ビーチ

提供: Stardew Valley Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビーチの全貌。
フェーン諸島にあるビーチについてはジンジャーアイランドを参照。

ビーチペリカンタウンの南に位置します。釣りにとって重要なエリアであり、すべての海水の唯一の供給源となっています。また、多くの貝殻や採取可能なアイテムがビーチに打ち上げられているのを見つけることができます(特に夏の12日~14日)。 のあいだはルアウパーティーゲッコウクラゲのダンスが催されます。の15日~17日には、桟橋で夜の市が開催されます。

特徴

エリオットの小屋

エリオットの小屋はメインビーチ、入り口のすぐ東に位置しています。エリオットはほとんどの時間を家の中で過ごし、残りの時間の多くは小屋の南側にあるキャンプファイヤーの前に立っています。

釣具店

釣具店は波止場の終端にありウィリーが経営しています。釣りに必要なものを売っています。

潮の水たまり

ビーチにワープした時の位置。

潮の水たまりはビーチの東端にあり、サンゴウニ主要な発見場所となっています。ゲーム開始時は、川を渡るための木製の橋が壊れています。橋が修理される(300個の木材が必要)までは、この場所には行くことができません。

天候がの日には、年老いた水夫が潮の水たまりの北端にいることでしょう。

ワープ

プレイヤーはワープトーテム:浜辺(使用時に消費)や水のオベリスク(繰り返し使用可能)を使ってビーチにワープすることができます。どちらの方法でも、プレイヤーは同じ場所にワープします。

採取

ビーチで採取できる全てのアイテムからは、7ポイントの採取経験値を得ることができます。[1]

おまつりの時は、カスタムバージョンのビーチマップを使用するため、すべての採取アイテムと発掘ポイントは効果的には非表示にされます。これは夜の市の間が特に顕著です。採取物と発掘ポイントは毎晩出現し続けますが、それらはすべて標準バージョン(非表示中)のビーチに表示されています。夜の市終了後(冬の18)に、3日間の全ての累計アイテムを収集することができます。

標準の採取物

採取アイテムがスポーンできるゾーン。

ビーチは、採取アイテムの豊富な供給源です。採取アイテムの追加のソースがいくつかあるだけでなく、比較的速い速度でアイテムがスポーンします。採取アイテムのほとんどは1年中入手可能です。レインボーシェルオウムガイの貝がらは、季節限定のアイテムです[2]

これらのアイテムがスポーンできる可能性のあるゾーンは、マップ上に赤で示されています。ゾーンには、壊れた橋の西にあるほぼすべての乾いた砂と、橋の東にあるほとんどの乾いた砂が含まれます。スポーン可能な場所の80%が橋の西にあるため、アイテムは橋の西にスポーンする可能性が4倍高くなります。ビーチにスポーン可能な場所が多数あるため、1日あたりの平均スポーン率は1.1になります。[3]ただし、一度に可能なアイテムは最大6つです。この制限には、両側のアイテムが含まれます。橋の、ただしこちらにリストされている標準の採取可能なアイテムのみが含まれます(サンゴウニ、または海草は含まれません)。

ほとんどのビーチアイテムは季節固有ではありませんが、季節の初日より前、および日曜日の朝より前に削除されます。 これには、潮の水たまりのアイテムと夏の大量採取期間アイテムが含まれます。[4]

潮の水たまりの採取物

いくつかの特別なアイテムは、(通常)橋の東の潮の水たまり地域にのみ現れます。これらのアイテムは、標準の採取アイテムとは別にスポーンするため、マップごとの6アイテム制限の一部にはカウントされません。

Coral.png サンゴSea Urchin.png ウニは、潮の水たまりエリア全体に出現する可能性があります(地図上に青色で表示)。どちらのアイテムの数にも厳しい制限はありません。全ての潮の水たまりアイテムの平均スポーン率は1日あたり1.2になります。[5] 標準の採取物とは異なり、この確率は日曜日の朝や季節の初日に増加しません。全ての潮の水たまりアイテムの20%はウニ、80%はサンゴになります。スポーンするサンゴとウニのいくつかは、潮の水たまりで見つかった茂みのようなイソギンチャクの後ろの半分隠されたマスに出る可能性が有るため、見落とされる可能性があります。

