘品は一回だけ寄贈できます。

発掘品には寄贈する以外の使いみちがあまりありません。ドワーフの巻物ドワーフのカブトドワーフの装置ドワーフの好きなプレゼントです。古代のタネ (発掘品)クラフトして発芽する古代のタネにすることができます。恐竜のタマゴは孵化させて恐竜にするかマヨネーズに加工することができます。

発掘品は以下の方法で入手できます:

以下の発掘品を寄付すると他にない報酬を得られます:

発掘品

発掘ポイントを掘るとき、石切場の一部と見なされることに注意してください。釣りの宝箱から発掘品が出る確率は紛失図書を20冊全て博物館に寄贈していればより上昇します。

画像 名前 説明文 売値 場所
ドワーフの巻物 I ドワーフ語で書かれている、羊皮紙製の黄ばんだ巻物。赤いリボンでとめてある。  1g
  • 鉱山/ドクロの洞窟 (どの階でも) (0.16%)
  • いくつかのモンスター (各0.5%)
ドワーフの巻物 II ドワーフ語で書かれている、羊皮紙製の黄ばんだ巻物。緑のリボンでとめてある。  1g
  • 鉱山を掘る(1-40階) (0.1%)
  • ゴースト (鉱山50-90階)
  • フロストバット(鉱山40-65階)
  • ススおばけ(鉱山40-79階)
  • ブルースライム
ドワーフの巻物 III ドワーフ語で書かれている、羊皮紙製の黄ばんだ巻物。青いロープでとめてある。  1g
  • いくつかのモンスター
ドワーフの巻物 IV ドワーフ語で書かれている、羊皮紙製の黄ばんだ巻物。金の鎖でとめてある。  1g
  • すべてのモンスター(サーペント、スケルトン、荒野のゴーレムを除く)
  • 鉱山(80階+)(0.2%)
割れたつぼ 土を窯で焼いてつくった古代のつぼ。液体やものを運ぶのにつかわれていた。  40g
矢じり 狩りにつかわれていた、粗野なつくりの矢じり。  40g
古代の人形 ほこりにまみれた大むかしの人形。オモチャだったのかもしれないし、装飾品、はたまた儀式用の人形だったのかもしれない。  60g
エルフのアクセサリー うす汚れてなおうつくしい。側面には、古代のエルフたちがつかっていたと考えられる言葉が彫りこまれている。いまのところ、エルフたちの骨は見つかっていない。  200g
歯みがき棒 古代の人びとは、こういった棒を噛んで歯をきれいに保っていた。  50g
かざり用の扇 高貴な女性が持っていたと思われる洗練された扇。歴史家たちによると、この谷は第6時代に裕福な人びとのあいだで旅行地として人気があったらしい。  300g
恐竜のタマゴ 巨大な恐竜のタマゴ。カラがそっくり割れないままで残っている!  350g
貴重な円盤 風変わりな赤い石があしらわれている、ずっしりと重く黒い円盤。手に持つと、底知れない恐怖に圧倒される。  300g
古代のつるぎ 現代にのこった古代の剣。刃のほとんどはサビてしまっているが、その柄の精巧さはいまだ健在。  100g
サビたスプーン 10年くらい埋まっていたと思われる、ふつうの古いスプーン。たいして価値はない。  25g
サビた拍車 かつてはカウボーイのブーツにとりつけられていた古い拍車。この谷に住む人びとが、何世代も前から動物をそだてつづけてきた証拠。  25g
サビた歯車 大むかしの装置につかわれていたと思われる、保存状態がいい歯車。ドワーフの技術に関係するものだと考えられている。  25g
ニワトリの像 青銅製の台に乗ったニワトリの彫像。このあたりに住んでいた古代の人びとは、ニワトリが大好きだったにちがいない。  50g
古代のタネ 古びて乾燥した古代の植物のタネ。一見、芽が出るようには思えないが…  5g
有史前のどうぐ 粗野なつくりの古い道具。土を掘るのにつかわれていたようだ。  50g
干からびたヒトデ 原始時代に生息してたヒトデの化石。こんなにきれいな状態で見つかるのは珍しい!  40g
いかり 大むかしの海賊たちがつかっていたものかもしれない。  100g
ガラスのかけら 何世紀も海の波にさらされ、なめらかになったガラスのかけらたち。元は大むかしのモザイク画や首かざりだったのかもしれない。  20g
ホネの笛 動物のホネをけずってつくられた、有史以前の管楽器。吹くと気味の悪い音色をひびかせる。  100g
有史前の手オノ 人類が使っていたどうぐのなかでも初期のもの。この「粗野な」どうぐは、石で石をくだき、鋭く加工することによってつくられていた。  50g
ドワーフのカブト ドワーフたちにひろく着用されているカブト。ぶあつい金属のプレートが、落ちてくるものやしょうにゅう石から彼らを守る。  100g
ドワーフの装置 かつてドワーフたちがつかっていた進んだ技術によってつくられた装置。画面はまだ点灯しつづけていて、起動しているような音も聞こえるが、つかい方はいぜんとして不明なまま。  200g
古代の太鼓 木に動物の皮を張ってつくられた打楽器。よくひびく低い音色が持ち味。  100g
黄金のマスク 気味の悪い黄金のマスク。魔術の儀式につかわれていたと見られている。目とひたいの位置には、おおきなむらさき色の宝石がはめこまれている。  500g
黄金のプレート 象形文字と絵が刻まれた、黄金のプレート。  250g
奇妙な人形 ???  1,000g
  • どこでも (砂漠を除く) (0.1%)
  • 鉱山/ドクロの洞窟(どの階でも)(0.03%)
  • 宝箱(釣り)
  • ひみつのメモ #17
奇妙な人形 ???  1,000g
  • どこでも(砂漠を除く) (0.1%)
  • 鉱山/ドクロの洞窟(どの階でも)(0.03%)
  • 宝箱(釣り)
  • ひみつのメモ #18
有史前の肩甲骨 「つばさのなごり」と呼ばれることもある肩につながるホネ…だが、どの動物のものなのかは不明。  100g
  • 町 (1%)
有史前のけい骨 太くてがんじょうな脚のホネ。  100g
有史前の頭がい骨 ほ乳類の頭がい骨。  100g
  • 山 (>1%)
手のホネ 小さなホネのひとかけらまでうしなわれず残っているすばらしい標本。  100g
  • ビーチ (1%)
  • 裏山
有史前のろっ骨 側面に小さなキズがついているところをみると、ホネの持ち主はだれかのディナーになったようだ。  100g
有史前の脊椎 有史前に生きていた動物の背骨の一部。  100g
しっぽのホネ しっぽのホネだが、かなり短い。  100g
アンモナイトの化石 古代のサンゴ礁に生息していたアンモナイトが、長い時をへて貝がらだけになったもの。  80g
両生類の化石 じゃっかん短い後ろ足から考えると、ヒキガエルの先祖だと思われる。  150g
ヤシの化石 ヤシの化石自体はよくみつかるが、ここまで保存状態がいい標本はなかなかない。  100g
  • 砂漠 (10%)
  • ビーチ (1%)
  • 森 (>1%)
三葉虫 大むかしに絶滅したカニの仲間。  50g
  • ビーチ (>3%)
  • 山 (3%)
  • 森 (3%)

