ジョウロ

提供: Stardew Valley Wiki
移動先: 案内検索

ジョウロは作物に水をやるどうぐです。種から成熟した植物まで、あらゆる作物は成長するために毎日水を必要とします。水を与えられなかった植物は枯れはしませんが、成長もしません。繰り返し収穫できる作物は成熟しても毎日の水やりを必要とし、水が与えられないと新しい実がなりません。一度成熟した花は、水やりや収穫をしなくても季節の終わりまで咲き続けます。なのでそれ以上手入れする必要なくハチの巣箱のそばで咲かせておくことができます。雨が降っている日は、雨そのものが水を与えるため作物に水やりをする必要はありません。

Tip: 保水土を使うと作物が翌日も水を保った状態になるのを助けてくれます。

プレイヤーはゲーム開始時、リュック(持ち物)の中に初期グレードのジョウロを持っています。初期グレードのジョウロは1回の操作で1マスにしか水やりができません。鍛冶屋で代金と必要な材料を支払えばジョウロをアップグレードすることができます。道具をアップグレードするたびにさらに高いレベルの操作ができるようになり、速度と効率が上昇します。高グレードのジョウロは、それまでの低いレベルの操作もでき、効果を選択できます。

ジョウロには水タンクがあり、その容量はチャージという単位で表します。容量はアップグレードで増加します。残量を使い切るまで水やりができます。使い切ったらどこかの水源もしくは井戸で補充しなければなりません。ジョウロはいつでも補充できます。完全に空になるまで待つ必要はありません。ゲーム内では残量を表示するゲージが表示されます。

Tip: ジョウロをアップグレードする際は、鍛冶屋に2度足を運ぶ間、1日完全に、さらに前後に数時間水やりができない期間が生じるため、計画を立てる必要があります。アップグレードする最適なタイミングはジョウロが必要ないときです。天気予報で翌日が雨の予報のとき、もしくは各季節の27日に持っていきましょう。28日に収穫できなくても、結局季節の終わりとともに枯れてしまうのですから。もちろん、2つの季節にわたって生え続ける作物(トウモロコシコムギなど)を植えている場合はいつもどおり水やりが必要なので、1日水やりを飛ばすか、雨が降るのを待たなければなりません。

ジョウロにはキッチンシンク(キッチンがある場合)を含む水源を補充することができます。

ジョウロのグレード

画像 名前 費用 材料 備考
Watering Can.png
ジョウロ 初期所持品 容量40チャージ
Copper Watering Can.png
銅 ジョウロ Coin Icon2,000g Copper Bar.png 銅ののべ棒(5) 容量55チャージ

前3マスに水を撒ける。

Steel Watering Can.png
鋼 ジョウロ Coin Icon5,000g Iron Bar.png 鉄ののべ棒(5) 容量70チャージ

前5マスに水を撒ける。

Gold Watering Can.png
金 ジョウロ Coin Icon10,000g Gold Bar.png 金ののべ棒(5) 容量85チャージ

横3x前3マスに水を撒ける。

Iridium Watering Can.png
イリジウム ジョウロ Coin Icon25,000g Iridium Bar.png イリジウムののべ棒(5) 容量100チャージ

横3x前6マスに水を撒ける。

アップグレードと水消費量

ジョウロのアップグレードは1回の使用でより広い範囲に水を撒くことを可能にします。アップグレードはより効果的に水を撒けるようにし、1マスあたりの水消費量を減らしますが、高いレベルの操作はどうしても多くの水を消費します。初期グレードの操作は1回で1チャージの水を消費します。銅グレードの操作は1回で2チャージ、鋼グレード操作は3チャージ、金グレード操作は4チャージ、そしてイリジウムグレード操作は5チャージの水を消費します。しかし、イリジウムグレード操作は18マスに水を撒くため、1マスあたりの水消費量はわずか5/18(25%強)になります。したがって、アップグレードしたジョウロは容量が増えるだけでなく、1杯でより広い領域に水を撒けるようになります。

初期のジョウロは40チャージしかないため、満杯の状態から40マスにしか水を撒けません。銅のジョウロは55チャージなので、初期グレード操作では55マスに撒けます。そして、銅グレード操作では84マスに撒けます。1回の使用で2チャージを消費するので、27回で54チャージ消費し、残り1チャージとなります。しかしながら、空ではないため、システムはもう一回使用できると認識し(28回目)、1回で3マスに撒かれるので28×3で84マスに水を撒けることになります。これは初期のジョウロの2倍以上の範囲になります。

全般的に、もしジョウロがほとんど空っぽで高度な操作の水消費量を下回っていても、システムは空とみなす前に最後の一回の使用を許可します。金のジョウロは、容量85チャージ、1回あたり4チャージの消費で、21回(84チャージ)に加えてもう1回(合わせて22回)使用でき、1回で9マスに撒けるので、22×9マス(198マス)に水を撒けます。鋼のジョウロは最大で120マスに撒けます。イリジウムのジョウロは最大360マスです。

エナジーコスト

ジョウロを使用するたびにプレイヤーのエナジーを消費します(ゲーム内のエナジーバー表示で確認できます)。水1チャージの消費にかかる基本コストは2ポイントです。これはつまり、クワとは異なり、1回の使用で消費するエナジー量は操作ごとに変わるということです。初期グレード操作をするのにかかる基本エナジーコストは2ポイント、銅グレード操作は4ポイント、鋼は6ポイント、金は8ポイント、イリジウムは10ポイントで、すべて各操作で消費する水の量によるものです。したがって、ジョウロでイリジウムグレード操作をするのに必要なエナジーはクワに比べて5倍になります。それでも、エナジー消費量より水が撒かれるマス数のほうが断然多く増えるので、1マスあたりのエナジー消費は高レベルの操作になるにつれて劇的に少なくなります。

もしジョウロがほとんど空で、残っている水量よりも多くの水を消費する高度な操作を行なった場合、エナジーはあたかも本来必要な水量を撒いたかのように消費されます。おまけの水量をタダで使用するための対価です。

農業スキルレベル

プレイヤーの農業スキルはジョウロ使用の熟練度を高め、使用ごとのエナジー消費を減少させます。クワと同様、スキルレベルごとに5%(1/20)減少します。クワと異なるのは、総エナジー消費はジョウロの操作のレベル、すなわち水の消費チャージ量に依存する点です。例えば、スキルレベル5では25%(1/4)減少し、一回の使用でのエナジー消費はクワと同じく当初の75%(3/4)になります。初期グレード操作では、1回の使用コストは2ポイントの75%、1.5ポイントです。イリジウムグレード操作では、1回の使用コストは10ポイントの75%、つまり7.5ポイントになります。

ゲーム内では小数点以下は表示されず、整数に丸められていますが、内部では保持されているため、水2チャージを撒くのに消費するエナジーは4ポイントではなく3ポイントです(たとえ正確に表示されていないように見えても)。農業スキルレベル10では減少量は50%(半分)になり、残りの50%しか消費しないので、水1チャージを撒くエナジーは1ポイントになります。これは実現可能な最小のエナジーコストです。例えばイリジウムグレード操作1回のエナジー消費は基本コストである10ポイントの半分、5ポイントになります。鋼グレード操作では6ポイントの半分、3ポイントです。