Seaweed.png 海草も潮の水たまりの近くでスポーンできますが、沿岸のすぐそばの狭い地帯でのみスポーンできます(地図上に緑色で表示されています)。海草がスポーンする確率は1日あたり3%です。

夏の大量採取期間

夏の12日~14日には、ビーチで追加のアイテムが見つかります。いくつかのボーナスアイテムは、スポーン率が通常よりわずかに高い(1.1/ 夜ではなく 1.4/夜)標準的な採取アイテムです[6]

さらに注目すべきことに、これらの3日間に、追加のサンゴウニが1日あたり平均4回の割合で出現します(ウニが20%、サンゴが80%)。[7]桟橋を除いて、ビーチのほぼどこにでも(地図上の白い領域)、橋の東西両方に現れる可能性があります。これは、サンゴとウニがビーチの西側に現れる時期のみです。

この3日間、海は通常よりも明確に緑がかっています。[8]ただし、マップの変更がされているわけではないため、以前にビーチに配置されていたオブジェクト(カニかご樹木など)は、ビーチでの他のイベントの時とは異なり、引き続き利用できます。

発掘ポイント

ビーチで発掘ポイントを掘り起こして見つかる発掘品は、次の通りです。

その他に発見可能なアイテム:

稲芽はビーチでは決して見つからないことに注意してください。(発掘ポイントまたは釣りの宝箱のいずれか)。

発掘ポイントは、1日あたり平均0.5に増加する冬を除いて、1日あたり平均0.4の確率でビーチに出現します。[10]

釣り

ビーチの釣りゾーン

ビーチの全ての水は、橋の上流の川のセクションでさえ、塩水であると見なされます(現実の世界では、淡水魚になるのがよりそれらしいでしょう)。したがって、ビーチのどこで釣りをしていても、同じ魚を利用できます(ただし、5匹の伝説の魚の1匹であるクリムゾンフィッシュは、ビーチの東端からしか入手できません)。

視覚的には、桟橋は深い(紺色の)水へのアクセスをより良くしているように見えます。ただし、釣りのメカニズムとしては、桟橋は陸地と見なされます。したがって、桟橋の端からのキャスティングは、海岸からのキャスティングに勝る固有の利点はありません。同様に、ビーチの東と西にある水色(明らかに浅い)の水には、実際のゲームプレイ上での意味はありません。

は、マップの大部分が水で覆われているため、他の場所よりも頻繁に出現する傾向があります[11]。 しかし、高い釣りスキルを持っていても到達できないほど遠くに現れることがよくあります。

時刻
  6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1
Sardine.png イワシ
Flounder.png 平らな魚
Anchovy.png カタクチイワシ
Herring.png ニシン
Seaweed.png 海草
Halibut.png オヒョウ
Eel.png ウナギ 雨の日のみ
  6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1
Octopus.png タコ
Tilapia.png ティラピア
Red Mullet.png ウミヒゴイ
Red Snapper.png フエダイ 雨の日のみ
Tuna.png マグロ
Flounder.png 平らな魚
Seaweed.png 海草
Halibut.png オヒョウ
Pufferfish.png ハリセンボン 晴れの日のみ
Super Cucumber.png スーパーナマコ
  6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1
Tilapia.png ティラピア
Red Snapper.png フエダイ 雨の日のみ
Sardine.png イワシ
Sea Cucumber.png ナマコ
Anchovy.png カタクチイワシ
Seaweed.png 海草
Albacore.png ビンナガ
Eel.png ウナギ 雨の日のみ
Super Cucumber.png スーパーナマコ
  6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1
Red Mullet.png ウミヒゴイ
Sardine.png イワシ
Sea Cucumber.png ナマコ
Tuna.png マグロ
Herring.png ニシン
Red Snapper.png フエダイ 雨の日のみ
Seaweed.png 海草
Albacore.png ビンナガ
Halibut.png オヒョウ
Squid.png イカ