アーティファクト・トロヴ

アーティファクト・トロヴは、砂漠の商人からオムニジオード5つと交換できる発掘品の入れ物です。おばけガイコツがドロップすることもあります。

内部の発掘品を取得するには鍛冶屋で開けてもらう必要があります。クリントはアーティファクト・トロヴを開けるために 25gを請求します。

ジオードと同様に、鍛冶屋はどうぐのアップグレード中にアーティファクト・トロヴを開けることができません。

画像 名前 説明 入手先
アーティファクト・トロヴ 鍛冶屋が開けられます。この墓は古代の遺物や珍品を含んでいることがよくあります。

コレクション

発掘品を見つけると追加されます。コレクションへの追加のために博物館に寄付したり、出荷箱で出荷する必要はありません。

釣りの宝箱鉱山の土壌から見つかった発掘品はコレクションに追加されないことがあります。発掘品を持ち物から出し入れすることで修正できるかもしれません。翌日まで持ち物に入れておくことでも修正できます。

発掘品が見つかると、持ち物の説明文は「博物館へ寄贈すれば、ギュンターが調べてくれるでしょう。」となっていますが、コレクションタブにはすぐ現れます。

ドワーフの巻物 I ドワーフの巻物 II ドワーフの巻物 III ドワーフの巻物 IV 割れたつぼ 矢じり 古代の人形 エルフのアクセサリー 歯みがき棒 かざり用の扇
恐竜のタマゴ 貴重な円盤 古代のつるぎ サビたスプーン サビた拍車 サビた歯車 ニワトリの像 古代のタネ 有史前のどうぐ 干からびたヒトデ
いかり ガラスのかけら ホネの笛 有史前の手オノ ドワーフのカブト ドワーフの装置 古代の太鼓 黄金のマスク 黄金のプレート 奇妙な人形
奇妙な人形 有史前の肩甲骨 有史前のけい骨 有史前の頭がい骨 手のホネ 有史前のろっ骨 有史前の脊椎 しっぽのホネ アンモナイトの化石 両生類の化石
ヤシの化石 三葉虫