1日の流れ

提供: Stardew Valley Wiki
移動先: 案内検索
スタートガイド キャラクター作成 操作方法 体力 エナジー スキル 1日の流れ


Clock JA.png

1日はゲーム内時間で朝6:00から夜中の12:00までの18時間 (1日は現実の時間の13.5分;ゲーム内時間1時間は現実時間の45秒)となります。夜中の12時を過ぎると、キャラクターは疲れてしまい睡眠が必要となります。ただし、プレイキャラクターは夜中の2:00までは起きれます。が、夜中の2時越えると気を失ってしまいます。

気を失ったキャラクターは翌朝ベッドの中で目覚めます。 気を失ったキャラクターは、町の医者ハーヴィーライナスJojaマートのメンバーかJojaマートの医者によって看護・搬送されます。 どの場合であってもいくらかお金を払わせられます。プレイキャラクターが家の中で気を失った時は、例外となります。

ゲームがセーブされるのは、プレイキャラクターがベッドで寝て、一日を終わりにして収益の報告を受け取った後だけです。

寝るとプレイキャラクターのエナジー体力を回復できます。疲労状態でないのと、夜中の12:00前に寝ると完全回復ができで、疲労状態や気絶してしまうと半分しか回復できません。 プレイキャラクターを真夜中を越えて、長く起きるほど、翌日の起きたときのエナジーの回復量が減ります。(午前2:00ちょうどに寝た場合で約50%に。)

日常の仕事

午後8:00までは暗くなりませんが、午後6:00以降は夜中の時間となり、夜中にしか取れないを取ることができます。 ウシヒツジヤギブタニワトリアヒルウサギは午後6:00になると自動的に自分の割り当てられているニワトリ小屋あるいは動物小屋に帰り、午後7:00には眠り始めます。午後8:00には動かなくなります。午後8:00以降は動物の方に長押しで移動しても動くことはできません。 ウシとヤギの友好度は乳絞りをすることによって増加し、睡眠中を含めいつでも行うことが可能です。

一方、動物が眠っている間は話すことができないので、ブタ、ヒツジ、ウサギ、ニワトリ、アヒルは睡眠中は友好度・機嫌を上げることはできません。しかし、眠っている動物に向かってプレイヤーが歩き続けているときは話しかけることができます。これはおそらく不具合です。

  • Tip: 乳絞りや毛刈りのアクション中に動物が移動することが原因で乳絞りや毛刈りが失敗となることがしばしばあります。午後8:00以降にこれらを行うと動物が逃げていかないというメリットがあります。

午後8:00以降に動物が動かないということは位置によっては厄介なことになります。たとえば、2匹のウシが隣り合わせな場合、同じウシからの乳絞りをし続けることがあり、午後8:00以降では押したとしても離れさせることはできません。

  • Tip: これらに対処するには片方の動物を前か後ろに押し、プレイヤーと動物の間に十分な隙間を作るといいです。

また、小屋に入りなおすことで動物の位置はランダムに変わります。しかし、これによってどの動物を乳絞りしたかはわかりにくくなります。

気絶しなくなるグリッチ

ときどき午前2:00にプレイヤーが馬に乗っていると、気絶しなくなるというグリッチです。代わりに、操作に戻る前に一時的にゲームがフリーズします。プレイヤーは再び馬に乗り降りでき、午前2:00を過ぎて続行できるようになります。ゲーム内の10分毎に同じことが起きます。

また、バージョン1.1にも同じようなグリッチがあり、気絶し始めたときに日記のクエストを選択すると、ペナルティを避けて午前2:00を過ぎて続行することができます。このグリッチを利用するには、プレイヤーは日記を手動で選択、すなわち、Fを押すのではなくクリックで選択する必要があります。 プレイヤーは10分毎に再び気絶しようとします。

通常、夜遅くに寝ると、翌朝のプレイヤーのエネルギーが減少します。しかし、プレイヤーが午前2:00以降にこれらのグリッチを使用して眠ると、エネルギー削減率が変化します。

Mods

modsによって時間の速さをかえることができます。ゲーム内10分間を例えば10秒毎や14秒毎にするなどして速くしたり遅くしたり、また時間を止めたりできます。

時間を止めている場合は鉱山では怪物の群れが発生しなくなり、泡のかたまりは消えなくなります。