メモ

トリビア

  • ビーチの北西には、2本の木の間に怪しげな穴が開いています。
    しかし、そこへの道はたくさんの木の板で塞がれています。
  • ここの水は論理的には塩水であり多くの植物には危険ですが、プレイヤーは普通の水としてジョウロに汲むことができ、あらゆる作物に使用できます。

秘密

参照

  1. 経験値は、アイテムがObject.isForageであるかどうかに一部基づいて、GameLocation::checkActionによって返されます。貝殻や魚は通常、採取アイテムではありませんが、Object.isForageは、ビーチで見つかったすべてのアイテムを採取アイテムとみなすことを明示的に許可しています。
  2. 各採取アイテムについて、提供されるパーセンテージは、その季節に指定されたアイテムとなるすべての標準の採取アイテムの平均パーセンテージです。入力データはLocations.xnbで、GameLocation::spawnObjectsのコードで処理されます。
  3. 海岸にあるすべてのマス5200枚のうち、647枚(12%)が、標準の採取物の有効な出現場所です。そのうち133か所は、壊れた橋の東側にあります。採取アイテムのスポーン場所についての詳細は採取を参照してください。
  4. Beach::DayUpdateのゲームコードを参照してください。全ての追加アイテムはGameLocation::dropObjectを使って作成され、GameLocation::dropObjectフラグが与えられ、週や季節の終わりに自動的に消滅することに注意してください。
  5. 潮の水たまりのアイテムを生成するゲームコードはBeach::DayUpdateにあります。サンゴとウニは、基本的に100%の確率で始まり、テストが失敗するまで、毎回0.5倍の確率をかけて無限に繰り返すループの中で生成されます。実際のスポーン率は、有効な場所によってわずかに減少します。コードは300個のタイルのいずれかをランダムに選択しますが、有効なスポーンマスは212個だけです。海草は2番目のループ内で作成されます。最初の海草の可能性は0.025(0.25 * 0.1)ですが、複数のループも可能です。 17の可能な海草マスはすべて有効なスポーンマスであるため、場所を選択してもスポーンの可能性は変わりません。
  6. 夏の12~14日の間、GameLocation::spawnObjectsは1回ではなく6回呼び出されます。Beach::DayUpdateは、GameLocation::DayUpdateの標準的な呼び出しに加えて5回呼び出します。しかし、spawnObjectsへの余分な呼び出しはほとんど効果がありません。なぜなら、毎回同じ場所がテストされるからです -- (ゲーム ID とプレイした日数に基づく) 乱数シードは常に同じです。
  7. 夏の12~14日の間に、追加のサンゴとウニは、ランダムに選択することができた2600枚のうち、1239枚の有効なスポーンマスを持っています。
  8. Beach::resetSharedState は、夏の12~14日のみ、緑色のオーバーレイを追加して水の色を変更します。
  9. 9.0 9.1 9.2 9.3 9.4 季節に応じて発掘ポイントで追加のアイテムを見つける可能性:冬の可能性は50%小さくなります。詳細については、発掘ポイントを参照してください。
  10. ビーチにある合計5200枚のマスのうち、777枚は一年中発掘ポイントの有効なスポーン場所です。詳細については、発掘ポイントを参照してください。
  11. ビーチで泡が形成される可能性は、他のすべてのマップと同じです。特にfishSplashPointについては、GameLocation::performTenMinuteUpdateを参照してください。ただし、コードはマップ上の任意のマスをランダムに選択し、そのマスがたまたま「釣り可能な」マスである場合にのみバブルを作成します。5200枚中2307枚(44%)の釣り可能なマスがあり、ビーチの割合は他のマップよりもはるかに高くなっています。
  12. orePanPointsを生成するGameLocation::performTenMinuteUpdateのコードはビーチでスキップされますが、テストはBeachNightMarketマップを認識しません。

履歴

  • 1.4: 採取可能な海草のスポーンを追加しました。夜の市中にアイテムを設置できなくなりました。